カテゴリ:こころ( 14 )

信じてよ。

いつも適当に、いかげんな話をしていると思っているのだろうけれど、

いろいろな考えがあって話をしているのですよ(笑)

昨日、私のことを信用してくれている大切な仲間と食事会をして来ました。

私が信頼している霊能者さんも、わざわざ来てくれました。

私に逢いたかったと、石上神宮様の鈴のお守りをくださいました。

会場は藤沢駅近くの居酒屋。

早めに着いたので、大混雑の江の電に乗って、長谷の御霊神社に御参りに。

いつもは気にならないのに藤沢駅の次の駅が、ずーと行きも帰りも気になっていました。

そう、石上駅のことが…(笑)

お守りを渡された時に、こういう意味だったのだと理解したとたんに涙があふれた(笑)



昨日の仲間は、私を信用してくれている(笑)

なので、何でも本音で話せるし、本当にありがたい。

特に霊能者の方はいろいろと視えるので、私の話を真剣に聞いてくれる(笑)

一度、ご夫婦で小高い山にも御参りに来てくれたので、話は早い(笑)

毎日の千日行が、どれだけ大変なのか理解してくださっている理解者だ。

私のチカラのことも知っている。

本当にありがたい。



3年ぐらい前、ある知合いの方に、私は、こう話した。

「タバコを止めてください。でないと、肺がんになりますよ。」

私のことを知っているのに、その方は、周りの私の嘘の噂を信じていた。

会う時には、なんとなく話を合わせてくれていたけれど、信じてないのは見破っていたので、

会う度に、心の奥が視えていたから辛かった。

嘘が嘘に重ね着されて、それが裏の顔だと勘違いされていた。

いつも本音で話していたのに、その方は簡単に嘘に騙された(笑)



毎日、2時間以上の時間をかけて御参りしていた。

千日連続を2回。

今回は885日連続。

急な斜面を登り、雨の日も風の日も台風だろうが雪が降ろうが、地震の時もだ。

そういうことだけでは、人様は信じてくれないらしい(笑)

私なら信じる(笑)

普通、出来ないもの(笑)

自分でも達成したのが自分でないのではと、自分を疑うぐらい出来ないことだと思う(笑)



神様は、私が凧になるという言葉を信用してくださっている。

だから、昨日のお守りは嬉しかった。

書けないけれど、急に、神樣方から御参りに来るように声がかかり始めた(笑)



肺がんは初期だったそうで、心配はなさそうだけれども、もう少し信用してほしかった。

でも、仕方が無いか…。

魔に喰われていたものなぁ〜。



噂を信じて判断してはダメだ(笑)

その人の行動や言動の裏を見よう!

意外と、いい人だったりするものです(笑)

私から離れた方々、霊能者の方曰く「黒い」のが視えるらしいですよ(笑)

まぁ、私も視えたので離れましたが…。

でも、みなさん幸せでいてください。

それも、あなた様の運命なのですから…。

なにかありましたら助けますので安心してください。

自分を見つめて気づいてくださいね。



いよいよ、神様の風に乗ります。

どのような余生になるのか楽しみです(笑)

集まってくれたみんな、ありがとう♡



では。



by fujipapa-sas | 2018-05-05 20:56 | こころ | Comments(0)

心の質量

心に重さは無いのかも知れないが、思い出という質量はあると思う。

特にマイナスの思い出は質量が重く、心の昇華を妨げる。

マイナスの念が強ければ強いほど、重く伸しかかって心さえも潰す。



その重りみたいな思い出を、軽くするにはどうすればいいのだろう?

それは、考えること。

なぜ、そういうマイナスなことになったのか?

それはマイナスではなくて、プラスなのではないのだろうか?

そのことが、いまにして思えば自分を成長させてくれる出来事だったのではないか?

それと比べれば、いまの辛いことなんて対したことはないのではないか?

そのように考えれば、重い思い出も軽くなりプラスに昇華する。

心の質量は、自分の考え方で軽くも重くもなるのだ。



あなたに重りを渡した人にも、事情や考えがあったかも知れない。

自分のことだけを考えていたら、その重りは自分が重くしてしまう。

心の質量は、自分で軽く出来るのだ。

他人様のせいにしないで、自分で重りを乗せたことを考えてみよう。

本当は、心に質量などない(笑)

重さがあるとしたら、それは自分の怒りや憎しみだ。

理不尽なことでも意味がある。

いつまでも不満を口に出していたら、人生という貴重な時間が終わってしまうよ(笑)

自分が変わらなければ、周りの環境は変わらない。

いつまで重りを補充し続けるの?(笑)

私は、気球を降りて、タンポポの種になった(笑)

自然にまかせようと思う、今日この頃(笑)




では。




by fujipapa-sas | 2018-04-25 09:09 | こころ | Comments(0)

