カテゴリ:教え( 53 )

不自由と自由

いまの私は、左眼の回復もままならず、夜道や暗い場所では足下も見え難い。

糖尿は、平均値の低い数値になったので大丈夫ですが腎臓が徐々に悪化。

先日、とある「嵐の湯」という所を知合いに紹介されて行きましたら、腎臓の数値が少々回復。

教えてくれた方曰く、眼の視力に肝臓、腎臓、血圧の数値がかなり改善されたとのことで、

興味本位で行きましたが、その日のうちに私も小便の出が良くなるという改善が見られたので嬉しかった。

身体のいろいろな部分にいいようなので、不安のある方にはおすすめです。



病気というのは、健康だった身体が不健康になることです。

不健康になると、いろいろと不自由なことが増えます。

私も入院中には、いままで簡単に出来ていたことが、これほど大変なことなど考えもしませんでした。

元気な時、糖尿病の方から「本当に大変なことになるから気をつけて。」と言われていたのに、

私は大丈夫です!みたいな感じで他人事でしたし、こんなことになるなんて思ってもいませんでした(笑)

だから入院中や退院後に不自由になったら気持ちも暗くなるし、

周りの人々の本音も見えやすくなってツラかった(笑)



でも、気づいたのです♪

身体は不自由だけれど、心は自由なんだってね(笑)

身体は、病気によって動きや食事など様々な行動が制限されて不自由だけれど、

心は固定されている訳ではないし、自由に物事を考えることが出来る。

明るく考えることも出来れば、暗く考えることも出来る。

身体は制限されてしまうけれども、心は自分の考える通りに自由に動いてくれるのだ。

たとえ病床の上で動けないとしても、心は自由なのだ。

眼を閉じていても、自分が考えることは全て叶う!

世界旅行も出来るし、ロックスターにもなれる、心は自由なんだよ♪



不自由になることで、見えることが増える。

それが慈愛になり優し人に変えていってくれる。

不自由になることで大変な思いもたくさん増えるけれど、ある意味、神仏に近づく近道なのかなぁ(笑)

病気や自分の置かれた環境を責めても憎んでもいけないよ。

そうすると不自由のまま人生を終えてしまうことになる。

小さなことに笑顔で笑って毎日を過ごせばいい。

明日には死んでいるかも知れないんだ。

不自由になったから自由のありがたさがわかる。

あなたのそばにいた人がいなくなってから、大切な人だったのだと思うのと一緒だ。

人間は、当事者にならないと解らない生き物だから、苦労はした方がいいよね(笑)

今の世の中、心まで不自由な輩が多いこと。

心は自由だからこそ、不自由にすることも自分の責任だ。

それが自由の怖いところ。

神仏が、なぜに人様を自由にしているのか考えれば、不自由にも感謝出来ますよ♪

さぁ、今日も笑顔で頑張ろう!


では。


新◯さん、毎日考えていますよ(笑)
私の脳裏には、あなたの素敵な笑顔が見えています。
心配しなくても大丈夫!
病を楽しめ!(笑)
私は、今回も生き延びられたのでラッキーでハッピーだと感謝の毎日(笑)
元気になったらデートしようぜ!(笑)
私も頑張る!(笑)

またね♪






by fujipapa-sas | 2018-09-18 12:36 | 教え | Comments(0)

道、門、教。

神道。

仏門。

仏教を初めとする宗教。



全てを捨て去りなさい。

占いも、道具も衣装もいらない。

飾ること無く、自然でいなさい。



いろいろなことに囲まれているから真実が見えないのだ。

誰に祟りが憑いていようとも、それが定めであり、それに意味がある。

神・仏・教は人間が造りしもの。

もともとは宇宙そのもので自然のなかにいらっしゃる。

宗教というくくりに囲んだために、真実が見えないのだ。



今回の旅で、私が特別でないことに気づきました。

毎日の千日行をしていても、それは特別だから出来たのではなく、気づいたからだった。

宗教に囲まれていたら、気づかなかったこと。

すべては『ひとつ』

人様の思いが神仏を、そこに鎮座させてしまう。

神様は動けないから、人様の体験を自分の経験にするしかないのだ。

でも、人様は自分勝手なお願いばかり(笑)

