人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

因果応報は穢れを祓う。

いま、生きて来た中でいちばん辛い時期だ。

正直な話、死にたいと思う毎日。

死んだ方が楽だとまで思っている。

バカだよね、綺麗事を書いていても死にたくなるなんてさ。

でも、誰でも限界があってさ、それを迎えると死にたくなるんだよね。

だから、生きる術を探したんだ。



そうしたらね、今のこの状況は、因果応報だって心の底から理解出来たんだ。

だから死ぬのを諦めた(笑)

けれども、また「死にたい。」と考えてしまう…、まさに負の連鎖だ。

だから、また考えた。

するとね、神様が教えてくれたんだ。

『因果応報の意味は、穢れを祓うことだ。』

ってね。

人はね、死ぬまでに生きて来た全ての穢れを祓わないといけないんだって。

それが生きているうちに、因果応報となって降り注ぐのだって…。

因果応報に迎い入れられたら、それはチャンスなんだ。

この世で起こした穢れを祓うチャンス。

確かに生きてゆくには辛いだろうけれど、高い所に還るには必要なんだ。



因果応報、とてもキツいけれど、意味を考えて登ればいい。

心も身体も重くて仕方がないよ。

でも、それが無くなれば、きっと高い所に上がることが出来るはずだ。

自分を信じて、重い身体も心も包み込んで前へ進もう。

脚があるじゃないか、『行』という毎日を歩いた日々が、生活が…。

因果応報に感謝して歩こう。

結局は、そういうことだ(笑)



綺麗事なんて言われるかも知れないけれど、汚い言葉よりいいじゃない?(笑)

せめて水面の上は綺麗でいいじゃない。

私は醜いアヒルの子。

水面の下では藻掻き苦しんでる(笑)

神様は、それを見てくださっている。

私は、それだけで幸せだ。



因果応報は自分が歩いて来た道。

どんな道であっても、自分が歩いた道だ。

受け入れて、次の設計図に生かそう。

まぁ、その時には全てを忘れているのだけれどね(笑)


いま、鳶色の瞳をした神様が横で笑っている。

私を精一杯励ましてくれている、ありがとうございます。

私の神様になっていただいてありがとうございます。

『いつまでもそばにいて 微笑みをもう一度…』

と、神様のコメントのBGMが流れてる(笑)

ナイスタイミング!私の神様(笑)

因果応報楽しみます!(笑)



さぁ、負の鎖を壊して頑張ろう!


では。







by fujipapa-sas | 2019-11-14 15:17 | 悟り | Comments(0)

神様の波長

信じられない話なので、私の話を信じられない方は読まないでください(笑)



いままで黙っていましたが、小さい頃から不思議な話の答えを探していました。
それは小学校の時だったと思います。
毎月、行者の先生の守本尊様の大祭がありました。
母が毎月欠かさず御参りに行っていた時期がありました。
たまたま母は、その大祭をしている先生の後ろに座る事が出来ました。

1時間程、お経をあげていると不思議な事が目の前で起こりました。

目の前に座っている先生の身体が5センチぐらい浮いたと思ったので、
「あれ?」と見ていると、すぅーと左の座布団の横に動いて落ちたのだそうです。
信じられなくて、何度も首を左右に動かしながら首を傾げていた母(笑)
終わった後に、どうしても信じられなくて先生に質問したそうです。

『私の意思ではなく、守本尊と同化した時に浮き上がるのだ。』と、
先生も上手に説明出来なくて困っていたそうですが、母の方が困っていました(笑)
だって、誰かに話したいけれど絶対に信じてもらえないからです(笑)

どうすれば、そんなことが出来るのだろうと子供の私は今まで考えていました(笑)
でも、今日の透析中に解明出来ました。

今は、普通は4時間の透析時間なのですが、容態の悪い私は6時間なのです。
13時半頃になり太陽が傾きかけた時、頭の後ろの窓から陽の光りが差し込み始めました。
その光りを手で受け止めたくなり右手を光りにあてました。
掌(てのひら)の真ん中を照らす太陽を思い浮かべて…
「天照大神様、ありがとうございます。」と先週行った伊勢神宮様を思い出していたところ、