人助けをしていると

人助けばかりしていると、段々と自分の弱音が出せなくなって来る。

それを隠していると、笑顔が消え、助ける意味も解らなくなる。

人助けは想像以上に過酷で孤独なのだ。

助けても、相手にそぐわない答えだと好き勝手なことを言われるし(笑)

相談事を聞く事だけでも、魂が疲れる。

他人様のために、命がけという事もある。




相談を受けるということは大変なんだ。

私は幼少の頃から、それを知っていますので大丈夫です(笑)

もしもお困りの際は、いつでも相談してください。

大丈夫です!どんなことにも答えはありますからね♪



では。





by fujipapa-sas | 2018-04-12 03:04 | こころ | Comments(0)

旅に…。

この夏、少し長い独り旅に出ます。

善光寺から戸隠神社へ行き、永平寺に寄りながら滋賀に住む親友のところへ。

そこから出雲大社、厳島神社に行って石鎚山へ。

大阪のファンの店に寄りながら高野山、長谷寺を回って金峰山寺。

熊野三山から伊勢神宮に行き、熱田神宮、大雄山で自宅という計画です。


本日、左目の手術後の経過が安定したので退院して来ました。

3月23日に入院で即手術。

2月15日から27日までは、糖尿の治療で内分泌科に入院。

千日行は2月7日の885日目で終了しています。



一昨日からは、前職の契約切れで無職です(笑)

おまけに2月7日には交通事故を起こしてしまいました。

車はまだ入院中で、修理費が新車価格と同じという事態。

とにかく大変だった2ヶ月間(笑)

でも、物凄く感謝しています。

ただ、身体が疲れました(笑)

2月6日に書いたFMCは、本当でした(笑)



いまの私は信じてもらえないかも知れないですが、別人のようです(笑)

いろいろと感じ始めていて、この旅で固まるのかなと思っています。

眼は、まだ正常な状態ではないので、落ち着いたら出発です。

日程は未定ですので、行き先が変わるかも知れません(笑)



みなさまに、ご報告が遅れてしまったこと御詫び申し上げます。

なんとか元気ですので、ご安心ください。

今回の入院で知ったのですが、2年前から御参りの最中に低血糖を起こしていたようです。

それも命取りになるようなことが数十回も(笑)

糖尿特有のシックデイもあって、よく生きていましたねと看護師さんに言われました(笑)


では、また後ほど詳しく書き込んで行きますね。

やっと、12日ぶりに平らなベッドで眠れる(笑)

おやすみなさい。



神様仏様御先祖様、そして素晴らしい看護師の皆様、先生の皆様、ありがとうございました。

心より、御礼申し上げます。

ありがとうございました。



ではでは。





by fujipapa-sas | 2018-04-04 00:00 | こころ | Comments(1)

眼を閉じよう。

クルマを運転する時は、前方を見るだけでなく、

先にある信号や交差点、歩行者に自転車の確認、路面状況、

バックミラーやサイドミラーの確認、対向車や、対向車の後ろなどなど、

様々な確認をしてクルマを運転している。

その全ての情報は、眼が担当している。



毎日の生活を考えると、心の眼はどうだろう?

いろいろなことに眼が行き過ぎていないだろうか?

クルマの運転も、長距離運転した時には駐車場に止めたりして休む。

シートを倒して眼を閉じて…。

毎日の生活に疲れたら、眼を閉じて休むといい。

無理に運転しなくてもいいのだ。

長距離運転をして疲れているのに、休まずに走れば事故を起こす。

心の眼を閉じて休めばいい。

心を落ち着かせ、自分の運転を見つめ直して新たな目的地へ。

心に自動運転はない。

ハンドルは、あくまでもあなた自身が握っているのだ。

クルマの運転も、頑張り過ぎると事故を起こす。

人生も同じだ(笑)

心の眼を閉じて、ゆっくり休もう。




では。




by fujipapa-sas | 2018-03-31 07:45 | こころ | Comments(0)

みんな同じ

みんな同じなんだ。

神様も仏様も、ご先祖様も、魔物も闇も光りもすべてね。

もちろん、人間も動物も植物も微生物も同じだ。

すべて同じなのに、人間が勝手に区別している。

区別して差別している。

比べても意味が無いのに振り分ける。

みんな、意味があって存在している。

時間や空間、過去に未来に現在も、実はすべて同じだ。



とにかく、みんな同じなんだ。

区別したり差別していてはダメだ。

すべては宇宙の中心にある。



では。







by fujipapa-sas | 2018-02-09 21:26 | こころ | Comments(0)
誰もが、ピンチの時に本音を出してしまう。

大概は逃げてしまう。

だから、あなたがピンチで辛い時、周りの方々が逃げたとしても許してあげればいい。

だって、みんな自分が大切なのだからね(笑)

そして、本性を現してくれたことに感謝すればいい。

もうなにがあっても、その方々を頼ることをしなくていいと解ったのだから。

他人様なんて、ピンチになれば逃げるもんさ(笑)

ピンチに立ち向かえる者なんて、ほんのごく僅かだ。



私?

