カテゴリ:こころ( 38 )

優しい人

本当に優しい人って、そんなにいないよ。

優しいっていう基準は人それぞれだと思うけれど、

本当に優しい人って、本当に少ないと思う。

そして、本当に優しい人って、普通の感覚では見つからないと思う。

だから、見つけたら宝くじに当たるよりも大変なことだと思って大切に、内緒にね(笑)



私は、一人だけ知っています。

でも、内緒です(笑)

けど、誰もが知っている人です。

ただ、誰もが、その方のエピソードを知っている訳ではありません。

その方も、戯(おど)けていますからね(笑)



では。
by fujipapa-sas | 2015-11-26 00:57 | こころ | Comments(0)

おめでとう。

今日は、あなたの誕生日。

おめでとう、おめでとう。

今日も、あなたの誕生日。

おめでとう、おめでとう。

毎日が新しく生まれ変わった誕生日、おめでとう、おめでとう。

私は毎日、あなたを思いながらつぶやくよ、おめでとう、おめでとう。

あなたは、私は、毎日生まれ変わる、おめでとう、ありがとう。

大切なあなたが幸せであるように、おめでとうありがとう。



あなたは毎日生まれ変われる。

新しい毎日に、毎日新しいあなた、おめでとうおめでとう。

今日は大切なあなたの誕生日、おめでとうありがとう。

私は毎日願う。

あなたが幸せでありますようにと、おめでとうありとう。

いつまでもいついつまでも幸せでありますように…。



おめでとうありがとう♡



そう、毎日が誕生日だと思えばいい。

昨日のことは昔のこと、昔の考えだ。

眼が覚めたら、新しい自分がいるんだ。

毎日、生まれ変われ!

おめでとう、毎日に、おめでとう。




では。


いつまでも、いついつまでも…。


おめでとう。
by fujipapa-sas | 2015-11-21 00:17 | こころ | Comments(0)

正直に

あなたに伝えよう。

『正直に生きればいいと思うよ。』

その意味を、あなた自身が理解してくださればいい。



明日には死んでいるかも知れないのだ。

少しぐらい正直に生きても、いいのではないのかな?

我慢は身体に毒だ(笑)





では。
by fujipapa-sas | 2015-11-08 00:14 | こころ | Comments(2)

空を見上げよう。

疲れたら、空を見上げよう。

青い空を、

輝く星を、

流れる雲を、

暖かな太陽を、

静かに輝く月を見上げよう。



あなたのことを心配しているあの人も、きっと見上げているよ…。

同じ空を見上げているよ…。

心静かに、空を見上げてみよう…。






では。
by fujipapa-sas | 2015-11-06 00:02 | こころ | Comments(0)

バァちゃんは天皇陛下。

10年前に、あと2週間で99歳になるとこで死んじゃったバァちゃん。

死に際の最後の言葉が『ありがとうね。』

私が生まれてから一度も怒ったところを見たところがなかったバァちゃん。

そんなバァちゃんが泣き言を言っていたときの話。


90歳ぐらいのとき、それまで続けていたタバコと毎日の飲酒を止めた。
すると、やっぱり弱気になったのか、こんなことを言うようになった。

「私は生きている意味があるのだろうか?」
「明日には死んでいるのではないか?」と、私が実家を訪ねる度に問いかけられた。

私は、こう答えた。

「バァちゃんさ、俺も今日の帰りに死んでしまうかも知れないんだぜ(笑)
死ぬことは誰にでもあって、年の順じゃないんだ。だから、心配するなよ。
それに、バァちゃんが生きている意味はあるんだぜ。俺ら孫からしたら天皇陛下みたいなもんだ。」

「毎日、テレビを視て食事してトイレに入って、日向ぼっこして、それが仕事だ!
元気でいてくれてニコニコしているだけで、それだけでいいんだ。
バァちゃんが元気ならば、俺らも嬉しいし、頑張って生きて行ける。
バァちゃんは天皇陛下と同じで、生きていてくださるだけでいいんだよ。
バァちゃんは、天皇陛下と同じで偉いんだぞ!(笑)」

「それにさ、死にたいなんて考えるなよ(笑)世の中には生きたくても生きられない人もいるんだ。
そういう方々に失礼だし、いずれ死ぬんだ。気楽に待ってりゃいいじゃん。
俺だって死ぬのは怖いけれど、そればかり考えていたら毎日が苦痛だ(笑)
朝起きたら、今日も生きていたと感謝をして死ぬ準備をすればいいだけのこと。
バァちゃんが毎日、いろいろなことに『ありがとう。』と言っていることを続ければいい。
バァちゃんは明日死んでいるかも知れない。でも、俺も死んでるかも知れない。
『死ぬ』ってことは、そういうことさ(笑)だから、弱気になるなって(笑)」


バァちゃんは亡くなる数日前から腹部の痛みを訴えていて、前日に私が車で病院に連れて行き、
車から抱きかかえてストレッチャーへ乗せた。初めてのお姫様抱っこ…。

ボケてもいなくて自分で身の回りのことが出来ていたバァちゃんだったから、
抱っこしたら「そんなことしないでくれ。恥ずかしい。」と言われて、まだ乙女心があるのだと(笑)

私は3回ほど、バァちゃんの命を救っている。
詳しくは書きませんが、病院でお手上げだったことを30分程度で復活させました(笑)
バァちゃんもビックリしてたし、お袋も喜んでくれた。

