<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

褒める霊能者は…。

人は、誰もが褒められると喜ぶ(笑)

私も、褒められるともの凄く嬉しいし、気持ちも舞い上がる(笑)

でも、霊能的なことで褒められるときは、表面上は喜んで見せるけれど心の中は違います。

そういう風に、簡単に褒める人を私は疑います。

「あっ!裏を見ていないのだな。」ってね(笑)



褒めて伸びる、伸ばすということが多い、いまの時代。

私には合わない(笑)

褒められると、自分の悪い部分に気づかないまま時間が流れてしまい、自分を見つめなくなる。

霊能者や占い師、ヒーラーが、あなたを褒めるのには意味がある。

あなたがお客様だからだ(笑)

厳しいことを指摘していては、お客として次は来ない。

少しでも褒めるか、あなたは他の人と違い…などと、厳しさのあとに飴をあげないと逃げられる(笑)

私は、相談者さんには厳しいことも感じたこともそのまま伝える。

もしくは、あえて肝心なことを言わなかったり、余計なことを言って考えさせます(笑)

御礼もいただかないし、会う前に嫌だと感じたら会わない(笑)

霊能者の言葉や占いの言葉を信じて、自分の人生を自分で決められない人に、私の意見は厳し過ぎる(笑)

写真なんて見なくても、その人の性格なんてだいたい解るでしょ?(笑)



人様は、見えない未来や過去が見える霊能者や占い師に依存する。

その気持ちは重々理解出来ますが、自分の人生を決めるのは自分自身なのだから、

営業のためにいいことを言う、そういう方々には気をつけて。

小手先の神様が、その人に幻覚や幻聴を魅せている。

本物の神仏は、何も言わない。

だって、その人間の人生だと知っているからだ。

苦労の先に、本当の人生と悟りがある。

心霊の営業マンには気をつけましょう!



ちなみに、私の厳しい言葉に憤慨して、営業占い師に相談に行った方がいます。

その方、ある時に見かけたのですが、白い変なオバケが憑いていました(笑)

楽をして人生が開けるならば、この世界も輪廻もいらない。



では。




by fujipapa-sas | 2018-10-30 16:41 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

金剛杖はいらない?

お遍路や御参りの時に使われる杖。
所謂(いわゆる)金剛杖だが、私は、あれが嫌いです(笑)

私はどんなに歳を取ったとしても、小高い山に杖をついて御参りするようになったら御参りを止めます。
人様の手を借りて山を登ることもしません。
御参りは自力でするもので、他人様の力を借りてまでするものでもないと考えるからです。

高野山の奥の院を訪ねた時に、空海様の凄さは体感しています。
いまだに生きていらっしゃると感じていますが、私の御参りに空海様の力はいりません。
御参りは、自力でなくてはならないと考えているからです。
でも、その他にも理由があります。

金剛杖を持って歩くことで、お山を傷つけてしまうからです。

先日の御岩神社様に御参りした後に感じたことです。

社務所の横で貸し出ししている杖が、お山の道を痛めていると思い浮かびました。
長い参道にある木々の根っこが杖をつく人の手により剥がされ、痛々しく可哀想でした。

御参りの時、同じ年齢ぐらいのご夫婦と娘さんが私の横を通り過ぎて登って行かれました。
ご夫婦の両手には杖。
ガンガン地面を刺すかのような勢いで登って行かれましたが、夫婦揃って足はサンダル履き(笑)
それを見た時、あぁ、また帰るな…と、前回の派手なスパッツおばさんを思い出していました(笑)
案の定、途中の神社様で娘さんが先の道の下見に行き、足下が悪いと聞くと諦めて帰りました(笑)
ただ、帰る時も足下の地面を気にせずにザクザクと杖を刺しながら帰った。
木々が可哀想でした…。


金剛杖って、なんのために持って歩いているの?
自分が楽をするため?
両脚だけで苦しみながら御参りしてはダメなの?
私は凄いでしょ!空海様と同じような修行をしているのだと周りに知らせるため?
自然には関係なく、なにがなんでも目的地に着くため?

