人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

やっぱ…

やっぱ、すげぇや(笑)

悟りというのは毎日あると思うし、死んだ後にもあると思うけれど、
今回の悟りはシンプルで分かりやすくて的確で優しい言葉だった。

正真正銘の悟りだったのだろう、魔の抵抗がハンパない(笑)

あと少し早かったら大型トラックと…。

あと少し早かったら電車と…。

数時間の間に、これだけの大きな事故の直後に…というのは初めてだ。



いままで、いろいろな悟りがあったけれど、今回はいままでで最高だ。

言葉はね、簡単な一言。

『普通になりなさい。』

これだけ(笑)

でも、この一言が、いまの私を救ってくださった。

迷っていた自分を救ってくださった。

いつも側にいてくださるだけあって的確だ。

ありがたいです。

なにがあっても感謝をし続けて来てよかったと思いました。

全てのことに感謝をして来てよかった。

さて、また明日も感謝をしながら生きよう!

日々の学びが心を育ててくれるから。





では。
by fujipapa-sas | 2013-05-31 23:50 | 悟り | Comments(0)

良い話

心に響くような話や心に沁みるような話は、世の中にたくさんある。


よい話なんて、誰にでも出来る。


なぜ、奥底を見ない?


なぜ、表面だけの笑顔に騙される?


なぜ、聞いてくれてアドバイスされて満足する?


相手のよい話よりも、自分自身を見ないでどうする?


答えは自分自身の中にあるのに…。


その時その場さえよければいいのか?


恩も感謝も過去のことなのか?


苦労を売りにする輩は、それなりでしかない。


自己に溺れたナルシストに騙されるな。


真実を知る者は何も言わない。


いまの自分の不満を解消したいがために、眼を閉じるな。


真実を見ろ!


自分自身を見ろ!


優しい言葉が全て優しいとは限らない。


本当の悪は、闇は、蜜の味より甘い。


よい話に騙されるな。


甘やかす者に気をつけろ!


真実は、答えは自分の中にあり自分で出すものだ。


聞き上手にご注意を(笑)




では。
by fujipapa-sas | 2013-05-30 00:50 | 考え | Comments(0)

継続するということ。

千日行は、いまにしてみれば楽しい日々だった。

終わったから、そのようなことが言えるのかも知れないけれど(笑)

毎日毎日、なにがあっても御参りをする。

なにがキツかったかって、継続するということ。

自分に負けて休んでしまえば、そこで終わる。

昨日までの努力が途絶えてしまう。

途絶えてしまったところで死ぬ訳ではないけれど、

自分に負けたという悔しさを味わうことが嫌だった。

だから、毎日毎日継続して御参りを続けた。

千日行をしても、私には褒美はない。

宗教家の方が達成すれば、いろいろな褒美もあるでしょうけれど…。

でも、見えない褒美はありましたよ(笑)

お金では買えない、たくさんの御褒美が…(笑)

その中でも、継続は力なりの『力』が凄かった!(笑)

まぁ、内緒ですけれど(笑)

みなさんも、なにか継続されるといいですよ。

見えないものや見えるものの御褒美が、必ずありますから…。

そして、継続している方は、素晴らしい顔をしています。

機会がありましたらば、この映像を検索して見てください。

『アクエリアスNEW YOUキャンペーン『泳げるようになりたい』篇フルストーリー』


誰もが出来るようなことでも、やるかやらないかで人生は変わる。

面倒だから、いつかやるから、やろうと思っているんだけれど…。などなど(笑)

やらなければ人生は変わらない。

継続出来なければ、意味も浮かばない。

継続するということは、実は、もの凄く大変なのです。





さぁ、笑顔で頑張ろう!



では。
by fujipapa-sas | 2013-05-29 22:40 | 考え | Comments(0)

拍手喝采!

今日の昼休みのこと。

裏の庭の樫の木の下でパンを食べようと、木の陰の下へ座り込む。

パンを一口食べたところで、私の左側に木の上から何かが落ちた。

「ん?」と思った瞬間に「ありがとう!」の言葉が出た。

そういう「ありがとう!」の時は「お知らせ」の時(笑)

ちょっと考えたら閃いた!

その落ちた部分の方が、日陰が濃い場所だった。

そう、「こっちへ来れば?」の合図だった(笑)




ここ最近、山へお参りに行くと、木々の葉っぱの音が優しい。

みなが、拍手をしてくれる。

私には、その意味が解るから、とてもうれしい。



今日の樫の木の出来事は、みなさまが側にいるというサインでもあった。

いままでは、ここまでは解らなかったので、とてもうれしい。

さて、今日も参りますかな?

