<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

人生は、様々な要因が絡まって出来る。

自分の意志と関係ない様な出来事も、全て糸のように繋がっている。

自分自身の人生と他人様の人生は、全て糸のように繋がり絡まる。

その糸の存在に気づかない限り、あなたさまの人生は、いつものように繰り返される。

誰もが、その糸の絡まりに気づかないから、この世の仕組みを理解出来ない。

全てが計算されて出来上がっているのではなくて、全ては、あなたさまによって作られている。

その、全ての糸が絡まって様々な人生が織られてゆく。

繊細で複雑なその仕組みは、ごく一部の方々しか知らない。

それを理解するためには、全てをオープンにして感じないと理解出来ない。



人生は、全ての出来事が糸のように絡まって作られている。

いろいろな種類の糸が絡み合っている。

それを理解するには、この世の固定観念を捨てなくてはダメだ。

でも、捨てたら、また拾って疑問を持って理解しよう。



全ては繋がっている。

なにひとつとして無駄が無く、素晴らしい糸で繋がっている。

でも、それを理解している人は少ない。

だから、私は変わる。



これ以上は書けません(笑)

ただ、ひとことだけ言わせてください。

私から離れた方々、もの凄く損をされました。

逃がした魚は大きかったようですよ(笑)

でも、安心してください。

離れた方々の幸せも祈っておりますので…。




では、意味の分からない文章でゴメンなさい(笑)







by fujipapa-sas | 2016-10-30 23:52 | 悟り | Comments(0)

ごほうび。

今日の夕方16:50分、私は仙台の慈眼寺の側に車を止めていました。

もう、夕暮れでしたので境内には入れませんでしたが、門の柵が低かったので中を見ることが出来ました。

今日の小高い山の御参りは、夜中の3時過ぎでしたが、その時から今日という御褒美が始まっていました。



今日の今日まで、自分を信じてコツコツと頑張って来てよかった。

他人様は私のことを異様な眼で見たりするけれども、神様や仏様は心眼で見てくださっている。

もう、なんかレベルが違う(笑)

前回の2回にわたる千日行の能力なんて子供騙しだ(笑)

これだけの力が与えられているのだから、そりゃぁ〜離れる方は離れるわ(笑)

なんか、もの凄い変化に、私自身が信じられないし怖い(笑)

こんなに凄い御褒美なのに、まだ序の口だと言われる(笑)



慈眼寺は、とても素晴らしいお寺でした。

暗くて見えなくても視えました。

ご住職のお人柄も、遠くの背中を見ただけで解りました。

『それぞれの役目が違う。』と頭に浮かんだ時、街頭の灯りが点灯したのには笑いました(笑)

私の役目はなんなのか?

今日、なんとなく解りました。

塩沼さんの御褒美は、素晴らしいお寺。

私は、お寺がないという素晴らしい御褒美(笑)

今日は、もの凄い悟りをいただいた一日でした。



毎日生かされていることが、もの凄い御褒美なのだけれども、

最近は、それ以上の御褒美がいただけている。

感謝の毎日が私を導いてくださる。



今回の千日行が終わったら、必ず昼間に御参りに行こう。

慈眼寺は、とても素晴らしいお寺だ。

塩沼さんにはお会い出来なかったけれど、あの背中は凄い(笑)

さぁ、私なりに頑張って行こう!



神様仏様ご先祖様、今日もありがとうございました☆



では。






by fujipapa-sas | 2016-10-30 23:23 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

つらいなぁ

月曜日の朝のこと。

スーツのズボンを探していたら、喪服のズボンを取ってしまった。



12年前になるそうだ。

床屋のおばさんが、今日の昼間の集まりの時、周りの親戚の方々に、

「〇〇くん(私)が12年前に御参りをしてくれたから、今日まで元気に生きていたんだよ」と言っていたそうだ。

2ヶ月ぐらい前のこと。

8年前から自分で髪の毛をカミソリで剃るようになっていたので、

最近は床屋に行っていないから行こうかと考えていた。

床屋のおじさんが死ぬ前に…と考えが浮かんだけれど、縁起でもないので止めたんだ。



でも、昨日、大動脈破裂で亡くなったそうだ。


このブログにも書いたかも知れないけれど、お袋の幼なじみのおばさんの旦那さんだ。

小学生のころから通っていて、座ればいつもの髪型だ(笑)

細くて柔らかい赤い髪色で、きれいなウェーブのくせ毛の私に

「おまえの髪はパーマいらずで商売にならねぇな(笑)」と言われてた(笑)

12年前、脳梗塞と心不全を同時に起こした後、生死を彷徨っていると聞いて、すぐに御参りを始めた。

私が連続で百日以上、下の神社で御参りした後に、おじさんに奇跡がおきた。

まずは、かなりの重症だったのに見事に回復して医者もビックリ!

