人気ブログランキング |

カテゴリ:こころ( 40 )

毎日の出来事には意味があって、同じようでも違ったりする。

わずかな変化を感じるように自分を高めれば、答えは見つかる。

世の中は理不尽なことばかりだけれども、間違っていることはいつか清算される。

誤摩化して逃げ切れても、神様は見てるよ。

自分自身が自分を見て、幸せならばそれでいい。

他人様から見て、あなたがツラいような人生でも、よく考えれば幸せなはずだ。

他人様なんて見なくてもいい、自分自身をしっかりと見て褒めてあげよう。

他人様は、あなたの事情なんて興味はない。

あなたが、どんな生き方をしようが、自分さえよければ他人様はそれでいいのだ。

「なにか困ったことがあったら…。」なんて言っても助けてくれる人なんていない。

自力で、今までの人生を考え、自分が正しいか自分を見て生きろ。

他人様は、そのまま死んでゆくのだ。

最後の瞬間まで、私は考えて死ぬ。

正義を正しくして死にたいが、闘う若さも気力もないから悪から離れることにした。

バカな連中だ(笑)

前の職場の連中は、もの凄く大きな国家という魔物に喰われやがった。

光り輝く日本の神々の力が弱まった。

令和という時代は、試されることになる。

知らないうちに悪に染まってゆく日本人。

そのまま死んだらどうなる?(笑)

私は、今を貫いて死んでゆく。

悪よ、魔よ、さらばだ。



では。


追記
最近、体調が思わしくありません。
透析にもなれてきましたが、どうやら慢性心不全のようです。
いつ何時、急性心不全になるかも解らない状態です。
ですので、そろそろ「まとめ」のカテゴリーを書き始めます。
生きていた証に、少しでも私の知識を残したいと思っています。
小高い山の名前や、行者の先生の言葉なども残して行けたらと思っています。
ちなみに、気を使って内緒にしていましたが、小高い山のパワーは、かなり強いです。
御岩神社様より強いかも知れません。
なにせ、小高い小さな山なのに、出羽三山に匹敵する力ですから…。
みなさまに幸せになっていただきたく、近日公開しますね♪

ではでは。




by fujipapa-sas | 2019-05-17 23:13 | こころ | Comments(4)

不死鳥

蝋燭の火が消えそうだ。

芯が短くなって、いまにも消えそうだ。

そのままにしておけば、誰にも気づかれずに消えることだろう。

半世紀も照らし続けたのだから、幕をかけて消してもいい…。

いや、まて。

後ろから風が吹いている。

我家の水神は、それを許さないという。

私の後ろの神仏が、後ろから炎を煽り出した。

消えずに燃え上がる蝋燭の炎が、不死鳥のように見えた。



私は昨日死んだ。

なのに今日も生きている。

今日は、神様のオプションとして生きている1日なのだ。

そう思えば嫌なことも不安も忘れていられると考えていた。

それではダメなのだ。

生きるのだ。

そう、不死鳥のように大きな翼を炎で燃やして天まで…。

蝋を溶かして気化させて爆発して、天まで届くように飛び立て!

あきらめたら炎が火になり灯火になって消えてしまう。


我を護る神仏は、炎を燃え上がらせることをあきらめてはいない。

御参りをする私の後ろから、燃やすために強い風をあててくる。

なのに本当なら消えるはずの炎が、灯明の蝋燭の炎が消えないのだよ(笑)

実家の外に祀ってある水神様は、私のことが可愛いらしい(笑)

本当の私を誰よりも理解して見守ってくれているからだろう。



私は、不死鳥。

そのことを知る者は少ない。

今年から隠さずに生きる(笑)

だからこそ、隠すのだけれどね(笑)

先日、偶然にも訪ねた神社様で火の神様を御参りした。

いままで一度も気づかなくて御参りしていなかった。

お不動様以外では初めてだった。

そういうことなのだろう。



さっき今年の年末に、また大好きなスナップエンドウが食べられることを目標にした(笑)

この数日、美味しくてハマっている(笑)

さぁ、飛び立つ準備だ!

死神に見える自分自身の心の不安を焼尽そう!

