人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

千日行と先生

2007年5月31日から、2010年2月23日までの毎日、
地元の小高い山の上にある神社へ、お参りさせて頂きました。

その神社は、約800年前からお祀りされています。

私が大変お世話になった、高名な行者の先生曰く、
「出羽三山に匹敵する山だ。」とのことです。
でも、地元は元より、神社の神主さんや氏子さんも、そんなに凄い山とは知りません。
先生曰く、「なぜ、地元の人はお参りをしないのか?」と言われていました。

ここで、先生の話を少し。
先生は、若い頃は有名な新聞社のカメラマンをされていました。
ある時、幼い息子さんが病気になられ、転院をすることが決まった時に
不安になった奥様が、近所で方位を見て下さる有名な方に相談に行ったそうです。
すると、「転院すると亡くなることになりますよ。」と言われ、それを先生に言うと
「そんな話は信じない。医者が転院した方がいいというのだから、それでいい。」と
まったく話を聞き入れなかったそうです。

そして数日後、息子さんは亡くなられてしまいました。

先生は不思議に思ったそうです。
方位などというものは、なんなんだと…。
息子さんのことも、かなり後悔されたようです。
言うことを聞いていれば助かったのではないかと…。

そこから先生は猛勉強をして、いろいろなことを会得されました。
そして、宗教とは全て同じで宗派などは関係ないと言っていました。
そんな先生の、こんなエピソードがあります。

先生は、ご自宅で相談者の方を見ていたのですが(会員制)
相談者の見料の税金が高く、生活が苦しかったので、宗教法人にしようと役所を訪ねると
役所の受付の方が、「宗派は何派になられますか?」と言われ、
あまりの馬鹿らしさに「宗教に宗派などない!」と立腹し帰って来てしまったそうです(笑)
随分前の話だそうですが、あの世のことに詳しい先生らしいエピソードでした。

そんな先生はとても頑固で厳しい先生でしたが、仏様のように優しい先生でもありました。
先生に関する話は、他にも数々ありますが、時間の都合もありますのでこの辺にしますが、
(もう少し続きますが…(笑))
先生の話を書いた訳を考えて頂けるとありがたいです。
最近流行の霊能者の皆様とは、考え方も生き方も少し違うということです…。

山の凄さを知った時の話です。
そんな先生が、ある時、私の父に、
「地元にこういう山がありますか?」と聞かれたそうです。
父が「ありますが、なぜ知っているのですか?」と聞くと、
「今日、私の前に天狗様が現れ、ここにおると話されたので、あなたに聞きました。」と…。
それで、「その山に連れて行って欲しいのですが、お願い出来ますか?」
と言われたそうです。

今から30年前ぐらいだったと思います。
パソコンや情報誌など無い時代の話です(笑)
父はビックリして、先生が訪れる為の段取りをしたそうです。
その時の先生は70歳手前だったので、
父は山へ登るのは大変じゃないかと思っていたそうです。
でも、いざ山に訪れた時には、そんな心配をよそに、
すいすいと登られてビックリだったと…(笑)
山登りを若い頃からしていた父が驚くぐらいですから、凄かったのでしょう(笑)
後日わかったことなのですが、先生は以前「天狗行」なる行をしていたそうです。
ならば、小高い山など楽な訳です(笑)

先生が、小高い山の上の神社に到着すると、すぐに神社の横の木の下にお辞儀をされ、
そちらに、先日現れた天狗様が居られると言われたそうです。
(ちなみに、その何年も後に何人かの霊感の強い知り合いが登りましたが、
皆さん、教えていないのに、そちらの方向を見て「天狗様がいる!」と言っていました。)

そして「この天狗様の居られるこの山は出羽三山に匹敵する程の山ですよ。」と言われ、
「なぜ、皆さんは麓に住んでおられるのにお参りに来ないのですか?」と怒られたそうです。
先生曰く、「とにかく凄い山です。」と感動されていたそうです。
この言葉は、霊感の強い人が登られると、皆さん、必ず同じようなことを言われます(笑)