でも、これが奇跡ではないのです。

その後、大きな後遺症もなく元気に現場復帰。

これも普通では奇跡なのですが、ここから先が奇跡。



半年に一度の定期検診で、頭部のレントゲンを撮る。

新人の先生が半年ごとに交代で診察するのだが、毎回、二度見をするそう。

その訳は…。

脳みその片方が真っ黒なのに、普通にしているからだそうだ(笑)

床屋のおじさんは口が悪く、「後遺症なんかねぇからパチンコもバッチリだよ先生(笑)」と(笑)

それは医者もビックリだ!(笑)



あ〜あぁ、私の髪の毛を整えてくれた日本一の理容師のおじさんが死んじゃった…。

地元のヤクザの親分が、なじみの床屋でね(笑)

「普通の客は店頭の駐車場に置いてある親分の車を見て逃げるのに、おめぇは普通に来やがる(笑)」

「えっ?だって同じ人間でしょ?なにも気にしてないから大丈夫だよ、おじさん(笑)」



こんなやり取りも、もう出来ないんだな。

8年前から、自分でカミソリで剃るようになってから行かなくなった。

ごめんなぁ〜おじさん。

でも、他の床屋には行ってないぜ(笑)

俺の髪を整えられるのはおじさんだけだ!

だから、俺があの世に行った時には、また頼むよ。

ありがとう、床屋のおじさん。

またね!




では、長文にて失礼しました。






by fujipapa-sas | 2016-10-29 21:32 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

ピンチになっても

人生の、いろいろな場面でピンチになっても、穏やかな気持ちを持って慌てないこと。

慌てると、ろくなことにならないからだ。

特に人間関係でのピンチでは、怒りや恨みを捨てて穏やかにすること。

怒ったり恨んでいると、そっちの方向に事が流れる。

どうせ、行き着く先が同じならば、ゆったりと構えていればいい。

気持ちが落ち着いていれば、きっと流れは変わる。

死ぬ訳じゃ無いと考えれば、心もゆったりと出来る。



相手を恨めば思う壺だ。

ピンチから窮地になる(笑)

ピンチになったら人生の岐路に立ったんだと感謝しよう。

いつも同じ様な人生はつまらないと考えよう。

嫌な相手も人生を変えてくれる神様だと感謝しよう!

そうすれば、ピンチがチャンスに変わるよ。

目の前のピンチを見ていてはダメだ。

先の新しい自分を、新しい人生を見よう!




さぁ、チャンスだ!





では。






by fujipapa-sas | 2016-10-26 23:28 | 自然 | Comments(0)

わっか

いま、頭を上に向けて首をグルグルと回していたら、暖かい輪のような熱源を頭の上に感じました。

まさに、いまなんですが、なんだろう?(笑)

天井のシャンデリアの熱かと思いましたが、どうも違う(笑)

これが、以前、霊能者の方がおっしゃっていた天使の輪?(笑)

なんか、頭の上が熱くて変な感じです。



では。







by fujipapa-sas | 2016-10-25 00:09 | 神霊(しんれい) | Comments(1)

者間距離

者間距離

と、書いて「しゃかんきょり」と読みます。

私が思いついた言葉ですが、わかっていただけますか?


車間距離から思いつきました。

車を安全に走らせるには、車と車の間の距離を多少は空けないと事故になります。

人と人に間にも、少し距離がある方が安心して過ごせるものです。



あまり詳しくは書きませんので、お後は宜しくです(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2016-10-24 23:40 | 考え | Comments(0)

対価

人は、他人様になにかをしてもらったら、それなりのお礼をします。

お金だったり食べ物だったり、物品だったり。

対価を差し上げることが当たり前ですし、それをいただくことも当たり前です。



神様や仏様はどうなんでしょう?

神社仏閣に行けば、お賽銭やお守りに御朱印帳など、対価とするものがあります。

でも、それは運営費、つまり神主さんやお坊さんの生活費になります。

それが普通ですよね。

けれど、神様仏様はいりません。

いらないのに、みなさん必死だから、貢ぐこと貢ぐこと(笑)



なにが言いたいかは察してください(笑)

神様仏様には対価はいらないのです。

いるのは感謝の気持ちだけ。



対価を求めない人がいらっしゃったら、その方は自身の中に神様や仏様が宿っていると言うことです。

すべての方の心の中に宿っていますが、それとは別の方々です。

そのような方が、身近にいらっしゃったならば大切にしてください。

なかなか逢えることはありませんからね。



では。





by fujipapa-sas | 2016-10-19 00:28 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

月影

昨日の夜に御参りしたときのこと。

もう一つの頂上にある道了様の御参りから帰ろうとすると、もやに包まれた広場に月明かりが射していた。

広場の周りにある木々が月明かりに照らされ、もやが白いベールのように発光して幻想的だった。

すべてがモノクロになっていて、そこに月の光りが天からの道のように射していたのだ。

御参りのときには携帯を持たないので、この時には写真を撮りたくて思わず「持ってくればよかった。」と(笑)

