<   2018年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

自らの脚で

『自らの脚で辿り着け。』


カチッ!となってから1週間、小高い山の神様との一体感が凄くなりました。

ここまで来るまでに10年以上はかかっています(笑)

自分の脚で御参りを続けて来た結果が、今日に繋がったのです。


千日行をして、他人様に必ず言われる言葉「大変だったでしょう?」

まぁ、そういういい方しか出来ないことも理解していますが、私は楽しかった(笑)

確かに、歯を食いしばったり泣き言を言ったりした時もありました(笑)

だけど、今になって思えば、それも楽しいことのひとつ。

だって、好きで御参りしていたし今があるのだから…。

今を生きていられるという幸せ(笑)

誰かの手を借りて御参りしたことはない。

身体がキツくて借りたいと思うことは多々あったけれど(笑)

自分の脚で歩いて御参りしていた。



神様は視ている。

御参りする者の全てを…。

私は、それを小さい頃から知っていたから、神様には包み隠さず見せていた。

だからだろう、カチッ!となれた。

ただ、これからが本採用されるかどうかの試験みたいだ(笑)

かなり難関なのは理解しているから、周りに気づかれないように頑張ろう!


これからも、人生を楽しみながら自分の脚で歩いてゆこう。

やっと、ここまで辿り着いた(笑)

先は長い(笑)



人生は楽しむもの。

苦しみの先にこそ、楽しみが待っている。

それを信じず、自分の人生を否定ばかりしているから、先に進めない。

不幸を好んではいけない。

全てに意味がある。

自分のことを見つめていれば、パワースポットもいらない(笑)

あなたを導いてくれるのは、周りの人なんだ。

今を見つめれば、過去の意味も、未来の出来事も視えて来る。

さぁ、自分の脚で歩け!





では。





by fujipapa-sas | 2018-05-30 22:23 | 悟り | Comments(0)
御岩神社様のパワーは凄い。
でも、その分、マイナスのパワーも凄いのだ。

以前にも書きましたが、仏像の正面は金色でも、裏は黒かったりしています。
それは、陰と陽のマークのように、白と黒が全てにおいて半々だということなんです。
ですから、凄い神様の裏側には、凄い魔の力もある訳です。
それが「触らぬ神に祟りなし。」の本当の意味なのです。

では、どのようにすれば御岩神社様のパワーを上手にいただけるのでしょう?
御神体に触れれば祟りがあるのならば、ただ、祈ればいいのか?
先日、私が御参りした時に感じましたのは、厳しい神様だけれども優しいということです。
昔でいえば、怖い頑固親父です(笑)
頑固親父ほど怖いオッサンはいないけれど、いざとなると優しく守ってくれます。
それと同じような波長を感じました。

神様も人間と同じなのです。
山裾の神社の入り口が玄関だとしたら、知らない人間が挨拶もせずに勝手に入って来て、
リビングでくつろいでいたら「おっ!神様いるじゃん!俺に幸運をくれよ!触ればいいの?」と、
汚い手で体中を撫で回され、「これで幸運が来なかったら、SNSで悪口書くぞ!」と土足で帰ります。
おまけに、途中でツバを吐いたり、立ち小便したりとやりたい放題(笑)
極端に書きましたが、こういう輩が、あなたに同じことをしたら笑顔で許せますか?(笑)

山裾の入り口の鳥居から先は、御岩神社様の住まいなのです。
御岩神社様は、古くからある由緒正しいお家柄の家だと考えてみてください。
そこに「よっ!」みたいな感覚で入っていけないですよね?(笑)
あなた様が、御岩神社様だったらと考えてみてください。

では、話がそれましたが、上手にパワーと幸運をいただく方法です(笑)

二礼二拍手一礼の時、二拍手の後に、心の手を御神体にそえるイメージで御参りしてください。
そして、御神体に「ありがとうございます♡」と心の中で念じればOKです!
それだけで神様は『わかった!』となります。

自分が神様だったら、そういう感じで御願いされたらどうですか?(笑)
『こいつ、解っているな〜可愛いやつじゃ♡』となりませんか?(笑)
厳しい神様ほど、可愛がりは凄いのですよ(笑)
我々を孫のように可愛がってくれます(笑)

私は、この御参りの仕方で数々の奇跡を起こしていただいております(笑)
御岩神社様には、先日の御参りが初めてでしたけれども、すでに導きが溢れんばかりです(笑)

世界各地にあるパワースポット。
どこも同じなんです。
いろいろな所を御参りしているから、凄いのではありません。
日頃からの神仏や人様への感謝の気持ちが、人生を上向きにしてくれるのです。