そんな小高い山なのです(笑)

その小高い山を千日の間、登らせて頂きました。
とても素晴らしい経験をさせて頂きました。
本当は、急性喉頭蓋炎で死ぬはずだった私…。
幼い頃から、なぜか小高い山が大好きで、18歳から20歳までは
毎日のようにバイクで頂上の駐車場まで走っていた私…。
(いまは通行止めでバイクやクルマは乗り入れ出来ません。)
なにか縁があったのだと、千日が終わり、しみじみと感じています。

今回のこの千日行は、私の命を助けて頂いたお礼の意味もありました。
そして、最初の一歩は知り合いのお母さんを助けるために登りましたが、
残念ながら、登り初めて10日程でお亡くなりになられてしまいました。
助からないことは解っていましたが、どうしても長生きしてほしくて…。
その後に、そのお礼と、自分のお礼も込めてお参りしました。
千日は、とても長くて短い年月でした。
前厄・本厄・後厄と、タイミングのいい時期でもあったので、
それはそれは大変なこともありましたが、今では全ての出来事に感謝しています。

いろいろなことがあり、少しは成長出来ることが出来ました。
これも、先生の最後の言霊があったからです。
先生がお亡くなりになられた時に、私の家の家族や親戚には一人ひとりに
形見分けがありましたが、私にはありませんでした。
でも、亡くなる2ヶ月ぐらい前に仕事の相談で電話をすると、お弟子さんの電話を取り、
「いろいろあると思うが、頑張りなさい。」とおっしゃってくださいました。
いままで、一度も電話に出たことが無かったのに…。
先生は私に、形見という物ではなくて、言霊という形見を下さったのです。

千日の中で、私は何度も辛いことがありましたが、山に登ることは辛くありませんでした。
今だから言えますが、山で捻挫してしまい医者に行くとギブスをされる程の捻挫でした。
杖をついて3時間もかけて登り、親や妻からも止めるように言われたこともありました。
そんな時でも先生の言われた「頑張りなさい。」を思い出して登っていました。

私は、今まで生きて来たなかで、これほど長い期間のことをやりとげたことはありません。
よくて三日坊主です(笑)
なので、なぜ、こんなにも長い間お参り出来たのか自分でも解りませんが、
きっと、いろいろな方々が支えてくださったからだと思っています。

それは、小高い山の天狗様に山の様々な神様と仏様、
ご先祖様や実家の水神様など様々な皆様や、
大雄山の皆様、(小高い山の尾根伝いに300年前に分詞されています。)
そして、一緒に登ってくれた仲間や知り合いの皆様、身内や家族の協力があったからだと、
本当に、心の底から感謝しております。
ありがとうございました。

文章が長くなってしまいましたが、
こちらを読んで下さっている皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

それでは、長文乱文になってしまい申し訳ありませんでしたが
残りわずかな時を宜しくお願い致します。
ありがとうございました。




追伸
あまり書きたくないのですが、参考までに…。
先生は、我国の世界でも有名な方の結婚式の日取りを決めた方でもあります。
信じるか信じないかは、あなた次第です!(笑)
by fujipapa-sas | 2010-02-25 16:25 | 千日行 | Comments(0)

人生は化合物だ。


人生は化合物のようなものだと思う。


生きていると、いろいろな経験をする。


その経験が融合されて、ひとつの答えとなる。


水素と酸素が合わさって水になるように…。


経験という原子が、人生にとってよい化合物になるかならないかは自分次第。


嫌な経験も辛いことも、よい原子と合わさればよい化合物になる。


自分自身が、よい原子であれば素晴らしい化合物になるのだ。


人生は、自分次第で、どうにでもなる(笑)


素晴らしく素敵な人生にしましょう!
by fujipapa-sas | 2010-02-24 11:14 | 考え | Comments(0)