亡くなるその時が来たとき、私は息絶え絶えのバァちゃんの耳元でこう言った。

「バァちゃん、もう、がんばんなくていいよ。いままでありがとうな。」

すると、息が消えるように静かな呼吸になり眠りについた。

その数十分後、私とお袋で付き添っていたのに、私は電話が入り外へ。
戻ると、息を引き取っていた。

母一人、子一人で戦後を生きて来たバァちゃんとお袋の2人きりで終焉を迎えた。

最後の言葉は、お袋に言った言葉

『ありがとうね。』

なんか、バァちゃんは最後まで格好良かった(笑)


年寄りは天皇陛下様だ。
いらっしゃるだけでありがたいし、その家の象徴だ。
いろいろな環境で、いろいろな年寄りがいると思うけれど、感謝して接しよう。
いずれ、誰であれ、年寄りになるのだからね。

私も最後になったら『ありがとうね。』と言って息を引き取りたい。



バァちゃん、ありがとう。




では、長文にて失礼。
by fujipapa-sas | 2015-11-02 16:57 | こころ | Comments(0)
生きていれば、それはそれはいろいろなことがある。

だから、私は黙っている。

身近な人達は以外に思うだろう。

普段、ベラベラと喋る私が「黙っている。」だと…。

それ、私の作戦にひっかかっています。

肝心なこと、言わなくてはいけないこと、私は我慢して言わないし見せない。

だって、言えば相手に心配させてしまう。

相談するのは簡単だけど、相手に話した後の大変さを考えると相談出来ない。

だから、小さい子供の頃から肝心なことや言わなくてはいけないことも言わない。

黙っていれば相手が疲れなくて済む。



私は、子供の頃の記憶を他人様よりも鮮明に覚えているタイプの人間。

子供の頃、大人達がなにを話しているのか理解していた。

大人の相談事の答えも知っていた。

でも、子供だから黙っているしかなかった。

言えば気味が悪いと言われると思っていたからね。




肝心なことは黙って言わない方がいい。

辛いかも知れない、苦しいかも知れない、我慢出来ないかも知れない、でも黙っていた方がいい。

その思いを、その気持ちを相手にさせないためにも…。




私は肝心なことは言わない。

たとえ拷問にあって白状しろと言われても口を割らない。

いままで、そうして生きて来た。

私が正しくて間違っていなくても、我慢して黙っていた。

そう、でも、それでいい。

我慢は私だけでいい。

肝心なことを言えば余計なことが起きる。

いいことも、悪いことも。

だから、黙っている方がいい。

なにも言わなければなにも起きない。

これ、自然の摂理でもある?(笑)






では。





BGM  「ないものねだり」 KANA-BOON
by fujipapa-sas | 2015-01-31 21:55 | こころ | Comments(0)

ネガティブ攻撃は続く。

普段からポジィテブな私でも、いろいろあれば疲れる。

けれど、それでもポジティブでいられるのは意味を考えるから。

意味はいまだけでなく、過去や未来にも答えがある。

答えを知れば愛を感じることができ、幸せになれる。

だが、ネガティブなエネルギーはそれを嫌う。

これでもかと攻撃してくる。

そんな時の呪文は「ありがとうございます。」

嫌なことがあったら唱えてみましょう!






では。
by fujipapa-sas | 2013-04-14 18:06 | こころ | Comments(0)

行。

行。

御坊様がする行とは違いますが、私の行と同じことを出来る方はいないと思います。

私が、御坊様と同じような行が出来ないのと同じです。

私はいま、悩んでいます。

誰かにアドバイスをいただきたいと思うぐらいです。

でも、アドバイスをいただける方がいません。

これは、非情に辛いことです。

が、小高い山に行くと、その答えを自然に授けてくれます。

このことも、他人様からすると理解出来ないことなのです。

とにかく、自分を信じて歩んで行くしかありません。

これも、またひとつの行なのでしょう。

今日もまたひとり、歩んで行きましょう。

もうすぐ時が満る。

全てを切り替えて備えよう。

行は続く。





では。
by fujipapa-sas | 2013-04-14 15:18 | こころ | Comments(0)

私へ。

今日のこの日を忘れまい。

毎日が変わり目であり学びである。

例え親兄弟であっても、考え方生き方は違う。

それぞれが、それぞれの考えで生きている。

人は、それぞれの考えが正しいと言う。

あれは止めろ、それは止めろともっともらしく諭してくる。

耳を傾け聞き入って、言うことを聞くことも大切だ。

けれど、生きているのは自分自身。

相手の意見は参考にするだけで良い。

自分の道は、自分の思いを信じて歩めば良い。



私へ。

誰が何を言おうと、間違っていないと思った道は静かに進め。

人に諭されても突き進めば良い。

自分自身の中に、生きた証を残せば良い。

言葉は誤解を生む。

行動は勘違いを生む。

ならば静かに行動すれば良い。

己にしか解らぬこともある。

今後は、決して語らなければ良い。

沈黙を持って頂きを目指せば良い。

お前と同じように体験せねば意味は解らず。

同じように体験出来る者は今後現れるはずもなく。

静かに歩き続けよ。




ありがたき幸せ。




では。
by fujipapa-sas | 2013-04-14 15:06 | こころ | Comments(0)

悩みは学び。

『悩みは学びだということを、過去を振り返って思い出せ。』




思い出せば、嫌なことにも感謝が出来ますね。




では。
by fujipapa-sas | 2012-06-25 01:14 | こころ | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心