科学忍法、火の鳥だ!(笑)




では。



by fujipapa-sas | 2019-01-11 23:14 | こころ | Comments(2)
小学校を卒業するまで、いたずらしたりして大人に怒られていた私(笑)

知らない大人に怒鳴られたり、ゲンコツをもらって怒られまくった(笑)

でも、子供心に、大人の愛を感じていました。

私が怒られるのは、悪いことをしたのだから当たり前だし、怒ってくれるからソコで止められる。

怒られなかったら、そういうことをしてもいいのだと歯止めが利かなかったことだろう。



大人は、昔、子供だった。

だから、どういうことをすると大変なことになるのか経験しているのだ。

自分と同じようになって欲しくないから注意したり、厳しく接したりする。

昔の子供は、そういう愛があることを少なからず知っていた。

優しい愛だけが愛じゃない。

厳しくて激しい愛も必要なのだ。

怒らない愛は、その子供の人生を無駄にする。

怒られたり注意されたり、厳しくされることで自分のしたことを考える。

自分が間違っているのか、正しいのか、相手が正しいのか理不尽なのか。

厳しくされると怖いだろうが、そうされることで心は磨かれる。

多分、私は、もの凄い数の磨かれ方をしました(笑)

父親の理不尽な怒りをいつも受け止め、愛を感じていました(笑)

怒られることになれてくると、冷静に意味が考えられるようになるのです。



厳しさの中には、必ず愛がある。

相手が理不尽なことを言っていても、その奥にある。

そのことに気づくことで、愛の深さを知り慈愛も芽生える。

怒らない優しさでは、人は育たない。

身体が老いた時、心が厳しさに弱かったら、きっとツラいと思う。

若いうちに様々な経験をして、厳しい意見に耳を傾けよう。

そこには必ず愛があるからね♪



では。





by fujipapa-sas | 2018-09-21 01:02 | こころ | Comments(4)

一緒にいる人は選ぼう。

あなたの未来は、いま、あなたの側にいる人で大きく変わる。

本物は一握りだ。

いいと思える人でも、見えない性格や業がある。

天使のような笑顔でも、裏の顔は悪魔かも知れない。

例え悪魔だとしても、その本人は悪魔等と感じてはいないよ。

いろいろな意味で人様を護れる人は、本当に少ない。

いまのままでいいのならば構わない。

でも、冷静に自分のしている行動を第三者的に見つめてみよう。

自分がおかしいと感じたら、周りを見直そう。



不思議なのだけれど、不幸な人は変な相手を選ぶ傾向がある。

どう見ても魔が後ろに憑いているのに、それを助けようとする人を悪魔だと思っている。

よく自分の後ろや、自分の行動を見つめてごらんよ!(笑)

人生は長くないのだ。

そのまま悟ることなく、気づくことなく死ぬんだぜ。

あなたを不幸にする者が天使なはずがない!

相手を選ぼう。



簡単に見つける方法。

お世話になっている人の悪口を平気で言う者は魔です。

優しくしてもらっていても、自分さえよくて感謝の言葉も返さないとか。

まぁ、普通に考えれば解ることなんですがね(笑)


とにかく、そばにいる人は選びましょうね。



では。




by fujipapa-sas | 2018-09-15 00:24 | こころ | Comments(2)
正直な話、体調も悪く腎臓の数値も悪化し始め、左眼の経過もよくない。

先日、左眼が少しでもよく見えればいいかなと眼鏡屋さんに行くと、作れませんと言われてしまった。

確かに、文字どころかベースの色がなんとなく視えるだけでは話にならない(笑)

心臓付近の痛みもあって、ネットで調べたらどうやら心臓神経症というやつみたいだ。

でも、医者と薬は大嫌いだから気合いで誤摩化している(笑)

原因はストレスだとわかっているし、いまは我慢するしかない。

無職だし、体調は悪いし、左眼も見えない、本当に大変だけれど、そこに意味がある。

今を越えれば明るい世界があるはずだ。

今までがそうだったから、今回もそうなる(笑)

苦しいと感じていれば、もうそこで終わりだけれど、自分を信じていれば必ず開けてゆく。

まぁ、そういうことは解っているけれど、今回はキツいな(笑)



でも、頑張らなきゃ!



では。




by fujipapa-sas | 2018-08-17 00:14 | こころ | Comments(6)

抜け殻

なにもかもが嫌になって…

食欲もなくなって、食べることも嫌になって…

笑うことも嫌になって…

人と会うことも嫌になって…

誰もかれもが嫌いになって…

まるで魂が抜け殻のようになったら…



それが脱皮した証拠さ!