どんなピンチでも逃げたりしませんよ(爆)

逆に、ピンチの類いは大好物です(笑)

人生なんて何度でもやり直しはきくし、他人様を助けて死ねるなら本望(笑)

死にそうなピンチでも、なんだか乗り越えられるような気がするから不思議だ(爆)

相手が何者であろうと負けません(笑)



でも、私のようなバカはいませんから、他人様を当てにして傷つきませんように。

所詮、自分の生活や立場が大切で助けてくれません。

だからこそ、自分をしっかり持って、自分を信じて乗り越えましょう!

神様は必ず、その頑張りを視てくださっています。

いつか、素敵な答えとプレゼントを渡してくださることでしょう。

本音が出てもガッカリしないこと。

あなたが、その方の立場になったら逃げると思えば許せます。

ピンチは自分で切り開け!

その先には大きなプレゼントがあるのだからね♡




では。






by fujipapa-sas | 2017-08-07 00:22 | こころ | Comments(0)

わたしだって

こんな私だって、褒めて欲しいときもある(笑)

最近、YouTubeで木村文乃さんのクラシルの映像を見て癒されています。

こんな若くて可愛い子に「頑張ってください!」なんて言われたら、疲れなんて吹っ飛ぶのになんて、

スケベ中年のような妄想をしながらニヤニヤしています(爆)



予想以上に大変な毎日の御参り。

ただコツコツと、黙々と独りで御参りするのも年齢のせいか疲れて来ました(笑)

だからと言って、面と向かって応援されるのも恥ずかしいものです(笑)

けれど、これほどハードな御参りだから私だって褒めてもらいたくなる時もある(笑)



昨日は祖母の13回忌でした。

お寺のご本尊の不動明王様の眼が、金色に光り輝き私を見つめていました。

眼が金色に塗ってあるのですが、前回は気づかなかったのに昨日は生きているようでした。

今日の御参りでは、いつも以上に闇が深くなっていて足下が見えなくて困りました。

段々と浮世離れが進む毎日です。

誰かに褒められて、この世の思いを続けていたい。

一昨日には、知合いの霊能者のおばちゃんと久しぶりに会って話をしました。

大物芸能人や政治家などを見ている凄い方です。

そんな、おばちゃんの痛めている膝でさえも、手を当てて治してしまう私です。

浮世離れが始まった。

まだ離れたくないのになぁ〜(爆)



文乃ちゃんのような子に褒めてもらって、浮き世に戻りたい私です(笑)

明日も独り孤独に御参りです。

浮き世の皆様のために、もっと、もっとパワーアップせねば(笑)

あっ!心臓が痛み始めた(笑)

まったく、なんなんだか(爆)




では。







by fujipapa-sas | 2017-07-18 23:05 | こころ | Comments(2)

いろいろと

いろいろと視えて来るとね、つきたくない嘘をつかなければならなくなったり、

嫌われなくていいのに、嫌われるように仕向けたりしなきゃならないこともあるんだ。



いろいろと解って来るとね、だんだんと独りぼっちになってくるんだ。

寂しがり屋のくせに、孤独が好きだなんて屁理屈を言って誤摩化すんだ。



いろいろと感じることで失くすものが多くなるなんて、これでは辛くて止めるわけだ(笑)

でも、私は止めない。

いろいろなことに、いろいろな答えがあると信じているからね。

もう、なにも余計なことは考えずに前に進むのだ!(笑)



さぁ、歩こう。




では。







by fujipapa-sas | 2017-04-30 23:45 | こころ | Comments(0)

敵対

自分自身の善と悪が敵対し始めた。

悪の華が咲こうとしている。

善の光りが輝き始めた。

お互いがお互いを敵対し始めたのだ。

今月末で600日。

まだ400日以上あるのに、これほどまでとは考えていなかった。

自分自身との戦いは疲れる。

私の悪は、本職の方々よりも悪いから大変だ(笑)

悪の華も綺麗なのを、私は知っている。

善の花にはない魅惑の色を持っている。

もう、咲かせないと決めたのだ。

なのに、香しい匂いで私を悪の道に誘い出そうとしている。

悪に染まるのは簡単だ。

善は想像以上に難しいからおもしろいのだ。



善と悪が敵対し始めた。

いろいろと気をつけよう。

こういうときに命を狙われる(笑)

悪が本腰を入れて来た。

もう、悪はいらない。

疲れたし、つまらないからだ(笑)




わけの解らない文章ですみません(笑)

千日行(毎日)は、以外と大変なんですよ(笑)

一応、荒行中の荒行なので…(笑)

すべては自分自身の中にあり。




では。







by fujipapa-sas | 2017-04-03 23:35 | こころ | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心