『波長を合わせるのだ。』

という言葉が浮かびました。
そう、その前に病院内の会話や作業の仕方で、私がイライラしていたのですが、
そういうイライラでは、波長が合わないから気をつけろという意味でした。

行者の先生は、とても厳しい先生ではありましたが、普段は大らかな先生でしたから、
イライラすることもなくて、今思えば神様のようでした。

生きていれば、すぐそこにイライラはあります。
でも、そういうことだと神様と同じ波長にはなれないのです。
こんなことを書けば宗教みたいで嫌がられると思い、今日まで書きませんでした。
が、この考え方を理解していただけたらと思い、書いてしまいました(えへっ)
先生、ごめんなさい(汗)

瞑想や座禅では「無」になれません。
自分の周りに起きる出来事、「事(こと)」を消して、イライラしないこと。
余計な事、余計な言葉を無くして、相手からの恨みもかわずに静に暮らす事です。
そう、「仙人」になることなのです。

相手に嫌みを言う事はストレス発散になるけれど、
いい事を伝える事も、ある意味、自分の感じた事を伝えたいというストレス。
解りますか?
感じた事を言わないという中間、それが「無」の世界。

だもの、そういうことをしても悟れないはずだ。
もし、そういうことをして悟れるのなら、今ごろ全世界は平和になっている(笑)

神様の背中が見えて、伊勢神宮様という、凄い神様に悟らせていただけた。
あの時の無人という奇跡は、こういうことだった。

空中に浮かばなくていい。
心が天空に向かい出した(笑)
あれから40年、やっと答えを手に掴んだ。
笑う人は笑ってください、それが普通(笑)

霊能やスピリチュアルは、こういう答えにさせない為にある。
遠回りをさせる為に、見えたり聞こえたりするんだ。
神様の試験は厳しい(笑)

小さい頃から、霊能力やスピリチュアルには詳しかった私。
気功をやっていたこともあり、奇跡も見ている私が言います(笑)
そういう能力は、全て、神様の背中に眼を向かせない為だと思います。
誰もが悟りを感じられないとおかしい。
そういう能力の無い人でも、イライラしたりしなければ道が開く。

神様の波長に周波数を合わせよう♪
時間はかかるけれど、きっと合わせられるよ♡

さぁ、頑張ろう!(笑)

あぁ、またバカ扱いでかまいません(笑)
ちなみに先生は25年前ぐらいに亡くなっておられます。
テレビに出て欲しいと再三言われたそうですが、見せ物じゃ無いと首を立てに振る事はありませんでした。
さすが!先生♡


では。


BGM サザンオールスターズ『愛はスローにちょっとずつ』










by fujipapa-sas | 2019-11-09 02:22 | 悟り | Comments(1)

化けの皮

とても綺麗なオーラなんだ。

いつも笑顔で、誰にでも気遣いが出来て他人様の悪口も言わない。

でも、そこが腑に落ちなかった。

解らないように警戒しながら様子を見た。

案の定、裏切った(笑)

化けの皮を持つ者は、必ず、金か名誉などで本音が出る。

いい事ばかり言って近づいて、いい思いが出来たらポイだ。

化けの皮を纏う人は我慢無し。

根気よく様子を見て、皮が剥がれるのを静かに見よう。

そうしないと、周りに悪口を蒔かれる。

意外と、そういう人の本性を知らないから、みんなそっちを信じてしまう。

こっちは損な役回りだけれど、そのままでいいんだ。

神様は見ておられる。

そのことに気づいてくれた人は神様だよ。



人は怖いね。

生きてゆくためならば、何枚もの化けの皮を被る(笑)

損をしたり遠回りになっても素顔で勝負しよう!

きっと神様が笑顔で迎えてくれるからね♪



では。

BGM 岡村靖幸w小出祐介「愛はおしゃれじゃない」





by fujipapa-sas | 2019-11-06 21:30 | 感覚 | Comments(0)

這い上がれ!

いろいろなことを言われても、孤立しようが無視されようが重い脚を止めるな。

前へ進め、少しずつでもいいから先を目指して道の先に向かって進め!

アリ地獄の底に落ちそうだけれど、なんとか頑張って這い上がれ!