それでは神様も心の扉を閉じる。



私の千日行は、なんにも縛られること無く、自然体で御参りが出来ました。

ですから、今回の3カ所の御参りでは、チカラとかを感じること無く自宅にいるような普通さでした(笑)

境内に落ちている落ち葉も、祀られている神仏も、私には同じでした。

道や門に教えとかに囲まれている方々は、きっと気づかれないことでしょう。

起きる不幸にも意味がある。

それを助けてあげることは凄いことだと思いますし、尊敬もしています。

でも、その不幸な方自身が、なぜなのか?ということに気づかない限り意味が無いと感じています。



自然の中にいれば真実は理解出来るのに、みな、他のものに頼り過ぎている。

自分の人生なのに…。



今夜は、ここまでです。

それから、近々、スピリチュアルのカテゴリーから脱退します。

もう、同じように見られるのが嫌になりました(笑)

私は小さい頃から一匹狼タイプで人嫌いなんです(笑)

このカテゴリーにおられる95%ぐらいの方は、まさに魔に差されてる(笑)

気づかずに死んでゆくのです。

神仏を、心霊を舐めてる!



奈良に向かう時、山肌に霧のような長い雲が龍神様のようにいらっしゃった。

どうりで雨のはずが快晴になるわけです(笑)

自然になれば、自然と同化する。

自然と同化すれば神仏と同化出来るのです。



それでは、この辺で(笑)



では。






by fujipapa-sas | 2018-09-14 23:51 | 教え | Comments(0)

つらいことがあったら

とてもとてもつらいことがあったら、少し高い山へ歩きに行ってみましょう。

遠くに見える都会の街並が、眼下に広がるような山がオススメです♪

その山の頂上から街並を、少しボーっと見つめていましょう。

すると、遠くにあるはずの街の片隅が、自分の頭の中に浮かんで来ます。

誰かの話し声や怒鳴り声、汗を流して仕事をする人、病院で天井を見てる人、

笑顔で笑っている人、おめでとうという声、大切な人が亡くなって泣いている人、

様々な光景が、なぜか頭に浮かび上がると思います。



するとね、自分の悩みや苦しさなんて、小さいものだと思えるようになってくる。

海が好きな人は、海の向こうにある外国を考えるといいかも知れません。

自分を中心にして見ると、自分が一番不幸に感じるけれど、世の中には自分以上に苦しんでいる人がいるのだ。

そう考えれば、自分の苦しみなんてちっぽけなものです。

確かに、いまが一番ツラいのかも知れないけれど、そのままでは暗い朝日が昇るだけだ。

明るく輝かしい陽の光りにするのは、あなた自身だ。

心を上手に切り替えて、明るい明日にしようよ。

なにもしなくても明日は来るのだ。

ならば、今日の嫌なことは忘れて、幸せな未来に手を伸ばそうぜ!



笑顔が明るい未来を築いてゆく♪



山に登っても気持ちが収まらないならば、大きな声で叫べ!(笑)

他人様がいても気にするな(笑)

どうせ他人様はバカな人としか見ていないよ(笑)

大声を出してスッキリしようぜ!

これで明るい陽のさす明日が来るさ!




では。





by fujipapa-sas | 2018-08-29 12:24 | 教え | Comments(0)
今回は、私の父方の祖父が生前、父に教えた大金持ちになる秘技を書きます。
まずは自慢になりますが、祖父の金持ちぶりを少し(笑)

祖父は父が小学生の高学年の時に病死しましたので、生きていれば115歳ぐらいでしょうか?
生まれは北陸で、曾祖父が豪族の出で大金持ち、自宅には50名近いお手伝いさんがいたそうで、
自宅の柱や天井は総漆塗りで、屋敷を売りに出す時には4分割にしないと売れなかったほどの豪邸。

そんな裕福な家庭に生まれたので、中学生の時には自転車に乗っていたそうです。
曾祖父が借金を作り、東京に出た祖父はプレス工場の経営を始めました。
発明が好きだった祖父は、いろいろな工業製品を発明しましたが、特許をくれてしまったりしており、
いま現在も商品として売られているものもありますので、特許を持っていれば今も金持ちかな?(笑)

プレス工場は繁盛していたらしく、文房具を買う時も、ちまちま買うのが面倒ということになり、
店の文房具だけを買ったのかと思いきや、店の土地と建物に権利まで買ったそうです(笑)
夏になると大好きな海釣りがしたいと、従業員全員の宿代を出し、九十九里へ一週間の社員旅行(笑)

