人気ブログランキング |

<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ひとつだけ詳しく…。

「いろいろな方に手をあてていただきましたが、我を感じませんでした。」

ありがたい言葉をいただけました。

だと思います。

私は笑顔を考えながら、あてていますから…。

治れ!とか治す!だとダメなのを体験して来ました。

あなたさまが笑顔になるところを想像しています。

それが『神の領域』であり、神髄です。

解る方だけ、その領域の言葉を理解してくださればいい。

我があっては笑顔を思うことは出来ません。

なぜか?

誰もが見返りを考えるからです。



私?

見返りをいただくとしたら100億円は用意してくれないと、手をあてませんよ(笑)

だから、お金なんていらない。

どうせ用意出来ないでしょうからね(笑)

もう、我はいらないのです。

持っていても、なんの役にも立たない。

心が曇ってしまい、見える答えも見えなくなるから。




では。





by fujipapa-sas | 2017-02-27 22:43 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

伝言

昨日のこと。

ある集まりで知り合った方から、その方の神様の伝言を受けた。

あまり詳しく書くと、頭のおかしな人の話になるから書かないけれど(笑)

それはそれは褒められました(笑)

でも、恥ずかしかった。

隠していたことを見抜かれてしまったからだ(笑)

500日の御参りを越えてから、いろいろと急かされているけれど、使命があるから仕方ない。

もう、逃げていてはいけないようで、自分と向き合う時期が来たようだ。

今日の御参りで、そのことを強く感じるような風が吹いていた。

少し目覚めた私を喜ぶ神様のみなさま。

少し目覚めた私を拒む魔物のみなさま。

どちらにしてもうれしい私。

それじゃぁダメなんだ。



あの方と繋がってると言われた。

それを言わされていると言われた。

解っている。

それは自分でも感じているから。

でも、それは大変なことなんだ。




神様からの伝言は受け止めました。

が、急には無理なのでゆっくりと変えてゆきましょう。

解る人には解るようになって来てしまった。

さて、どうしたものか…。





では。






by fujipapa-sas | 2017-02-27 21:46 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

誰だ?

今朝、ある大きな悟りを伝えていただいた。

その悟りを受けて自分を見つめ直すことが出来た。

心が穏やかになったことで、きっと邪魔が入ることも解っていた。

悟りから6時間後のこと、久しぶりに怒りの頂点に到達するような出来事があった。

でも、朝の悟りのおかげで直ぐに鎮火(笑)

けれど、そのことで、また邪魔が入るだろうと覚悟をしていたら案の定起きた(笑)



御参りのとき、いままでの御参りで起きたことのないことが起きた。

私は夜の御参りの時に、懐中電灯を点けずに夜道を歩いてゆく。

登りはじめの石段でのこと、階段の途中で突然バランスを崩し、右足が階段の横の斜面に着いた。

枯れ葉で滑りそうになり左足も斜面に着地。

そのまま右足が滑り、左足が傾斜の下に流れると倒れそうになり大ケガを覚悟した。

骨折は確実だなと覚悟して、とにかく頭だけは守らないとと考え体制を整えようとするが足場が見えなくて困る。

そうこうしているうちに、石段に頭から倒れそうになり死ぬことも覚悟をしていたら、あら不思議!

右手が地面に着いたと思ったら、倒れずにクルっと回転して石段の上に上手に立っていた(笑)

腰を捻ったので、いまも痛いが我慢すれば大丈夫な程度の痛み(笑)

このぐらいで済んでよかったと安心したが、それよりも誰だ?

倒れそうになった時に、後ろから腰に手を回して支えてくれた方は?(笑)

その方のおかげさまで、クルって回って難を逃れることが出来た!(笑)

今日の御参りのお礼が多くなったのは言うまでもありません(笑)



いい悟りのあとは危険なんです。

それが大きければ大きいほど命を狙われます。

今日は、コレ以外にも危険なことがありましたが、御参りのあとにはなにもありません。

悟りのあとには怒りが邪魔をします。

そのことを理解していれば、すべてに感謝出来ます。

生きていてよかった!(腰は痛いけれどw)



では、明日も頑張るぞ!





by fujipapa-sas | 2017-02-24 23:26 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

一代限りだ。

『悟りは一代限り。』

開祖と言われるお坊様も、そのことには気づかなかったのだろう。

伝えることが使命だと思ってしまうのは当たり前だ。

伝えたことで、素晴らしい方々も生まれたことだろう。

でも、それは習字の先生が手本を書いて、その上をなぞって書いたのと同じだ。

どんなに同じような修行をしても、本人があみだした修行でなければ意味が無い。

文献も経験談も、作法も場所も関係ないんだ。

己が感じて、己が考えて、己が見つけなければ意味が無い。

悟りは全て一代限りだ。

繋げてゆく悟りは真実ではない。

だから、何代続いても世界は平和にならない。

お金を集めて立派な寺が建ち、信者も増えて教えが広がっても、意味が無いんだ。

ほんとうの悟りは、そこに無い。

あなたの悟りは、あなたひとりで終わるのだ。

だから、毎日の出来事に感謝して、その悟りを大切にしましょう。

全ての出来事には意味があるのだから、毎日の生活の出来事を考えて悟ろう。

毎日の悟りに、金も名誉もなにもいらない。

すべての人に平等に悟りはあるんだ。

あなたの悟りを、他人様に伝え続けようとしてはいけない。

他人様の考える心を失くしてしまうからだ。



自分の悟りを大切にしてください。

それは、あなただけの宝物なのだから。

一代限りに意味がある。

開祖は立派だけれど、そこまでは気づかなかったのであろう。

この意味に気づいてよかった。

誰であれ、なんであれ、ひとり一人が神様であり開祖である。

悟りを大切にし、自分の心の中で育むことだ。

自分一人が開祖であり、自分一人だけが信者なんだ。




さて、ご理解いただけますでしょうか?



