人気ブログランキング |

<   2014年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

御意に。

そう、私は「御意に。」で生きて行けばいいのかも知れない。

すべてを、私を護ってくださる皆様への意思に従っていればいいのかも知れない。

自分の意志は保ちつつ、起きる出来事を受け入れ、すべてをお任せして。

そう、すべての意味を常に考え、常に考えずに、すべてを御意に。

なんとなく、なんとなく解って来ました。

『御意に。』

これでいい。

常に忘れないように生きていこう。



神様仏様ご先祖様、私は皆様の一部分。

忘れることなく生きて行きましょう。

この身体、そして、すべてを捧げましょう。

御意に。





では。
by fujipapa-sas | 2014-04-30 23:04 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

神様からのアピール。

なぜ、いまになって小高い山の奇跡的な話が舞い込んでくるのか?

私は解っています。

それは小高い山の神様が、もう一度私に千日行をしてもらいたいから。

私の身体を使われて、神様が何かを得たいから。

それが、いまの私には解るのです。

が、勘弁してください神様(笑)

もの凄く大変なんです(笑)

でも、信じてください神様。

必ず、近いうちに(5年以内w)もう一度、チャレンジしますから。

それまで、しばしお待ちくださいませ。




でも、心は『御意に。』





では(笑)
by fujipapa-sas | 2014-04-30 22:52 | 千日行 | Comments(0)

またまた、まただ(笑)

まただ(笑)

小高い山の奇跡が起きました(笑)

とある方(中年男性:糖尿&高血圧)からの報告。

20数年ぶりに、血圧の下の数値が下がったそうです。

小高い山に、数回御参りに行って(笑)

ものすごく驚いていました(笑)



やっぱり、私の特異体質は小高い山の神様の力のようです。

ありがたやありがたやですね。





では。
by fujipapa-sas | 2014-04-30 22:20 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

奇跡の男。

はじめて話します。
信じる信じないはおまかせします。

私は5歳の時から、政財界の方々を視る行者の先生のところに行っていました。
先生の話は千日行のカテゴリーに書いてありますが、その先生の力は凄いものでした。
人間的にも素晴らしい方であり、とてつもなく厳しい方でした。

そんな先生は、あらゆる占いを把握しており百発百中でした。
それゆえに、政財界の方々は何ヶ月も先の予約をされ視てもらっていました。
特に年末になると来年の状況を伝えてくれ、災難から逃れる助言をしてくれました。
私の家族も、その年末の占いでかなり助けられました。

私が中学校2年生の時です。
行者の先生から言われました。

『来年の9月頃、覚悟をしておきなさい。』

すぐに、死ぬことの覚悟だと直感しました。
そして、先生は、こうも言われました。

『全力で出来る限りのことはするから、あなたも頑張りなさい。』

でも、不安でした(笑)
そして、次の年の9月、私は意識を失いました。
目の前の映像がテレビを消すかのように暗くなったことを、今でも覚えています。
けれど、先生の願いや、私の家の水神様や小高い山の神様のお力添えで助かりました。

その年の暮れのこと、先生が『もう大丈夫だ。』と言ってくださいました。
その嬉しさといったら、大声で叫びたいぐらいでした。
そして、先生はこんなことを教えてくれました。

『占った時に、あなたには5つの死の星が出ていた。
その星のあった方が、いままで何人かはいたが、全員死んでいる。
私が助けることが出来たのは、実は3つの星までの方々だけだった。
今回、君が初めて5つの星があっても助かることを証明してくれた。ありがとう。』と…。
先生が、後にも先にも私に『ありがとう。』と言ってくださったのは、その時だけでした。

そして、その後も同じ様なピンチがありましたが、全て乗り越えて来ました。
8年前の病気も、占いとかじゃなく(先生は他界していました。)助かりました。

自分で言うのもなんですが、私は奇跡の男なんです。
でも、なぜ、奇跡を起こすのか、私自身は解っているのです。
それは、生きることを諦めなかったからです。
普通の方ならば諦めるような事柄でも、私は諦めないのです。
最後の最後まで出来る限り頑張る!
仕事や趣味や他のことは諦めが早いですが、命が関わると頑張る!(笑)
命に関しては諦めが悪いのです(笑)

信じない方は、先生のことをとやかく言われるかも知れませんが、
先生自身が、最初は心霊に関しては否定派でしたので、嘘や偽りはありません。
それゆえに『政財界』なのです。

タイトルがオーバーでしたけれど(笑)
要は、占いや病気で死ぬと言われても、諦めなければ誰にでも奇跡は起きるということです。
我々は生かされています。
そして、自ら生きています!
ですから、生きたいと希望すれば望みは叶うのです。

ただ、そのためには協力してくれる『護り』が必要です。
その護りこそ、『ご先祖様』なのです。

私も、毎回毎回助けていただいております。
皆様も、少しでもいいので、ご先祖様に感謝されますように…。

あなたも『奇跡の人』なのですからね♪




では。
by fujipapa-sas | 2014-04-28 22:11 | 神霊(しんれい) | Comments(0)
自分は、今日死んだと思えばいい。

そうすれば、明日から少しだけでも変わって行ける。

今日、死んだのだ。

いままでの自分はもういない。

そう思えば人格さえも変えられるはずだ。

そう思えば、明日から前向きに生きられるはずだ。



私は、今日、死んだのだ。







では。
by fujipapa-sas | 2014-04-27 21:40 | 考え | Comments(0)

業(ごう)の罠

本日から、新しいカテゴリーを増やしました。
神霊(しんれい)です。
心霊の造語だと思っていただけて結構です。
内容が内容ですので、信じる信じないはおまかせします。
では、最初の神霊です(笑)