今夜は、パン屋のおばさんも一緒かな?(笑)

では。
by fujipapa-sas | 2013-05-24 21:07 | 自然 | Comments(0)

クリームパン

幼稚園児の頃、母の従兄弟の経営するパン屋さんへ遊びに行くのが好きだった。

パンをビニール袋に入れる古い機械を見るのが好きだった。

できたてのパンが、流れながら袋に入る様が面白かった。

おじさんも、おばさんも、私には笑顔で接してくれた。

おじさんは30年ぐらい前に急死してしまって、パン屋も閉店。

おばさんとは、会う機会も減ったが、会えばお小遣いをくれたっけ(笑)



2週間前ぐらいに、パン屋のおばさんのことを思い出した。

なんとなく、死んじゃうのかな?なんて縁起の悪いことを考えた。

さっき、母から電話があった。

パン屋のおばさんが亡くなったそうだ。

おばさん、いろいろとありがとうございました。

おばさんも好き嫌いがはっきりしていたけれど、私には優しかったですね(笑)

弟二人の名前は忘れていたけれど、私の名前は覚えていてくれた。

おばさん、ありがとう。

今日の仕事帰りに、近くのパン屋に行ったよ。

おばさんちのクリームパンと似ている店さ。

でもね、売り切れてた。

だから、そばにあったジャムパンを買ったよ。

そしたら、それも似ていたよ。

でも、やっぱり、おばさんちのパンの方が美味しいや(笑)

あのクリームパン、もう一度食べたかったな。

私が、そっちに行くまでに、おじさんと作って待っててね(笑)

おばさん、ありがとう。

そして、しばらくさようなら…。

ありがとう、ありがとう。





合掌。






では。
by fujipapa-sas | 2013-05-22 19:47 | 感謝 | Comments(0)

鬱が改善されました。

ある方からの相談を受けました。

この一年、軽い鬱で眠れなくて仕方が無いと。

安定剤を服用しても眠れなくて困っていると。

もう限界なので、精神科に行こうかと。

なので、いろいろアドバイス。

その方は、私の得意な「そういう」関係は信じない方。

小高い山も信じていなかった。

なので、自分のペースで小高い山を歩くことを進めました。

きっと限界だったのでしょう、少しずつ登り始めました。



あれから一ヶ月、昨日御会いしましたら笑顔でした。

とにかく元気で、小高い山の素晴らしさを話すこと話すこと(笑)

鬱の改善は、自然の中で散歩をするのが一番いいですね。

ただ、その散歩の場所選びは大切です。

逆に悪くなることもありますからね。

木々の緑が綺麗で、空気の澄んだ場所がおすすめです。




では。
by fujipapa-sas | 2013-05-20 19:58 | 自然 | Comments(0)

品格

最近、品格を考えるようになった(笑)

以前の私には無縁な品格(笑)

でもね、知り合いの方には信じてもらえないかも知れませんが、

私、自宅では一言も下ネタは言いません(笑)

子供が生まれた時から、ずーっとです。

長男は高校3年生に、娘は中学校2年になりましたが言いませんよ(笑)

信じられないでしょ?(笑)

なので、自分が頑張れば、品格も得られるようになるかもね(笑)

ふさわしい者にならねば…。




では。
by fujipapa-sas | 2013-05-20 19:50 | 悟り | Comments(0)

最近、老眼がひどくなって困っている(笑)

でも、ほどよい老いを感じ始めた事に幸せを感じる。




心の眼は、いままで以上に見え始めた。

今朝も、予感がして的中して切なくなって…。

心の眼は、澄んだように物事が見えるように…。

千里とは言わないが、30里ぐらいは見えるかな?(笑)

笑っている場合じゃない。

何かが変わり始めている。

もっとしっかりせねば。




◯◯様へ

この秋、ご一緒に仕事ができる事を楽しみにしておりました。
念願の勤務が決定し、さぞ嬉しかったことと思います。
実際には、夢叶わずで悔しい事とは思いますが、どうか安らかに御休みください。
明日、上司と共に、通夜に参列させていただきます。
お疲れさまでした。
ありがとうございました。
合掌。




心眼、…。



では。
by fujipapa-sas | 2013-05-16 23:35 | 感覚 | Comments(0)
見えるのなら、

解るのなら、

助けたいなら、







なにも言わず、自分自身で考えさせよ。

それが本物だと、私は思う。

あなたは、どう思われますか?





ちなみに、私は偽物です(笑)

では。
by fujipapa-sas | 2013-05-15 00:12 | 考え | Comments(0)

魔(不運)の避け方。

魔は常に側に居る。

私などは、周りにうじゃうじゃと人並み以上にいます(笑)

でも、なんとか避けられています。

なぜか?

なにがあっても笑顔でいるから(笑)

まぁ、最近になって笑顔でいられるのですがね(笑)

そうなるには、心からの感謝が必要です。

魔は、なにをしても笑顔でいる者は嫌いです(笑)

不運だと思ったら、その出来事を分析して笑えるように感謝しましょう!

過去と今と未来の分析をすれば答えは出ます。

その出来事の意味を考えましょう!

怒りや憎しみや恨みを持っていては、魔の思うつぼです。

嫌なことがあって笑顔になれない時は、つぼにハマっている証拠です(笑)

さて、いつ笑顔になる日が来るのでしょうか?

考え過ぎてもダメですからね(笑)

シンプルに考えましょう!




では。
by fujipapa-sas | 2013-05-14 18:24 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心