人気ブログランキング |

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

太陽の光と風と月の光



今年の春頃からの変化に気づかれている方もいることでしょう。


太陽の光と風と月の光が変わったことを…。


元旦の月の光の意味が、段々と現実味を帯びて来ました。


そして、最近感じるのですが、太陽の光が神聖な感じに降り注いでいます。


太陽の光が、白い筋状になって見えるのです。


なんというのか、穢(けがれ)を清めるように光が差すのです。


そのせいか、去年よりも紫外線が強い気がします。


風は、芯が冷えていて生き物の熱を奪う様な感じがします。


まるで、身を引き締めろと言わんばかりの冷え方です。


月の光は、以前よりも淡く光り輝いています。


全てを照らさずに隠すかの様に、気づかれない様に輝いているようです。


私の感覚と思考がおかしいのかも知れません。


でも、同じ様に感じている方がいるような気がしたので書きました。


おかしなヤツだと思われても構いません。


でも、そう思うのでしたら、晴れた日に10分間、日光浴をして下さい。


そうすれば、光の変化に気づくはずです。


植物でさえも枯れてしまうかのような、あの光を…。


今年の夏は、風と太陽が交互に季節感を無くす様な夏になりそうです…。
by fujipapa-sas | 2010-05-31 00:44 | 考え | Comments(0)

頑張るということは


頑張るという、『気持ち』『行為』『行動』は、


『生きているということの確認』だと思う。


『生きている。』からこそ、頑張れるのだ。


生きている実感があれば、頑張れる。


人は、生きているのだ。


さぁ、頑張ろう!


生きていることに感謝しながら…。
by fujipapa-sas | 2010-05-30 19:26 | 考え | Comments(0)

回転木馬



いろんなことが見えて来ると、いろんな想いが廻り出す。


深く深く潜るたび、善と悪とが渦巻いて、私の想いを惑わせる。


助けることが最善か、見放すことが最良か、救う想いは奢りなり。


廻り回って回転木馬。


光れば少しは綺麗だろうに…。


古き木馬はカタコトと、静かに廻るよ回転木馬…。


己の想いは廻らずに、ただただ廻るよ回転木馬…。


白い木馬にあこがれて、ただただ廻るよ我が木馬。


光り輝くあの空に、飛び立つ夢見て回ってる。


いつまで廻るの回転木馬…。


いつか飛び立て、我が木馬…。


羽を広げて回転木馬。
by fujipapa-sas | 2010-05-29 16:52 | 感覚 | Comments(0)

本当の答えは…


世の中の人々は、全ての答えを知りたがる。

好奇心が強いことは悪くないが、過程よりも答えを重視する傾向にある。

あのこと、このこと、そんなこと…と、いろいろな答えを知りたがる。

そして、答えを出したがる。



答えは、それほどまでに重要なのか?

どうしても知らないといけないのか?

答えが全てなのか?

そんなに、白黒はっきりさせたいのか?

嘘をついても?

相手を騙しても?

どんな手を使っても?

答えを知りたいのか?

答えを作りたいのか?

答えが無いと死ぬのか?



本当の答えを知りたいですか?

全てのパズルが合わさる様な、素晴らしくて完璧な答えが知りたいですか?

お教えしましょうか?

私は28年前に、本当の答えが何処にあるのかを知りました。

あっ!いつも言っている、感謝とかじゃないですよ(笑)

本当に知りたいですか?(笑)

私は、その答えを知っているので、
ここ何年かの出来事に対しても黙っているのです。

では、お教えしましょう!

って、言いたい所ですが(笑)

いつか必ず、誰にでも本当の答えは出ますから、

安心して生きて行って下さいませ。



ちなみに、この答えが解った方は、これからも強く生きられますよ♪

薬やカウンセリングよりも効き目ありかも知れません(笑)

では、また…。
by fujipapa-sas | 2010-05-25 22:23 | 考え | Comments(0)

天からのプレゼント



昨日の夜のことです。

空を、ふと見上げたら…








e0142809_2114122.jpg










ありがとうございました。

※画像は、拾い物です。
勝手に使わせて頂き申し訳ありません。お許しください。
by fujipapa-sas | 2010-05-17 21:16 | 写真 | Comments(0)