目の前の砂に唾を吐いて砂を固めるんだ。

一歩だけでも進めばいい。

周りの声なんて聞かなくていい。

自分の人生だ、自分の信じるままに進めばいい。

助けの手なんて信じるな、己の信念と行動で人生を開け!

這い上がるんだ!なにがなんでも這い上がるんだ!

千日行、冷静に見なくても、もう出来ないことぐらい解る。

悔しいけれど、もう無理だ。

けれど、もう一度出来るように自分を信じて這い上がる!

この思いは、棺桶から起き出すぐらいの勢いだ(笑)

でも、もう出来ない…。

それは自分が一番知っている。

けれど、這い上がる!

誰に何を言われようとも…。



では。


BGM 藤圭子「京都から博多まで」











by fujipapa-sas | 2019-11-06 17:51 | 千日行 | Comments(0)
最近の御参りは、スタンプラリーがブームのようだ。

いろいろな神社やお寺のスタンプを集めるために、宗派に関係なく何処までも…。



おいおい気をつけな。

その神社に祀られているのは誰だい?

きちんと確かめて行ったのかい?

御参りしに行って、頭痛がしたり嫌なことが無かったかい?

なにか感じなかったかい?



私は東照宮には御参りには行かない。

なぜか?

家康さんは誰も殺さずに天下を取ったのか?

たくさんの人を殺した者が神様だと?

ふざけるな!

いくらその建物が立派でも、殺さずに天下を取ったわけじゃない。

解りますか?



昔は、いろいろな戦がありました。

滅ぼされた家系もあります。

それを知らずに、そういう神社に行けばどうなると思います?

あなたの先祖が滅ぼした神社に御参りに行けば?

逆に滅ぼされた神社に行けば…。



現代人は安易過ぎる。

先祖を大切にしないから、神社に失礼なことを平気でする。

自分のルーツを知ろうともしないし、感謝もしないのだから仕方が無い。

せめて神社には感謝をして御参りしてください。

きちんとマナーを守ってください。

特に、本物の神様の神社ではマナー厳守です。

本物の神様を守る眷属は魔物より怖い…。



先週の御参りのとき、川縁(かわべり)で「落とすなよ!(爆笑)」とふざけていた若者たちがいた。

一瞬で周りの空気が張りつめた。

横を通った時に「あんまり騒がない方がいいよ。」とドスをきかせて注意したのはいうまでもない(笑)

だって、伊勢神宮の眷属はしゃれにならないんだもん(笑)



神社はいろいろと大変なんです。



では。






by fujipapa-sas | 2019-11-05 19:39 | 神霊(しんれい) | Comments(1)

伊勢うどんは、美味い!

先週の伊勢参りの時に、はじめて伊勢うどんを食べました。

いままでは、元職場の上司が「美味くないから、食べない方がいいよ。」と、以前から言っていたので、
御参りに行ったときにも、決して食べていませんでしたが、今回は朝早く到着したので、
おかげ横丁も開店準備中ばかりで食事が出来るところがなく、寒くて空腹でした。

周りを探していると、お土産屋に併設された伊勢うどんを食べさせてくれるお店が!

せっかくなので伊勢うどんを注文して食べてみました。

「美味い!」

伊勢うどんは美味しかった!(笑)

麺は、たっぷりとお湯を吸い込み、杵でついた餅のような柔らかさで、
濃い醤油のようなタレは、甘辛で塩辛くなく甘みが深い。

麺の上にある鰹節の香が食欲をそそるし、いいアクセントになっている。

正直、コシのある最近のうどんよりも、私はコッチをおすすめする!

本当に美味しい!

死ぬ前に食べることが出来て幸せだ!(笑)

今夜、マツコの知らない世界で伊勢うどんが紹介されるとのこと。

是非とも見ていただいて、是非とも、伊勢に行かれた時には食べてみてください♪



うーん、元上司の言葉を鵜呑みにして損した!(笑)

もの凄く後悔するぐらい美味しかったよ(笑)

また食べられるように頑張ろう!