ゼロ

ありがとうございました。

見守って下さった皆様、本当にありがとうございました。

おかげさまで、本日無事に千日行を終えることが出来ました。

ありがとうございました。

本日の早朝にお参りした後、大雄山へお参りに行きました。

その時の写真を貼らせて頂きます。

e0142809_2212695.jpg




e0142809_221558.jpg




e0142809_2223686.jpg



さて、千日行の感想ですが、普通です(笑)
実に普通(笑)
って、言っても信じてもらえないかな?(笑)
まぁ、ジョジョに変化があるのだと思いますが、こんなことは感じました。

千日行と聞くと凄そうに感じますが、
実は誰もが千日行をしているということです。
毎日食事をするのも千日行だし、お風呂に入るのも千日行だし、
仕事や勉強に読書に掃除に洗濯に寝ることも千日行だし、
笑うことや悩むこと、苦しいことや楽しいことも千日行ということです(笑)

ようは、我々は生きながらにして誰もが『行』をしているということなのです。

そう!毎日が『行』なのです。

おわかりになられますでしょうか?

だから、私のした千日行など、大したことなどないのです。

今日で『ゼロ』になったような気がしました。
千日行をすることによって色々な意味で『ゼロ』になったのです。
新たな人生が始まった気がしました。
千日行を終えたことよりも、『これから』が大変なんだと思います。
千日行の重みは想像以上だと感じましたので、本当の勝負はこれからです。
自分自身を見つめて頑張って行こうと思います。

それでは、本日はこの辺で…。
さすがに疲れました(笑)

後日、どういう内容の千日行だったのか書き込みますね♪

それでは、見守って下さった皆様、本当にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

ありがとうございました!

では♪
by fujipapa-sas | 2010-02-23 22:33 | 写真 | Comments(0)

いうことはない



『いうことはない。』


このブログも、そろそろ終わりになります。

いろんなことを書こうと思いました。

でも、書いては消しての毎日です(笑)

少しでも、なにかお役に立てたらと思い書き込もうとするのですが…。



人の悩みや苦しみは、最終的には誰も助けることは出来ません。

それは、たとえ神様仏様でもです。

無常かも知れませんが、それが現実なのです。

では、どうすればいいのか?

それは、自分自身で自分自身を見つめて、その出来事に感謝することです。

「なぜ?」 「どうして?」 「なんでだろう?」と、よく考えることが大切なのです。

その答えが、自分自身を助けるのです。


それから、身近にいる方でプラス思考の方の考え方を参考にするのです。

あの人なら、どう考えるだろう?とか、どうするだろう?と…。

そうすると、案外よい答えが出る物です(笑)



『いうことはない。』

なにも言わなくとも、答えというのは自然に出る物なのです。

そして、その答えは他人に導いてもらうより自分で出す方がいいのです。

それに、親切心を出してアドバイスしてあげたとしても、

それがいいとは限らないですしね(笑)

いうことによって、流れが変わってしまい、その方の為にならない場合もありますから…。



『いうことはない。』

以前の自分では思い浮かばない言葉…。

その意味が、いまは物凄く解る自分がいます。

だから、いえないのです。



ここを訪ねてくださった皆様へ

このブログは、少しはお役に立てましたでしょうか?

訳のわからない記事ばかりで申し訳ありませんでした(笑)

でも、いつか、その言葉の意味を理解して下さる日が来ると思います。

その時には、私を思い出して頂けたらありがたいです。

ここも、あと一週間あまりとなりましたが、いえるところまでいいますので

どうぞ最後まで宜しくお願い致します。




それでは、また♪
by fujipapa-sas | 2010-02-20 11:45 | 千日行 | Comments(0)

おこること




『おこることはない。』



下の文章を書いた後に浮かびました。


「おこることはない」は、「怒ることはない」と、「起こる事はない」と考えました。


怒るということをすると、自分自身に悪いことが起こるのだそうです。


すごく、納得しました(笑)