長くなりましたので、続きは後日(笑)

では、用意して小高い山に御参りに行って来ます♪


ではでは。




by fujipapa-sas | 2018-05-24 11:25 | 神霊(しんれい) | Comments(4)

分相応

行者の先生がよく言っていました。

『分相応。』

今の自分に合った事象が用意されている。

起きる出来事も、出逢う人も、就いた仕事も、分相応なのだ。

けれども、人は、それ以上の自分だと魅せたがる。

自分に自信がないのと、冷静に物事が見えないためだ。

分相応が解っていれば、よそと争うこともなく沈黙して見守っているはずだ。

誰が何を思おうが、しようが見守っているはずだ。

人には人の分がある。

神仏にも分相応がある。

それを外れると、神仏といえど堕ちるのみ。

分相応の意味は深いと、今日、教えていただいた。



求めることなく、押し付けることもなく、自然でいればいい。

誰が何をしていようと関係ないのだ。

自分をしっかり持って、分相応に生きていれば、自分に合った流れに乗れる。

世の中の流れが汚されているから仕方がないけれど、自分を見つめ直すことは必要だ。

分相応の人生に生きるのは難しいけれど、欲さえ理解出来れば、意外と簡単だ。

日々の出来事にイライラせず、不満も消化して笑顔でいれば許せる。

今が、自分の分相応。



では。





by fujipapa-sas | 2018-05-23 23:56 | 教え | Comments(2)

カチッ!

神様や仏様は、すべて繋がっているのだ。

いままで、それは充分に理解していたつもりだったけれど、今日の御参りで悟れた。

自分の役割、役目がなんなのか…。

この人生の意味が理解出来た。

複雑なパズルが、とうとうカチッとはまったのだ。

小高い山の神様が、すべて手配してくださった。



今のために、今までの事象が用意されていて、すべての皆様が待っていた。

ピアノの譜面のように、流れるように人生が用意されていた。

神様仏様の連係プレーは完璧だ(笑)

子供のころから何度も命を助けていただいた。

その役目があったからなのだと納得しました。

誰もが出来る役じゃない。

だもの、だよなぁ(笑)



でもね、特別な役目ではないのですよ(笑)

普通で当たり前なことの役目で、誰もが持っている役目(笑)

だけど、それが出来る方が今はほとんどいないだけ。

特別ではないのでスルーしてください(笑)



さぁ繋がった!

早く身体を治さなきゃ(笑)

ありがとうございます、神様仏様に御先祖様♡



では。




by fujipapa-sas | 2018-05-23 22:14 | 悟り | Comments(0)

死神が見える。

つい先ほどのこと。

知合いの方から連絡が来た。

『霊感の強い娘が「頭の上に黒いモヤが見えるのだけれど死神みたいだ」と言うんだけれど…』と(笑)

ネットで調べると、「特徴が死神なので死ぬのかな?」と言っていると(笑)

なので、娘さんに電話に出てもらって、10分ぐらい話をして、はい完了!(笑)

追い祓ってあげました(笑)

電話してすぐに頭の左上が痛くなったので、左上にいるのだろ?と言うとビンゴ!

オジさんと話しているだけでいなくなるから安心しなと言うと、光りが差して来ました!だって(笑)

電話を切る時には、もう黒い影は消えていたようで笑っていました。

これって、俗にいう除霊ってことかな?(笑)



私の場合、なにもいらないのです。

ただ、話をするだけ、メールをするだけ、ブログを読むだけ、会うだけでOK!(笑)

相手が強い時だけは、手をあてて供養してあげます。

まぁ、私にしたら普通なのですが…(笑)

でも、元気になってよかった♪

こんな私でも、人様の役に立てるなんて、ありがたいことです(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2018-05-23 00:21 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

負けたくないなら。

神様が私に言う。


『負けたくないのならば、自然体でいなさい。』


1年前からの出来事についての答えだ。

動いて戦っても余裕で勝てることだけれども、自分的に後味が悪くなる(笑)

だから、この1年は我慢をして流れに身を任せた。

確かにそうだ。

ここまで我慢したのだから、このままの流れに任せていればいい。

下手に感情的になってイライラしたら、身体の回復もままならない。

今日の御参りの時も、足下がフラついて大変だった。

いまは身体を治すことが先決だ。


悪に染まった者たちよ。

うやむやで逃げ切れると思うな。

その罪は、必ず天罰を受ける。

後になって、私の言ったことを聞いておけばよかったなんて言うなよ(笑)