心が脱皮したのだ!

脱皮したては、カニやエビと同じでいちばん弱いとき。

これから少しずつ硬くなってゆくよ。

だから、見つからないように、陰に隠れていよう!

変な輩に喰われたら終わりだ(笑)

生きることに疲れて脱皮した人間を、平気で喰らう魔物みたいな人間もいるんだ。

手を差し伸べられても、じーと隠れているのだよ(笑)

時間が経てば必ず硬くなる。

そして大きくなるんだ。



心も脱皮する。

それさえ解っていれば、もう大丈夫だ(笑)

さぁ、隠れていましょう!




では。






by fujipapa-sas | 2018-07-11 00:29 | こころ | Comments(0)

強くなるには

小さい頃から強がりな私(笑)

負けず嫌いだから、強いふりをして誤摩化していた。

だから、今年の2月の入院までは、自分が強いと信じきっていたのだ(笑)

でもね、弱かった(笑)

腎臓が腎不全の手前までいっていて、いつ死んでもおかしくないと言われた時までは平気だったけれど、

左眼が見え難くなり、右眼までも見え難くなった時には、さすがに不安になったし怖かった(笑)

千日行で、真っ暗な山の中をライトも点けずに歩いていたのに、見えなくなると思ったら不安だらけになった。

そこで初めて、自分が弱いことに気づいた(笑)

だから、徹底的に自分は弱かっただけなのだと、過去を振り返って認めた。



そこからだった。

頭に浮かぶ言葉が的確になった。

惑わされることが無くなったのだ。

弱くなったことで、いろいろな欲が薄くなった。

自分で意地になって物事が出来なくなったことで、助けられることのありがたみを感じたのだ。

眼が見えないような状態になると、隠していた弱みでさえ見られてしまうから開き直るしかない(笑)

だって、弱いんだもの(笑)



おかげさまで、やっと強くなれました(笑)

まだまだ不安なことはありますから、前途多難ですけれども、弱いのだから仕方がない(笑)

弱いなりにコツコツと前進すれば、きっと人生は開ける!

強がって無理に前進しても、それは本当の強さではない。

強い者、強くなりたい者は弱さを知らないと強くなれない。

弱さを知ることで、智慧と慈悲の心が生まれる。

私は、まだまだだけれども、最後まで心を磨く人生でありたい。

心を強くしたいならば、弱い心を体験しないとダメなんだなぁ。



強い者が弱い者をバカにするようならば、その者は弱い者だよ(笑)

この私が言うのだから間違いはない!(笑)

弱くてもいいんだ。

いずれ強くなるよ♪




では。





by fujipapa-sas | 2018-07-11 00:02 | こころ | Comments(0)

素のままで…。

自分をさらけ出すことは難しい。

弱みを見せることを嫌うのが普通だ。

他人様に心配されたり、情けをかけられることも嬉しいけれど、それが迷惑だったり。

本当は、誰よりもかまって欲しいのに、嫌われるのが嫌だから作り笑顔で自分を隠す。

素の自分を見せたくても、周りの評価が気になって仕方が無いから顔色をうかがう。

今の世の中は、なんだか息苦しい(笑)



あなたは、素のままで心を許せる相手がいますか?

もしもいないのならば、それはあなた自身が素を隠しているから。

怖がることはないよ(笑)

素を出して嫌われるようなら、その相手はふさわしくない。

なにを言っても笑い飛ばしてくれる人が必ず現れるよ。

あなたが笑顔でいれば、笑顔が集まって来る。

素のままでいれば、ふさわしい人が現れる。

ありのままでいい。



でも、受け止めてくれるからといって、ワガママはダメだよ(笑)

相手にも限界はある(笑)

まぁ、だからこそ、素になることが難しいのだけれどね(笑)

素になれる相手が見つかったら、まずは感謝をして大切にしましょう!