怒ること、恨むこと、憎むこと…そういうことが悪いことを起こすのですね。


気をつけなければ…(笑)




あの時の、どんぐりの意味、余計に納得です(笑)
(どんぐりの意味は書き込めませんので、知りたい方は…(笑))


ではでは♪
by fujipapa-sas | 2010-02-17 12:41 | 千日行 | Comments(0)

よくなることは



よくなることはむずかしい。


人生も、人柄も、よくなることは難しいのだ。


よくなろう!よくしよう!と思っていても、なかなか難しいものだ。


いい方向へ向いたと思ったとたんに悪いことが起きてしまったりする。


なぜだと思いますか?(笑)


それは、思いが中途半端だから。


中途半端な人ほど、流れは悪い方向へ行く。


中途半端な人ほど、「なんで私だけ!」とか考える(笑)


そんな考え方では、よくはならない。


じゃあ、どうすればいいのか?


どんな出来事にも、どんな事柄にも感謝をすることです。


すると、嫌な出来事が無くなって行きます。


嫌なことには意味があります。


だから、「なぜだろう?」と素直に考えて反省し、感謝するのです。


よくする為に、神様も仏様も関係ありません。


自分自身なのです。


よく、神社やお寺でお願い事をして、叶わないと怒る方がいます(笑)


そういう方のことは、神様も仏様も最初から解っています(笑)


だから、叶わないのです。


神様も仏様も大切です。


でも、それ以上に自分の思いが大切なのです。


自分自身の行動や考えを変えない限り人生は変わりません。


「あんたなんかに…。」と、私のことを責める方もいらっしゃるかも知れませんが、


もし、そういうことを考えられるのなら、そういう考えがいけないのです。


その証拠に、あなたの人生は素晴らしいと胸を張って言えますか?


いまの私は、堂々と胸を張って言えます!


なぜなら、生かされている意味を知り、感謝の気持ちに満たされているからです。


これを読まれている方にも感じて欲しいぐらい幸せです(笑)


よい人生になりたい方、人柄になりたい方は、是非とも自分自身を見つめ感謝して下さい。


神様や仏様は自分自身の中にもいらっしゃるのですから…。
(その証拠に、人の内面を精神と表現しますよね?、そういうことです(笑))


あっ!それから悪いことが起きたら、
それは、よい方向に向かう為の試験だと思ってくださいね(笑)


文章が長くなりました(笑)


この後も書き込もうと思いましたが、この後はご自身でお考え下さいませ♪


長文・乱文お許し下さい。


ではでは。
by fujipapa-sas | 2010-02-17 12:12 | 考え | Comments(0)

And you


『And you』


寂しい夜だけに
涙が止まらない曲は
心の中に そっとしまって
一人で お酒を


寂しい時だけに
誰かが 涙流してる
寂しさ海に捨てたままで
くずれて消えた


口笛口ずさんで
歩いた浜辺は THE END
君の面影(かげ)は もうないけれど
Good Bye 寂しいね


煌(きら)めく眼差しは
彼女が捨てた物語
声にもならず抱いたままで
溜め息 ついた



さよなら口に出して
歩いた街角 THE END
君の温もり もうないけれど
Good Bye  切ないね


時女紅(ときめく)想い出は
誰もがもっているけれど
口には出さず そっとしまって
涙を流す


初めて出会って And you
思い出にうずもれて
素敵な夜さ Ah〜
悲しげ And you
涙ふいて And you




レコードの歌詞です(笑)
私が18歳の時に作詞しました。
この曲は、私にしては珍しく、曲先(きょくせん)でした。
ギターの作曲したメロディに歌詞をつけたものです。
譜面が読めないので、ギターがラジカセで、フンフンとかラララとメロを入れて
それに合わせて歌詞をはめていきました(笑)
難しい作業と思っていましたが、
2時間で完成してしまいビックリしたのを憶えています(笑)

いつか機会があったら歌声をと思っていましたが、
ここも、あと2週間ほどで終わりますので、あえて書き込みました。
歌詞だけでは伝わり難いかも知れませんが、お許しくださいませ。

にしても、酒も飲めないガキが…って思ってしまいます(笑)
ませガキでした(笑)

いい思い出です…。
by fujipapa-sas | 2010-02-12 23:15 | 過去 | Comments(0)

自分に勝て!