今回の件、蓋することは出来ないぞ(笑)

臭過ぎて匂いも漏れる(笑)



だから、動こうとする私に対して『自然体で…。』なのだ。

私は剣道をやっていたから、その意味が解る。

自然体は怖いぞ(笑)



さて、しばらくは自然体で高見の見物だ(笑)

1年後、笑っていられるように前向きに考えて歩いて行こう(笑)

自分に負けないようにね…。


にしても、この1年の流れは最悪だったなぁ〜(笑)

今年は五黄土星が、去年の私みたいに運勢が悪いので気をつけてくださいね。

自分に負けませんように…。


では、訳の解らない文章にて失礼します(笑)




by fujipapa-sas | 2018-05-22 23:00 | 教え | Comments(0)

心の扉

神様も同じなんだよ。

心の扉を閉じてしまうのだ。

嫌なことが続けば、人様と同じで閉じてしまう。



心の扉を開かせることが出来るような人間でいよう。

笑顔を分け隔てなく、誰にでも、なににでも…。



心を閉じているのなら、その訳を考えよう。

他人様の責任にしないで、自分にも非があることを見つめよう。

そうすれば、心の重い扉が開き始める。



人様は、神様以上に考える力を授けられている。

わかるかなぁ〜(笑)



さて、御参りに行って来ますかな(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2018-05-22 12:39 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

御岩神社は祟ります・参

続きです。

今回、このような文章を書いたのには訳があります。
ガイドさんから、祟りがあることをネットなどで知らせてくださいとお願いされたからです。

連休の時、テレビで紹介されていましたが、私もダイレクトに放送を見ました。
いつもは見ないテレビが気になりスイッチを押すと、丁度、山頂の景色の場面で終わる間際でしたが、
でも、もしかしてと思い、眼を画面に近づけて見ると御岩神社と書いてありました。
1ヶ月以上前に、行くことが決まっていましたので、これで混雑してしまうと感じましたが、
それが的中したようで、ガイドさんが言うには、その日の午前中は人がまばらだったのに、
お昼間近になると、異常なほどに人が増えてビックリしていると、皆さんがテレビを見て来たと。
「1年半ほどガイドをしていますが、こんなことは今まで無かった。」とテレビの影響を話してくれました。

その日、後輩も御参りしていたそうですが、山を下りると、行きはガラガラだった道が大渋滞だったそうで、
いまから行っても、閉山時間に間に合うのだろうかというほどの長蛇の列で、人の欲深さを垣間見たと…。

山も海も神聖な場所。
入る時には、きちんと挨拶をして入らないと行けないのです。
人間の社会では、挨拶が出来ない人がいても、まぁ仕方が無いで澄みますが、あっちの世界では通用しません。
神々様は、人が想像している以上に厳しくてクールでドライです。
欲深い者には、神様は心の扉を閉めてしまいます。
御岩神社様の御神体も、残念ながら扉を閉めた状態でした。
だもの、眷属が守るために失礼な者に罰を与える訳です。

ガイドさんに下山する時、出来ればすれ違う人にガイドがいるから聞いてくれと伝えてくださいと言われました。
それなので、下りながら「ガイドさんがいるので説明を聴いてください。御神体には触れないでください。」
「先日、御神体を触った方が祟られたらしいので気をつけてくださいね。」と言いながら歩いてました(笑)
すると、すれ違った4人家族のお母さんが「先週、知らないで触ってしまったので、謝りに来ました。」
「ネットで祟りがあると知って、慌てて謝りに来たんです。」という返事(笑)
「よかったですね〜触って祟られて不幸が重なった方がいたみたいですよ。」と答えると、
「ほんとうに、何ごとも無くてよかったです。ちゃんと謝って来ます!」と笑顔で登って行きました(笑)

どうも、皆が触っていたので知らずに触ってしまったようでした。

私がガイドさんと話している時に、後輩が御神体の側で様子を見ていると、ガイドさんが説明をしていた時に、
近くで聞いていた3名の方々がいたそうなのですが、その方々ガイドさんがいなくなったとたん触ったそうです。
なので、後輩が「それ触ってはダメですよ。」と優しく声をかけると、
「チッ!」と言って眉間にシワを寄せて睨みつけ、無言で御神体に挨拶もせずに帰ったとのこと(笑)
優しい後輩ですので、なにも言い返さなかったみたいですが、私ならばケンカです(笑)
まぁ、私の風体を見れば、よほどのバカでない限り歯向かっては来ないとは思いますが(笑)