人間も神様も素直な相手が好きだから…。



では。





by fujipapa-sas | 2018-06-12 10:32 | こころ | Comments(0)

信じてよ。

いつも適当に、いかげんな話をしていると思っているのだろうけれど、

いろいろな考えがあって話をしているのですよ(笑)

昨日、私のことを信用してくれている大切な仲間と食事会をして来ました。

私が信頼している霊能者さんも、わざわざ来てくれました。

私に逢いたかったと、石上神宮様の鈴のお守りをくださいました。

会場は藤沢駅近くの居酒屋。

早めに着いたので、大混雑の江の電に乗って、長谷の御霊神社に御参りに。

いつもは気にならないのに藤沢駅の次の駅が、ずーと行きも帰りも気になっていました。

そう、石上駅のことが…(笑)

お守りを渡された時に、こういう意味だったのだと理解したとたんに涙があふれた(笑)



昨日の仲間は、私を信用してくれている(笑)

なので、何でも本音で話せるし、本当にありがたい。

特に霊能者の方はいろいろと視えるので、私の話を真剣に聞いてくれる(笑)

一度、ご夫婦で小高い山にも御参りに来てくれたので、話は早い(笑)

毎日の千日行が、どれだけ大変なのか理解してくださっている理解者だ。

私のチカラのことも知っている。

本当にありがたい。



3年ぐらい前、ある知合いの方に、私は、こう話した。

「タバコを止めてください。でないと、肺がんになりますよ。」

私のことを知っているのに、その方は、周りの私の嘘の噂を信じていた。

会う時には、なんとなく話を合わせてくれていたけれど、信じてないのは見破っていたので、

会う度に、心の奥が視えていたから辛かった。

嘘が嘘に重ね着されて、それが裏の顔だと勘違いされていた。

いつも本音で話していたのに、その方は簡単に嘘に騙された(笑)



毎日、2時間以上の時間をかけて御参りしていた。

千日連続を2回。

今回は885日連続。

急な斜面を登り、雨の日も風の日も台風だろうが雪が降ろうが、地震の時もだ。

そういうことだけでは、人様は信じてくれないらしい(笑)

私なら信じる(笑)

普通、出来ないもの(笑)

自分でも達成したのが自分でないのではと、自分を疑うぐらい出来ないことだと思う(笑)



神様は、私が凧になるという言葉を信用してくださっている。

だから、昨日のお守りは嬉しかった。

書けないけれど、急に、神樣方から御参りに来るように声がかかり始めた(笑)



肺がんは初期だったそうで、心配はなさそうだけれども、もう少し信用してほしかった。

でも、仕方が無いか…。

魔に喰われていたものなぁ〜。



噂を信じて判断してはダメだ(笑)

その人の行動や言動の裏を見よう!

意外と、いい人だったりするものです(笑)

私から離れた方々、霊能者の方曰く「黒い」のが視えるらしいですよ(笑)

まぁ、私も視えたので離れましたが…。

でも、みなさん幸せでいてください。

それも、あなた様の運命なのですから…。

なにかありましたら助けますので安心してください。

自分を見つめて気づいてくださいね。



いよいよ、神様の風に乗ります。

どのような余生になるのか楽しみです(笑)

集まってくれたみんな、ありがとう♡



では。



by fujipapa-sas | 2018-05-05 20:56 | こころ | Comments(0)

心の質量

心に重さは無いのかも知れないが、思い出という質量はあると思う。

特にマイナスの思い出は質量が重く、心の昇華を妨げる。

マイナスの念が強ければ強いほど、重く伸しかかって心さえも潰す。



その重りみたいな思い出を、軽くするにはどうすればいいのだろう?

それは、考えること。

なぜ、そういうマイナスなことになったのか?

それはマイナスではなくて、プラスなのではないのだろうか?

そのことが、いまにして思えば自分を成長させてくれる出来事だったのではないか?

それと比べれば、いまの辛いことなんて対したことはないのではないか?

そのように考えれば、重い思い出も軽くなりプラスに昇華する。

心の質量は、自分の考え方で軽くも重くもなるのだ。



あなたに重りを渡した人にも、事情や考えがあったかも知れない。

自分のことだけを考えていたら、その重りは自分が重くしてしまう。

心の質量は、自分で軽く出来るのだ。

他人様のせいにしないで、自分で重りを乗せたことを考えてみよう。

本当は、心に質量などない(笑)

重さがあるとしたら、それは自分の怒りや憎しみだ。

理不尽なことでも意味がある。

いつまでも不満を口に出していたら、人生という貴重な時間が終わってしまうよ(笑)

自分が変わらなければ、周りの環境は変わらない。

いつまで重りを補充し続けるの?(笑)

私は、気球を降りて、タンポポの種になった(笑)

自然にまかせようと思う、今日この頃(笑)




では。




by fujipapa-sas | 2018-04-25 09:09 | こころ | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心