先日、中2になる息子に話したことです。


「他人に勝つと思うな。自分自身に勝て!」


若い頃の私もそうでした。
同級生や同僚などに少しでもいいから勝ちたい、超えたいと思ったことがあります。
でも、ある時に気づいたのです。

どんなに勝ちたいと思っても、条件が違うのだと…。
生まれて来た家も環境も肉体も全て違うのだと…。
その一つ一つのどれをとっても、同じ条件などないのです。
それは、同じ家に住む兄弟でも違うのです。
同じ条件の人間など、世界中を探してもいないのです。
きっと、過去や未来を探しても同じ人間はいないでしょう。

私は、あなたは、この世で一人だけなのです。

ですから、他人と同じような実力がある訳では無いのです。

ということは、勝てないこともあるのです(笑)
能力は人それぞれ。
勝とうと思っても勝てなくて当たり前(笑)
だとしたら、その人に近づこうと一生懸命に努力をすればいいのです。
条件が違うからと諦めるのではなく、自力で近づけるまで頑張ればいいのです。
相手を抜くことは出来ないかも知れません。
でも、自分自身を高める為にも、その方を目標にして頑張ればいいのです。

条件が違う…だからこそ、頑張りがいがあるのです。
あなたが、あなたの為にあなたの能力をフルに引き出してあげればいいのです。
条件が違うのでキツイこと辛いことも多いでしょう。
でも、勝とうと思わなければ、きっと近づけると思うのです。

条件は人それぞれ。
勝った負けたなんてどうでもいい(笑)
相手のいいところを参考に、それを自分なりに吸収すればいい。
ただ、その道のりはキツイかも知れません。
だから、相手ではなく、自分に勝たなければいけないのです。
自分自身の弱点は、自分自身が一番解っているのですから…。




今日の言霊(ひさしぶり!)
「自分自身を見つめていれば、相手が見えて許すことが出来る。」


なにげに、他人から見たら、あなたの方が凄かったりするものです(笑)
by fujipapa-sas | 2010-02-10 15:25 | 考え | Comments(0)

動き

  

どんなに辛いことでも、それが永遠に続くことはない。


必ずいつかは動きがある。


早く逃げたいからといって、焦ることはしない方がいい。


逃げれば逃げるほど深みにはまる。


その出来事に感謝していれば、いつか必ず良い方向に動き出す。


人生とは必ず動くものなのだ。





感謝が人生を良い方向へ導く。


焦らず急がず感謝感謝♪
by fujipapa-sas | 2010-02-10 12:45 | 考え | Comments(0)

エネルギー



おかしな人だと思われるかも知れません(笑)


おかしくなったと思われるかも知れません(笑)


どう思われても構いません。


ありのままにが私の生きかた…(笑)




最近、なにを触ってもエネルギーの様な物を感じるようになりました。


常にではないのですが、先ほどはメモ用紙に、いまはキーボードに…(笑)


なんていうのでしょうか、温かさを感じるのです。


お風呂に入っていればお湯の分子一つ一つに…。


食事をすれば食べ物や器や箸に…。


それはそれは書き込むのが大変なほどの様々な物に…(笑)





思うのです。


全ての物に命があるということを…。


この感覚は、いままでにない幸せな感覚を私に与えてくれます。


私は、全ての命の中で生かされています。


ほんとうに、ありがたい毎日です(笑)


この感覚を大切に生きてゆこうと考えています。


たとえ、誰に何を言われようと…(笑)
by fujipapa-sas | 2010-02-09 10:16 | 感覚 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心