つか、病院には内緒だ(笑)

「またしょっぱいのを食べて!」と怒られる(笑)



では。




by fujipapa-sas | 2019-11-05 17:19 | 感謝 | Comments(0)

ジョーカー

私の心の中のジョーカーは、小学生の時に現れた。

厄介なヤツでね、自分を正当化してくる。

だから、小学校の卒業式の時、一緒に卒業させてあげた(笑)

ニヤリと笑い返してあげたよ(笑)



ジョーカーに取り憑かれてはいけないよ。

あれは、小手先の神様と同じだ。

本物ではないよ、裏の顔だよ。

あなたの裏の仮面だ。

仮面を脱ぎ捨てて、素顔で勝負しなきゃ人生はつまらない(笑)

もう、作り笑顔のジョーカーはやめよう。




では。





by fujipapa-sas | 2019-11-03 08:51 | こころ | Comments(0)

未来のためなら…。

私に騙(だま)されないでね(笑)


私には、少しだけ未来が視える能力がある。

だから、悪者になれるんだ…。

未来は自分で作るキットだ。

私は要らないのだ…。


そうなることを知っているから、私は悪者になる。

離れないと、あなたが自分で要られなくなる。

自分を大切にしないといけないのだ、未来は自分で開拓しないと意味が無い。

答えばかり求めていたら心が薄まる。

薄いカルピスは美味しくないでしょ?(笑)

未来は大切な宝物。

いろいろな経験をして、濃い人生にしなきゃね。


そんな大切な宝物。

私のようなくだらない者は要らない。

だから、今日から修行をすることにしました。

そう、仙人になります(笑)


やっと、ここまで来た…。

未来のために…。



では。


BGM The 1975 『A Change of Heart』












by fujipapa-sas | 2019-11-03 08:39 | 感覚 | Comments(0)

幸せになってね…。

あの人が言う。

『幸せになってね。』

茅ヶ崎の焼肉屋の気の優しいおじさんだ。


どうやら、私の側にいつもいてくれているらしい。

私の神様のお一人だ。


先日の花火大会のとき、奥様と少しだけ話をした。

『あの歌、主人の歌だそうです。』

奥様の隣で、私の神様が満面の笑みで微笑んでいるのが浮かんで見えた。


初日の時もそうだった。

歌う従兄弟の横で、その肩に手をかけて私にこう言っていた…。

『俺の従兄弟なんだよ。』

優しい笑顔で自慢していた(笑)



私はいまでも、その曲が、まともに聴けない(笑)

涙が止まらないからだ(笑)

私は知っている。

その曲の意味を…。

だってね、初日の時に、その神様が伝えて来たんだ…。

『私の曲なんだって…。』って…満面の笑みでね(笑)



私も、さよならが言えないままだったから、

あなた様と同じように、いつも隣で見守ってくださっていますよ…。

そういう優しい神様です(笑)

いまも訪ねて来るお客様に話かけてますよ。

『幸せになってね。』

そう、いつも我々の側で見守ってくれています。



ありがとうございます、あっ◯ちゃん♡





by fujipapa-sas | 2019-11-03 08:11 | My DNA | Comments(0)

僕の神様…。

僕の神様は優しい…。

普段は、もの凄く厳しいけれど、それには大きな意味があって…。

肝心な時には無言で助けてくださっている。

大きな愛で包み込む…。


昨日、お伊勢様に呼ばれたので、突然だったけれど寝ないで御参りに…。

1日の夜、なぜか呼ばれた気がして車で向かいました。

朝の4時に外宮に到着して車内で休憩し、6時に御参り。

外宮様から猿田彦様へ御参りした後に、いよいよ内宮様へ。


確実に呼ばれたという出来事がありました。

御参りした後、横で眼を閉じるように浮かんでいたので、手を合わせていると…。

あれほど居た参拝客の気配が消えた。

眼を開き、横を見ると誰もいなくなっていた…。

すぐに、もう一度御参り…。

ゆっくりと御参りした直後、参拝者が来ました。


私の神様は、私には優しい。

『頑張っているからだ。』

いつも見てくださっている。


そう、あなたの神様も優しい。

なぜならば、あなたの神様も見守っていてくださっているからだ。

神様は優しい。

普段は厳しいけれど、肝心な時は優しいのだ。

たくさんの幸せを感じ取れ!


にしても、疲れた(笑)



では。




by fujipapa-sas | 2019-11-03 07:44 | 千日行 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心