しばらく月明かりの中に身を置いてから、下山し始めた。



すると途中の道で、もやが劇場のスモークのように照らされている場所があった。

道の中央が、スポットライトのように照らされている。

木々の葉の影で光りが集まっているようになっていた。



するとね、そこに大好きな祖母たちや、本家の伯父夫婦がにこやかに立っているように視えたのです。

昨日は、千日行を二度もこなしているのに、初めての出来事がありました。

道了様の祠で般若心経を唱えていると、天狗様がたくさん思い浮かんで来て、すべての天狗様が笑顔でした。

このようなことは一度もなくて、うれしい気持ちで降りて来たら、幻想的な景色とご先祖様。

もうね、涙が出ましたよ!(笑)

こんな凄い御褒美はありませんよね?(笑)

でも、まやかしかも知れないから、月に向かって言いました!(笑)

御褒美ならば、下山する途中でもやを消して、雲ひとつないお姿をってね(笑)

そしたら、すぐに叶いました!(笑)



神様仏様、そしてご先祖さまは、いつも自然の中にいます。

自然に、さりげなく、自然に隠れて見守っています。

あなた自身が、自問自答をすれば、すべて答えを自然の中に織り交ぜて教えてくださることでしょう。

すべての出来事には意味があって、それを理解するには自然を視れば解ります。

いま解らなくても、いつか時間が経過して答えが解ると思います。



月影にも答えはあります。

だから、相手があっての毎日なんて、簡単に答えが見つかるはずなんです(笑)

嫌だ嫌だでは簡単な答えでさえも見つかりません。

月影を感じられるぐらい、あなたらしく自然にいましょう。

そうすれば、すべての意味に感謝が出来ますよ♪



では。





by fujipapa-sas | 2016-10-18 23:39 | 自然 | Comments(0)

僧侶である限り

批判しているわけではありません。

では、短く(笑)


『僧侶が僧侶である限り、真の真理には近づけない。』


来週の日曜日、仙台に行くことになりました。

夜中の2時過ぎに起きて山に御参りしてから出発します。

昼過ぎに所用が終了するので、慈眼寺を訪ねようかとネットで調べたら…。



せっかくの千日が、もったいない気がしました。

私が言えることではないのは、重々承知。

メディアに出て、教えを伝えることも大事なことなのは理解出来ますが、

そのようなことをしていると、段々と真理から離れてしまいます。

ブログでいいじゃないですか?

無料で教えを伝えることが出来ます。



教えはヒントだけです。

真理は、それぞれの方の経験で花開くと思っています。

どんなに素晴らしい言葉でも、己が経験して感じない限り、目覚めることはないのです。

僧侶が、その務めをしていると言われるかも知れません。

違うのです。

すべては、すべての方の心の中にあるのです。

それを諭すには、金品やメディアはいらないのです。




普通の生活をして稼ぎ、その稼ぎで生活をし、普通に自問自答して真理に近づくことが真理。

己の経験を伝えたとしても、その方々が理解出来るはずがない。

他人の経験は、すぐに忘れてしまう。

きっかけになったとしても、その方の経験ではない。




職業が僧侶でも、僧侶であってはならない。

普通に自問自答して、隠れるがごとく普通の僧侶であればいい。




ただ、私も同じ境遇ならば、同じようになっています。

だから、いまの時代に僧侶でなく、普通の人として生まれ変わって来ました。

僧侶である限り、その呪縛から抜けることは出来ませんよ。

僧侶という職業を務めながら捨てることを考えてください。



長くなりましたが、真理とは難しいものです。




では。




by fujipapa-sas | 2016-10-18 11:44 | 自然 | Comments(0)

めげてはダメだ!

いい感情で生きていると、いつかはソレを否定するかのような嫌な出来事が起きる。

まじめに、コツコツと生きることが嫌になるようなことが起きる。

生きている意味を考えるのが嫌になるような、堕落しそうなことが起きる。

死んだ方がマシとか、まじめにしていても無駄なんだとか…。

そう!そこに人生をよくするコツがあるんだ!

そういうことに、めげずに頑張って自分を突き通すんだ!

自分を信じて、いつもの自分になって、笑顔で感謝して生きるんだ!

そうすることで、いろいろな意味が視えて来て人生が開けて来る。

くじけて堕ちることを待っている。

やる気を失くして死にたくなるのを待っている。

めげてはダメだよ。



奴らの思うつぼだ!


奴らが誰なのかは、ご自分で想像してください…(笑)


私は、誰になにをされてもめげない!(笑)


なぜかって?


奴らの正体を知っているからさ…(笑)





では、感謝のベールで全てを輝かせましょう!


キラン☆



ではでは(笑)







by fujipapa-sas | 2016-10-16 23:20 | こころ | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心