御岩神社様は、本当に厳しくて大きな力をお持ちです。
私が見る限り、孤独が好きな神様だと思います。
ストイックに、いまでもご自神(ご自身)を磨いておられると感じます。
邪魔されるのを嫌う神様です。
それだけ凄い神様ですから、守る眷属も怖いのです。

さて、まだまだ書き足りない部分もありますが、あえてこの辺で終わりにします(笑)
これを読んだとしても、御神体を触る方は触るでしょうし(笑)
そういえば、山に登り始めた時に、私たちの横を通り過ぎた中年の女性達がいました。
ちょっとした山登り出来るような格好で、ストックを持っていた気がしますが、その中のひとりの女性の格好が、
もの凄く派手で、それを見たとたんに「あっ、あの人、途中で戻るな。」と思いましたところ、
中腹を過ぎたところで追いついたのですが、私の横で「もう無理、帰ろう。」と帰ってしまいました(笑)
なぜ、わかったと思います?(笑)
派手な格好もそうですが、黒い雰囲気があったからです。

さて、これにてシリーズは終了です(笑)

御岩神社様は、もの凄い神様です。


『心してかかれ!』


と、私の後ろの方々が申しております。
触らぬ神に祟りなし。


では。




by fujipapa-sas | 2018-05-22 12:18 | 神霊(しんれい) | Comments(2)

言霊が入った?

眠いのに、一時間前から急に「気づき」のカテゴリーを見直しして、

非公開なのを公開に変えたりしていました。

まだ少し残っていたので、公開に変えるのを後日にして寝ようとすると、

最後の題目に眼が行きました。

『頑張りなさい』という、2009年5月20日の記事です。

行者の先生から言霊が飛んで来ていたのですね(笑)

御岩神社様に御参りに行けたのも、きっと先生のおかげさまですね(笑)

そういえば、御岩神社の御神体、先生と同じぐらい厳しいかも知れませんね(笑)

いろいろと納得出来ました(笑)

さて、残りの公開作業は、また後日(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2018-05-19 23:45 | 気づき | Comments(0)

一時の欲

『一時(いっとき)の欲に気をつけろ。』


今日の御参りの時に浮かんだ言葉です。

今朝、眼が覚めた時に不思議なことがありました。

起きてすぐは左眼の調子が悪いため、いつもは右眼から眼を開きます。

でも、なぜか今日は左眼から眼を開きました。

すると、太陽の光りが差しているかのように左頭上周辺が光っていました。

一瞬ビックリして眼を閉じたのですが、また開くと光り輝いている(笑)

なので右眼だけで左を見ると薄暗い(笑)

なぜだろうと考えながら起床し、朝食を食べて御参りに行くと、いつになく大歓迎な自然現象の数々(笑)

すると、最初の言葉が浮かび、いろいろなことの意味が理解出来ました(笑)



私の書く文章は、誰の本もブログの書き込みなども参考にしていません。

以前、2つぐらいは参考にさせて頂きましたが、その時は引用先を記載しています。

ですので、最初の言葉にしても頭に浮かんだ言葉であり、参考にした文献を引用した訳ではありません。

なんとなくですが、最近ここを読んでくださる方で疑問を持っておられる方がいる気がしたので書きました。



ひとは、その時の一時の欲で人生を狂わせてしまうことが多いと思います。

大きく狂う方もいれば、小さく終わる方もいますが、その欲に行かないようにすることの難しいこと(笑)

今日の御参りでは、そういうことを今後は気をつけるように諭されたわけです(笑)

御岩神社様に御参りに行ってから、今まで思い浮かばなかった言葉が浮かぶようになりました。

厳しい神社様ですから、欲にまみれた私を正したくて仕方がないのかも知れません(笑)

でも、神様の答えは的確で間違いはありませんし、すーと心に沁みてゆきます。

一時の欲は怖い(笑)

今日、その言葉の意味に気づきました。

今までは、なんとかなるだろうとか、大丈夫だとか、魔が差したとしても気にしませんでしたが、

もう、そういうことはいけないのだと、神々様が歓迎のサインを出しながら教えてくださいました。



きっと、食事制限のストレスが溜まり始めて、塩分とか肉とか食べ過ぎて来ているからだなと反省(笑)

神様は、常に厳しい(笑)

欲に負けないように頑張らないと、リアルに早死にするからなぁ〜(笑)

さぁ、頑張ろう!(笑)




では。





by fujipapa-sas | 2018-05-19 00:25 | 悟り | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心