戦争が始まり、祖母の田舎に疎開した祖父。
近くに海がないのに、自分専用の小型の船を釣り用に発注(笑)
どこに浮かべようとなり、地元の駅の側にある少し大きな池を購入。
釣り船を浮かべてフナやら鯉やらを釣っていたそうです。
後日、その池の横にレストランが出来て、一緒に池も売ったのですが、
私が小さい頃に、そのレストランに行くと支配人の方が丁寧に対応してくださったのを憶えています。

私が子供の頃は、駅前にいるタクシーに乗って私の家の名前を告げると「本宅ですか?新宅ですか?」と聞かれ、
本宅ですと答えると本家、新宅は私の実家まで連れて来てくれます。
お代はもちろん本家の祖母が出してくれるので、お客様には負担させません。
そんな本家でしたから、父の代まではお手伝いさんも5人ぐらいはおられましたので、
子供の頃に本家に行くと、お手伝いさんに「ぼっちゃっんの長男さんですか〜♪」と言われていました(笑)

まぁ、自慢話よりも、そんなお金持ちの祖父が父親に伝えた、簡単にお金持ちになる話を聞きたいですよね?(笑)
それだけ金持ちだった祖父が伝授した方法とは!(笑)

70年前に祖父が父に話した内容です。

『世の中には、上には上がいて、ウチよりも金持ちなのはたくさんいる。』
『自分よりも金持ちに会った時に、相手の持っている物などを欲しがらないことだ。』
『どんなに欲しくても妬んではいけないぞ、そういう時には、こう考えろ。』

『貸しているんだ…、とな(笑)』

これで、あなたも気分は大金持ち!(笑)
スーパーカーを見たら「貸しているんだよね〜(笑)」
ジェット機が飛んでいたら「あれ、貸しているんだ!(笑)」
銀行に行ったら「影のオーナーは私、金を貸してあげているんだ!(笑)」などなど(笑)

さすが発明家の祖父!(笑)
素晴らしい考えだと思いませんか?(笑)
この感覚さえ持っていれば、みんながハッピーになれます!(笑)

この話には余談がありまして、子供の頃の父親が他人の物を欲しがった時の話なんです。
祖父は『他人様の物を欲しがることは、よくないことなんだ。嫉妬心は心を悪にする。」と言ったそうです。
そんな素敵な答えを伝えた祖父は、本当の意味での金持ちだったと思います。

今の世の中は便利になり、様々な物で溢れかえっています。
高級品や資産を持つことに憧れる人の多いこと(笑)
確かに、お金があれば暮らしも楽になるし、好きなコトも出来る。
でも、こういう世の中だからこそ、金儲け的なことよりも大切なことがあるのではないでしょうか?

なんとなく思うのですが、今の人類は、ある意味、神樣方に試されているような気がします。
他人よりも自分さえ裕福であればいいとか、そのためならば神様をも使うとか、なんなんだと!(笑)
金持ちにはキリがないのだ!(笑)

そんなことよりも、他人様に嫉妬することなく、自分の今に感謝することの方が大切。
心霊をスピリチュアルと言い換えて、金銭を盗るなんてもってのほかだ!(あえて盗るにしましたw)

確かに心霊的に見えるのだろう、感じるのだろうが、その力の裏側が誰かっていうことだ!
本物が守ってくださっているのならば、そういうことに神様を使わない。
そういうことに神様を使うとしたら、どんなヤツだ?
神様だと信じ込ませて、神様になりすますようなヤツらとは誰だと思う?(笑)
いいヤツらが、そういうことをしますか?させますか?

なになにをすれば金運があがる、守ってもらえる? はぁ?って感じです(笑)
神様や仏様、御先祖様は敬うもの、うやまうものなのです!
うやまうが解らない人は調べろ!(笑)

あっ!つい本性が出てしまいました(笑)
私はね、ただ否定しているだけではないのです。
そういうことをして金儲けをしていると、あの世で大変だから言っているのです。
そういう勘違いしている人達を助けたい気持ちで書いているのですが…。

でも、スピリチュアルな集まりで金銭をもらって生活している人には伝わらないことは理解しています。
少しずつお金をもらっていると、少しずつ魔に喰われて行きますからね。
お金を取らなくても、九字を切って祓うようなことをしている人も危険ですよ(笑)
その辺は、また(笑)

では、まとまりのない文章でしたが、これでみなさまも大金持ちです(笑)
嫉妬心は自分が死んだ時、必ず自分の成仏を妨げることになりますから気をつけて♪



では。



by fujipapa-sas | 2018-06-20 17:28 | 教え | Comments(2)

ほっとけ様になろう!