業(ごう)という言葉は、最近になって多くの方に知られるようになりました。
メディアの影響もありますが、いろいろな宗教家の方の影響が強いと思われます。

業とは、一般的にはどのように解釈されているでしょうか?
その辺は長くなるのでカットしますが、私の考える業は、こんな感じです。

業は、自分がこの世で学ぶために作られた壁です。
自分の家族や先祖が伝えて来たものではありません。
確かに、先祖の行いに似たような壁はあります。
けれど、それはそれで、先祖が亡くなった時点で終了しています。
ただ、執着心の強い先祖がいた場合は続く場合もありますが、それは微弱です。

業は、自分で好んで呼び寄せた壁です。
そして、自分が作った壁でもあります。
しかし、最近の霊能者や宗教家などは、すぐに業の責任にします。
それも、ご先祖様の業の責任に。

私は、ちょっと待ってくださいと言いたいです。
自分の目の前に現れる業を、ご先祖様の責任にしたのでは、せっかくの壁も壊せなくなります。
すべての壁が自分の責任でないと、みなが逃げてしまいます。
それでは、生まれて来た意味を知る機会を失くしてしまいます。

業は、自分で作りあげたもの。
それは、この世だけではありません。
前世からの宿題でもあるのです。
なのに、ご先祖様の責任にしてしまっては解答になりません。

ご先祖様は、あなたまで命を繋げてくださった大切な方々です。
現代社会のように医療も食料も満たされていない状態で、あなたまで繋げてくれました。
そのような苦労をされた方々の責任にするのは、どうかと思います。

満たされた現代社会の方が、人口が減り、家が絶え始めているのは何故でしょう?
それは、業をご先祖様の責任にしているからだと思うのです。
あなたがご先祖様ならどう思うでしょう?
あなたを助けてあげたいと思うでしょうか?

長くなりましたので纏めますが、
自分の不幸の壁を、すべてご先祖様の責任にしてはいけません。
多少はあると思いますが、それでも、その壁に感謝してください。
ご先祖様の人数は星の数ほどおられます。
味方は味方を増やしてくださいます。
辛い業を繋げてくれたご先祖様にも感謝感謝でOKです。
きっと思いが通じて、あなたの業を越える力を授けてくださいますよ。

どうかお願いです。
自分の前の壁を、ご先祖様の責任にしないでくださいね。

業は、必ず自分自身で越えることが出来るのです。
また機会がありましたら、詳しく(笑)



では。
by fujipapa-sas | 2014-04-27 21:09 | 神霊(しんれい) | Comments(3)
食後2時間半の血統値が499と言われ、さすがに食事を見直し、はや六日。

2日後ぐらいから身体に変化が現れた。(早過ぎ?w)

水を飲む量が三分の一になったり、身体が軽くなったり。

なんだか身体が明るくなった。

すると、なにやら人生も変化し始めて来た。

食事を見直し、身体が変化すると人生も変わるものなんだと感心しました(笑)

さて、いつまで我慢出来ることやら(笑)

いま、無性にスイーツが死ぬほど食べたい私です(笑)





では。
by fujipapa-sas | 2014-04-27 20:34 | 感覚 | Comments(0)

いつか

いつか、私の言葉や行動の意味が解る日が来ると信じています。

今日、隠れ蓑が取れました。

随分と長い間隠れていたもんだと自分でも感心します。

今日から、少しずつですが変化をしていこうと決心をした次第です。

今日は、たくさんの神様にご挨拶しました。

来週の今ごろ、バスの運転の仕事で、とある高原に行きます。

下見のために一人でドライブ。

道ばたの神々様の多いこと。

神々様からのプレゼントは、雪と氷に覆われた湖の景色。

菅沼は、雪に覆われていました。



いまは凍っている菅沼だけど、いつか氷も溶ける日が来ることでしょう。

いつか、必ず。





では。
by fujipapa-sas | 2014-04-27 19:43 | 未来 | Comments(0)

神様は見えない。

神様は姿を現さない。

風のように見えず、流れる雲の様に自然で、太陽のようにさりげない。

今日の夕方、小高い山に御参りに行くと、山の木々が風に揺られて答えをくれた。

神様は見えない。

神様は、感じるものだ。

あなたの周りにも、私の周りにも見えない神様が守ってくださっている。

風が教えてくれた。

雨かと思うぐらい、木の実を落としてくれながら…。

小高い山は奇跡の山。

体験した者だけが知っている山。

体験した者も想像出来ないくらいの奇跡が数多く起きている山。

それほどの山なのに、さりげない。




そんな小高い山の神様も見えない。





では。




BGM 『Same ol』 THE HEAVY
by fujipapa-sas | 2014-04-26 23:29 | 悟り | Comments(0)
完璧な人間なんていない。

あこがれや恋愛対象の相手でさえ完璧でない。

なのに、少しだけ嫌なところが見えただけで嫌悪感が大きくなる。

期待感が大きかっただけに(笑)



あなたは完璧なのか?

あなたには嫌がられるところがないのか?



私は、嫌がられるところも、幻滅されるような要因もたくさん持っている(笑)

いままで、何人の方々を幻滅させたことだろう。

だから、相手の嫌な部分が見えたとしても少し考えて受け入れる。

だって、完璧な人間なんていないことを知っているから…。



身近にいる方の嫌いな部分ばかり見ている方は気をつけましょう。

いつの間にか、他の方のいい部分を見ることが出来ない心になっています。

ようは、素直な心が消えて行きます。

そして、素直な者にさえ憎しみを感じ始めます。

嫌なところばかり見ていると、ろくなことにはなりませんし、本来の場所に戻れません。

どうか、いいところを見るようにしてくださいね。






では。
by fujipapa-sas | 2014-04-26 11:52 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心