大切に生きなさい。


『大切に生きなさい。』


今日、空を見上げていたら思い浮かびました。

その意味は、全てを大切にして、生きて行きなさいということです。

皆様も、その意味を考えて頂けましたら幸いです。

本当は、三行目の後に、
いろいろなことを書いたのですが、ここまでにしました(笑)

私は、その意味を感じた時に、幸せが溢れて来ました。

ありがたいことです。

皆様にも幸せが訪れますように…。
by fujipapa-sas | 2010-05-17 19:12 | 千日行 | Comments(0)

奇跡を信じるのだ。


奇跡を信じるのだ。

奇跡は誰にでも起こる。


だが、奇跡は突然に起こる訳ではない。

起こるまでには、流れがあるのだ。


願うだけでは奇跡は起きない。

思うだけでは奇跡は起きない。


どうすればいいのか?


感謝の気持ちと、素直な心が必要なのだ。




生きているだけで奇跡。

過去に必ず奇跡は起きている。

それを思い出せば、軌跡は導きやすい。

自分に起きた奇跡を思い出せばいい。

そうすれば、奇跡は起きる。

どんな苦難にも、奇跡という道が開けるはずだから…。





あなたの奇跡を思い出すのだ…。







奇跡は必ず起こる。







奇跡を信じるのだ。
by fujipapa-sas | 2010-05-14 10:13 | 自然 | Comments(0)

親はダム


今回の話は、解る方だけの話です。


先生が昔、こんな話をしてくれました。

『親は、ダムの役割をしているのだ。』

先祖代々の業というものを、
生きている者がダムとなって塞き止めているのだそうです。

親や祖父や祖母など、生きている者が塞き止めていてくれるから、

子には流れず、安心して成長するのだそうです。



でも、その人その人で、ダムの大きさは違います。

生き方で、ダムの大きさが変わって来るのです。

大きなダムだとしても、
ヒビが入っていたら漏れてしまいますし意味がありません。

小さなダムでは、子供にも色々な災いが降り掛かります。



大きなダムにするにはどうしたらいいのでしょうか?

感謝です。

どんなことにも、どんな人にも感謝です。

そのことによってダムは大きくなります。

他人を恨んだり憎んだり、物に当たり散らしたりしてはいけません。

その意味を考えて感謝してください。

そうすれば、必ず大きなダムになれることでしょう。



親は、子供のダムなのです。




今回は、解る方には解るお話でした(笑)
by fujipapa-sas | 2010-05-11 00:20 | 教え | Comments(0)

奥深く


自分自身の変化には、あまり気づかない方なのですが、

この何日かは、自分の変化に気づく様になりました。


うっすらとなのですが、奥深くまで見える様になって来たのです。

相手の方の心の奥深くとか、近い将来とか…。


でも、うっすらです(笑)

なので、相手の方にはサトラレないように黙っています。

アドバイスをして、よい方向に向かうということが解っていても黙っています。

もう、簡単に近道は教えませんよ(笑)

そうなったことに気づかない限り、私がアドバイスをしても意味が無いからです。

もしアドバイスをしたとしても最終的に、また私が悪者になりますからね(笑)

アドバイスは難しいのです(笑)

覚悟がいるのです。

人を助ける時は、悪者になることも覚悟して助けなければいけません。

助けてあげるのだから感謝されるだろう…という考えは甘いです。

悪者になったとしても、相手の方が幸せになってくれればいいと…。

人を助けるということは、そういうことなのです。

奥深く、見えれば見えるほど、そう思うのです。


奥深く 見えるからこそ 見守りし
by fujipapa-sas | 2010-05-09 01:11 | 感覚 | Comments(0)

極楽浄土



この世は極楽浄土。





e0142809_1694939.jpg









視線を変えるだけで極楽浄土。





e0142809_16104455.jpg








地獄と思えば、そりゃ地獄。







e0142809_1611462.jpg









極楽と思えば、心も安らぐ、この地獄。







e0142809_16124147.jpg











この世で極楽浄土を探すから見つからないのだ。

見つけなくてもよいのだ。

我々は、極楽浄土に住んでいるのだから…。

探すから、見つからないのだ…。




BGM…平和の琉歌
by fujipapa-sas | 2010-05-05 16:16 | 写真 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心