杖の先が地面を、木々の根っこを痛めているのに、修行?
地面を守っている落ち葉を粉々にして、地面を硬くするため?
森を山を破壊するため?
それで、空海様は喜ぶのかな?

修行をする者よ、まずは足下から見よ。
その地面がなければ、御参りさえも出来ないのだよ。
足を置く場所に感謝なくして願いは叶わぬ。

その道は、神仏に続く道なり。



では。




by fujipapa-sas | 2018-10-25 22:45 | 考え | Comments(0)
左眼の視力が落ちて、まともにまっすぐ歩くことも難しくなり、
食事も腎不全を起こしているから、普通に食べることが出来なくなった(笑)

普通に出来たことが出来なくなって、歩くことや食事をすることが大変だと知った。

でも、私の見た目は普通だから、他人様から見たら普通のオッサンだ(笑)

足下の凸凹も見ずらくて足がもつれても、なに?という感じだろうし、
外食をして塩分の強い味噌汁や、お新香を全部残したりしても、きっともったいないと思われるだろう。

他人様は外見で人様を判断する。
私が20代の時、6年間、むち打ち症で地獄を見たことがあります。
耳鳴りに目眩、吐気に頭痛に首の痛み、身体に起こる症状もキツかったけれど、
一番ツラかったのは、他人様の言葉でした。

「どうせ、仕事を休みたい言い訳だろう。」
「気の持ちようだよ。」
「根性が足りない。」
「嘘だろ?(笑)」
「検査しても異常はないですよ。気のせいじゃないですか?」などなど(笑)

その時、私の父親が珍しく、いい言葉を伝えてくれました(笑)

『ケガは包帯をしたりしていて見えるけれど、病気は見えないんだ。』
『他人は、所詮、見た目で判断しているのだから、あんまり気にするな(笑)』
父親も、小さい頃から病弱だったので、気持ちが理解出来ると励まされました。

世の中は見た目で人様を判断します。
あなたが病気でなく、仕事や家庭や恋愛で苦悩していても、無理して笑顔を作っていても、他人事。
腕や足にギブスをしていれば労(いたわ)ってくれる人もいることでしょう。
でも、事情が見えない部分は知らぬ存ぜぬです。

今回、大病を患ってよかったと思っています(笑)
私から見て、普通だと思っていた人の苦悩が理解出来るようになったからです。
そして、自分が他人様の心を作っていたことも反省することが出来ました。
私も見た目で他人様を判断していた。
私の基準で相手様を、自分の常識で比較していた。


自分がなってみて、やっと解った(笑)
他人様も同じだ。
自分が同じ状況にならない限り、どんなに病人や相談者の言葉を聞いても理解出来ないと思う。
それさえ理解していれば、もう寂しくはないよ(笑)
だって、他人様は外見だけで判断しているのだからね♪



あなたは、しっかりと他人様の内面を見ることが出来ますか?

もしも出来ないとしたら、まずは自分の行動を見直して内面を磨こう!



では。




by fujipapa-sas | 2018-10-25 18:48 | 考え | Comments(0)

絶望と希望

私の身体は絶望的だ(笑)

左眼は、これ以上は回復しないと昨日の診察で宣言されてしまいました(笑)

おまけに、腎臓が進行性の腎不全だそうで、ヤバイそうです(笑)

まぁ、予想はしていましたが、少し凹みながら散歩をしていると…

線路の横の道を歩いていると、落ち込んで電車に飛び込む人の気持ちが解るなと、

そんなことを考えていたら、頭に浮かんで来た言葉が…

『絶望でなく、希望を持ちなさい。希望の希は、まれと読む。』

そう、私の人生は、希に見るような奇跡の数々だ(笑)

その証拠を表すように、散歩をするまえに、久しぶりに考えた同級生の家の方に歩いて行こうと考えていました。

私の家の西の方にあり、夕陽に向かって散歩出来るので、最初はそうするつもりでしたが、足は逆へ(笑)