では。





by fujipapa-sas | 2017-02-21 22:27 | 悟り | Comments(3)

過去は消せないんだ。

どんなにもがいても悔やんでも、過去は消せないんだ。

未来は書き換えることは出来るけれど、今と過去は書き換えることも忘れることも出来ないんだ。

あの時を後悔しても過去は変えられないし消せない。

だから今を感謝すれば、後悔のない過去が出来上がってゆく。

過去がどんなに辛い過去だったとしても、もう、終わったことなんだ。

人々は、巻き戻せない過去のことばかりを悔やんで自分を、他人様を責め立てる。

過去に怒りをぶつけても何も変わらないのに…。

過去を忘れられなくてもいいんだ。

嫌な想い出だもの忘れられるはずがない。

ならば、未来を笑顔で埋められるようにしよう!

これからの未来を笑顔で埋めれば、過去の嫌なことも忘れてしまうよ。

振り返ってばかりいたら、いつまで経っても前に進めないよ。




さぁ、前に、一歩前に進もう!





では。











by fujipapa-sas | 2017-02-19 22:19 | 未来 | Comments(0)

プライドの

『プライドの高い者に悟りはない。』

例え、仕事や勉強が人並み以上に凄くても、誰にでも優しくても上品であっても、

プライドが高くて、それを捨てることが出来ない人は悟れないということ。

たぶん、悟ったつもりにはなれるだろうが、本質的な悟りは得られない。

プライドは持っていた方がいいけれど、その質によるのだろうな。

私も以前は人並み以上にプライドが高かった!(笑)

でも、数々の苦労が、私の無駄なプライドを消してくれました。

私が一番!

私は一番でありたい!

そんな考えの人に悟りはない。



プライドは大切だけれど、苦労の誇りが無い限り、真の悟りは得られない。



では。





by fujipapa-sas | 2017-02-14 22:19 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

風の衣

答えてくれる。

風が私を包み込んで答えてくれる。

偶然なんかじゃない(笑)

肩に手を回すように、耳に囁くように、背中を優しく押すように風が吹く。

私の疑問に答えてくれるように、強弱をつけて風が吹く。

冷たい風が吹き抜けても、手に残る温もりは優しくて肌を感じる。

風との一体感が増して来た。

そのせいだろうか、時折、風の衣を纏っている気がする時がある。

今日も風が挨拶してくれた。

草木を、葉っぱを揺らしてご挨拶。

思わず微笑む我がいる。





では。







by fujipapa-sas | 2017-02-07 23:36 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

だんだんと

500日を越えてから、勘が研ぎすまされて来たのはいいのだが…

身体が悪くなる一方だ。

いままでと同じ生活のリズムなのに、いろいろな部分が痛み始めている。

まるで御参りを止めるように、なにかが邪魔をしているようだ。

まぁ、それは解っていたのだが、今回の邪魔は並大抵ではないようだ。

だから、気持ちの落ち込み方もハンパじゃなくて、ちょっと大変だ(笑)

でも、山に御参りに行くと、全ての痛みを感じなくなるから不思議だ。

もう、なにがなんだか解らない世界に入り込んでいる(笑)



それから昨日、朝の通勤時に、車の助手席に亡くなった上司が来ました(笑)

空から降りて来たかのように、スーっと白い影になって降りて来た。

生前、片道2時間半の電車通勤で通っていた上司。

9歳年上で足腰が弱かったので、歩いて15分の駅まで時々送ってあげていた。

その時と同じような感覚が、空から降りて来た感じだった。

白くて柔らかい光りが、助手席を包んだんだ。

「ありがとう。」と、心に響いて消えていった。

涙があふれて「ありがとうございました。」とお礼を述べた。




だんだんと、感度が上がると、いろいろと視えて来て大変だ。

だんだんと、御参りの日にちが進むと、身体も大変だ。

だんだんと、自分と戦いながら、自分を変えながら進まないと大変だ。

だんだんと変わろう。

明日には、死んでいるかも知れないからね。




ちなみに、上司は糖尿病の合併症で亡くなりました。

血糖値などの数値は、私よりも低かったのはいうまでもありません(笑)

「そんなに食べてると死んじゃうよ!」と、よく言われたものです(笑)

「明日には死ぬかも知れないから、いま食べておかないとダメなんです!(笑)」

「まったく、死んでも知らないからね!(笑)」

そんな会話を、いつもしてたのに…。

上司の方が死んじゃった…。



今日、御参りのときに般若心経をあげたら、降りて来ませんでしたね(笑)

寂しかったけれど、嬉しかったです。

安らかにおやすみください。

ありがとうございました。

天国から大好きな旦那さんを見守ってくださいね。

では、また、天国で会いましょう♪

さようなら。





では。







by fujipapa-sas | 2017-02-02 22:45 | 千日行 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心