『仏様でなく、ほっとけ様になればいい。』


こんな言葉が、今日の御参りで浮かびました(笑)

誰が何をしていようと、その者が気づかない限り、すべては余計なお世話様(笑)

だから仏様のような慈悲の心で助けるのでなく、人は自分自身だけを見つめていればいい。

他人様のことは、ほっとけばいいのだ(笑)

それが、ある意味の仏心であるのかも知れない。



他人様を助けたい気持ちはもの凄く理解出来るけれど、自分で目覚めない限り無理なのだ。

薄情だとか、誤解を受けて嫌われたとしても、そのまま、ほっとけ様でいい(笑)

相手の方が気づいて死んでゆくのか、気づかずに死ぬのかなんて関係ない。

それが、その者のさだめ。

頼られた時だけ、そっと助けてあげればいい。

相手が気づかない限りは、何を話しても無駄だ。

私は今日から、ほっとけ様!(笑)

求められない限り助けません(笑)

でも、皆様の幸せは祈っています。

こんなオッサンに祈られても困るでしょうが、祈らせてください(笑)




では。





by fujipapa-sas | 2018-06-02 22:50 | 教え | Comments(4)

分相応

行者の先生がよく言っていました。

『分相応。』

今の自分に合った事象が用意されている。

起きる出来事も、出逢う人も、就いた仕事も、分相応なのだ。

けれども、人は、それ以上の自分だと魅せたがる。

自分に自信がないのと、冷静に物事が見えないためだ。

分相応が解っていれば、よそと争うこともなく沈黙して見守っているはずだ。

誰が何を思おうが、しようが見守っているはずだ。

人には人の分がある。

神仏にも分相応がある。

それを外れると、神仏といえど堕ちるのみ。

分相応の意味は深いと、今日、教えていただいた。



求めることなく、押し付けることもなく、自然でいればいい。

誰が何をしていようと関係ないのだ。

自分をしっかり持って、分相応に生きていれば、自分に合った流れに乗れる。

世の中の流れが汚されているから仕方がないけれど、自分を見つめ直すことは必要だ。

分相応の人生に生きるのは難しいけれど、欲さえ理解出来れば、意外と簡単だ。

日々の出来事にイライラせず、不満も消化して笑顔でいれば許せる。

今が、自分の分相応。



では。





by fujipapa-sas | 2018-05-23 23:56 | 教え | Comments(2)

負けたくないなら。

神様が私に言う。


『負けたくないのならば、自然体でいなさい。』


1年前からの出来事についての答えだ。

動いて戦っても余裕で勝てることだけれども、自分的に後味が悪くなる(笑)

だから、この1年は我慢をして流れに身を任せた。

確かにそうだ。

ここまで我慢したのだから、このままの流れに任せていればいい。

下手に感情的になってイライラしたら、身体の回復もままならない。

今日の御参りの時も、足下がフラついて大変だった。

いまは身体を治すことが先決だ。


悪に染まった者たちよ。

うやむやで逃げ切れると思うな。

その罪は、必ず天罰を受ける。

後になって、私の言ったことを聞いておけばよかったなんて言うなよ(笑)

今回の件、蓋することは出来ないぞ(笑)

臭過ぎて匂いも漏れる(笑)



だから、動こうとする私に対して『自然体で…。』なのだ。

私は剣道をやっていたから、その意味が解る。

自然体は怖いぞ(笑)



さて、しばらくは自然体で高見の見物だ(笑)

1年後、笑っていられるように前向きに考えて歩いて行こう(笑)

自分に負けないようにね…。


にしても、この1年の流れは最悪だったなぁ〜(笑)

今年は五黄土星が、去年の私みたいに運勢が悪いので気をつけてくださいね。

自分に負けませんように…。


では、訳の解らない文章にて失礼します(笑)




by fujipapa-sas | 2018-05-22 23:00 | 教え | Comments(0)