線路の上にかかる陸橋から、綺麗な夕陽が見たかったから、そっちに向かってあるいていた。

でも、線路に飛び込む人の気持ちなんてって考えていたら先から電車のライトが見えた(笑)

そのまま陸橋を過ぎて歩いていると、横を通過した車が後ろでブレーキを踏む音がした。

見ると、飛び出した車を避けていたので、危ない車が飛び出したんだなと気にせず歩く。

すると、後ろから「おう!何やってるんだよ(笑)」と呼び止められた。

暗くて顔が見えないから、誰だろうとキョトンとしてると「おう、おう」言ってくる(笑)

ケンカを売られてるのかなと、ちょっと睨んでみると、「おまえんち、逆だろ?散歩か?」

「このまえは、うちのお袋が、おまえんちのお袋に世話になったな」っと言われて気づいた。

夕陽に向かって歩いて行こうとしていたヤツだった(笑)

車の後ろに乗ってると言われたので、会釈をすると「またな!」言われたので、

「ありがとうね」と言ってバイバイ(笑)

ヤツとは2年前の同窓会以来だし、連絡先も知らないから、凄くビックリしました(笑)

これは、希ですよね?(笑)

線路を渡る時、夕陽が綺麗でした。



では。
e0142809_01371835.jpeg

by fujipapa-sas | 2018-10-14 01:07 | 神霊(しんれい) | Comments(2)
あえて、詳しいことは書きません(笑)

というか、書けません(笑)

昨日、御岩神社様へ2回目の御参りに行かせていただきました。

普段は厳しい神社様ですが、お迎えモードは優しさ満載で凄かった(笑)

なので、出逢った方々も、アベンジャーズのような魂の持ち主ばかり(笑)

いやぁ〜、やっぱり御岩神社様は凄い!

歓迎がこれほど凄いのだから、失礼なことをして祟られたら、そりゃ死ぬわ(笑)



たぶんね、あの夕方の闇の中には、祟られて亡くなった亡霊が魔となっていましたよ。

自分の欲だけで御参りに行く者や、ハイキング気分で大声を出して歩く人は気を付けて。

社務所の鳥居を潜ったときから、区別されていますよ。

ふさわしい者には歓迎を、そうでない者にはそれなりの対応しかしてくれません。

ちなみに、魔が神様の歓迎のように魅せることがありますから注意してくださいね(笑)

これほどまでに、ハッキリと区別される神様も珍しいです。

だからこそ怖いし、もの凄い神様や仏様が集っている。



ここで業務連絡(笑)

昨日のメンバーの名前を『チーム大吉』にしましょう(笑)

素敵な出逢いに感謝です。

本当にありがとうございました。

御岩神社様に、感謝!

メンバーさんに感謝!



では、詳しく書けないのでここまで(笑)





by fujipapa-sas | 2018-10-09 23:08 | 神霊(しんれい) | Comments(10)
ネガティブなことが起きた時、最近の人はポジティブに考え直すように勧めることが多くなった。

まぁ私も、すぐにそのようなことを言うが、実は何も考えずにポジティブに変換しているわけではない。

自分に起きたネガティブなことや思考を、

分析・反省・教訓として考えてから心の肥やしにして魂の倉庫に保管してある(笑)

ただバカみたいに、なんでもかんでもポジティブに考えているわけではありません(笑)

誰にも言わないだけで、自分の心の中で何回も考えてから、その意味を見い出します。

そういう心の作業をしてゆくと、時間が経つにつれ、ネガティブな出来事も必ずポジティブに変化してゆきます。

自分に起こるネガティブなことには原因がありますから、

しっかりと自分を見つめながら上手に心を昇華させましょうね。



なんでもポジティブに考えるようになったら、ある意味、危険です(笑)

意味を考え、それを感謝に変換して前向きに考えましょう!

感謝に導けないポジティブなんて、ただの逃げなだけだ。

永遠に答えを導くことなく終わるだけ…。

冷静に素早く変換しましょうね。



では。






by fujipapa-sas | 2018-10-08 00:39 | 悟り | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心