まとも

まとも、という言葉を使用してもいいのか迷うところですが、あえて使いますね。

世の中には、まともに話が通じない方という人がいるのです。

どんなに親身になって話をしても、その助言が通じない、理解出来ない人がいるのです。

近年、個々の個性を発達障害などと病名にしていますが、まともでない方々にはそういう傾向の方がいます。

ただ単に普通の素振りでも、いざという時に注意しても聞き入れなかったり、何度も繰り返したりします。

可哀想だと思い、何回も親身に助言しても聞き入れないタイプの方は、そういう個性の持ち主なんです。



ですが、そのような方々は、本当に可哀想なので許してあげてください。

私が見る限り、大概は、その方の御先祖様から来る「業」です。

小さい頃からの方位とか、環境もあるかも知れませんが、だいたいは「業」なのです。

「業」は、自分自身で目覚めれば必ず、紐解くことが出来ます。

でも、いろいろと邪魔をされて悟ることが出来ません。

では、そういう方を助けるにはどうしたらいいのか?

その方が何かをしてくれたり、文句を言って来たら「ありがとう。」と言ってください。

「なんで文句を言ったのにありがとうなんだ!」と言われたら

「私の悪い所を指摘してくれたから。」と、流してください(笑)

そして、自分の心に向かって「ありがとう。」と自分を褒めてください(笑)

それを続けていれば、その方の行動も変わって来ますし自分も変われます。



まともじゃない方々が、あなたの側にいるとしたならば、それは試されています。

「ありがとう。」という感謝の言葉を言えるかどうか試されている。

だから、話が通じなくても感謝の気持ちを持って接していればいいのです。

まともでない方との距離感というのは難しいかも知れませんが、大切にしてください。

まともでない方は、個性の塊(かたまり)なのですからね♪



では。






by fujipapa-sas | 2018-04-25 21:14 | 教え | Comments(0)

嫌なことの離し方。

もうね、どうしようもないぐらい嫌なことや、人っていますよね(笑)

なにをしていても、そのことや人を考えてしまって生きることも嫌になって来る(笑)

でもね、そんな嫌なことや人を完璧に自分から離す方法があります!

このブログを長く読んでいらっしゃる方ならば解りますよね(笑)

そう!

『感謝』することです!



最初のうちは、嫌な想いが心にあるから離れ難いかも知れません。

でも、その感謝のコツを会得すると、あら不思議!

相手の方から離れていきますよ♪

なかなか離れないことでも、あきらめずに毎日感謝をしてください。

その意味が解った時に、必ず離れますからね。

もしも離れないのならば、あなたの心を冷静に見てください。

恨みや憎しみがあるのならば、その思いこそ、相手の思う壺(笑)

恨んだからといって、相手が死ぬわけでもない。

憎んだとしても、心が晴れるわけでもない。

だったら、いい感情を『感謝』を贈りましょう!

その意味が解ったら、すべての嫌なことが離れることでしょう!



あなたの人生はあなたのもの。

それを嫌いなことや、嫌いな人に捧げて過ごす人生になってしまうとしたら嬉しいですか?

さぁ、笑顔で許して感謝しましょう!

ならば、すべての道は開かれる。





では。
by fujipapa-sas | 2016-03-14 20:29 | 教え | Comments(0)

どんなことにも「道」がある。

道はひとつだけでなく、何通りもの道があったり、少数であったりする。

道は、自分自身で選ぶもの。

だから、その人の考えで、道の先が来まる。

人によってはひとつでも、人によっては無限だったりする。



でも、自分が選んだ道が正しいのだ。

行く先に何があろうと、その道は自分で選んだ道なんだ。

あなたの嫌がっている今の人生の道は、最終的には自分が選んだ道なんだよ。

何かの、誰かの責任にしていても、その道は自分で選んだ道だ。

だからこそ、途中で行き先を変更してもいいんだ。

逃げたとしても、戻って違う道に進んでもいいんだ。

それも、正しい道なんだよ。



人生に間違った道はないんだ。

世間一般の人々のいう道が正しいとは限らない。

自分で信じた道を進めばいい。

周りの景色を感じながら、感謝しながら歩けばいい。

どんな道も正しい。

間違いだと言われる道でさえも正しいのだ。



さぁ、胸を張って進め!






では。
by fujipapa-sas | 2016-02-16 21:48 | 教え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心