カテゴリ:考え( 335 )

原点という次元

この世は3次元と言われています。

この解釈は、とても面倒なことを引き起こしていると私は考えています。

頭のいい方々は、やれ4次元だの11次元だのと物理学や理論で、この世の先を考えます。

そのことで、いろいろな方々が先の次元を想像し、

この世自体が意識の集合体で…なんたらと、現実から逃げている。

ちょっと頭がいいと、人様は必要以上のこと、必要のないことを語り出す(笑)

そんなことを語っていて、なんの役に立つの?

勉強は大切だけれど、まずは毎日を生きることが大切なんじゃないの?

日常の生活の中で、いろいろな事象にある意味を考えて感謝することの方が大切じゃないの?

自分という原点が大切なんじゃないの?



宇宙は、ビックバンから始まったと言われています。

点から始まったのです。

原点はゼロ次元。

人も、そこから始まったとしたら、その原点を見ずに広がるはずはない。

原点に、心という雫を落とすことで、宇宙と同じような次元が広がると思う。

原点に、空間とか理論とかの様々な枠は当てはまらない。

原点は無限だ。

原点さえ見て感謝していれば、様々な次元が心の中で広がる。

それが宇宙であり、神仏の世界である。

何次元なんて関係ない。

全ての次元は原点にあり。

多次元に逃げるのは止めよう(笑)



『すべては、ひとつ。』


全てに意味があるのだから、明日も頑張れるよ♪

夜に負けるな!(笑)

私も、闇や魔物より夜が一番怖い(笑)



では。




by fujipapa-sas | 2018-09-30 23:58 | 考え | Comments(0)

どん底まで沈んだら

いまの私の社会的状況は最悪な状況だろう(笑)

健康的にも、一歩後ろに死神が待っていて、私の気のゆるみで即、死が訪れる(笑)

まぁ、またもやどん底だ(笑)

人生の中で、一番深い底に辿り着いた。

でも、ありがたいな(笑)

底に着くことが出来たからだ。



私は、底に落ちたら底を見ない。

背中に底をつけて上を見るようにしている。

するとね、水面の上が光り輝いて綺麗に見えるんだ。

今回は、かなり遠いところでキラキラと輝いていやがる(笑)

でも、もう、底に落ち切ったのだから、後は光りに向かって浮き上がればいいだけだ。

簡単だろ?(笑)

なにも考えず浮き上がればいいだけなんだからさ(笑)

どん底は冷たいけれど、燃えるような闘志を持っていれば暖かいし、

暗くても、心を輝かせれば周りも見えるから安心だ(笑)

左眼が見え難くても、腎臓が透析の手前でも、食事と水分の制限があっても、生きていれば幸せだ。

生きているのに、なんの不満がある?(笑)

大声で笑うことも、まだ出来る(笑)



悲しんでいる暇はない。

ギリギリまで心を磨くのだ。

きっと、身体は精神の限界を超えた時に回復するはずだ。

昨日、初診の循環器内科の医者が言った。

「腎臓の数値は絶対に下がりません。」と、5回も言いやがった!(笑)

しばらく前の数値が下がったデーターも見ずにだ(笑)

世の中に絶対なんてないことを証明してやる!

私は、どん底から笑って飛び出してやる!(笑)

マジンガーZがプールから出るときのように(笑)

いまに見てろ!

どん底まで行った患者を舐めんなよ(笑)

薬ばっかりくれやがって!(笑)



あー社会的にはどん底だけれども、なんか幸せ♡

みんな、癌張ろうぜ!



では。



by fujipapa-sas | 2018-09-16 00:49 | 考え | Comments(0)

神仏界

人は、移動手段のために、いろいろな乗り物を運転します。

自転車やバイクにクルマ、飛行機や船に電車など、いろいろな乗り物がありますが、

自転車以外は免許が必要で、それぞれに合った乗り物の免許を持っているのが普通です。

ですから、クルマの免許を持っている人が飛行機を操縦出来るはずもなく、人生を終わります。


ここからは、いつもの空想です(笑)

神仏界が月にあるとしましょう。

神様仏様になりたいと思うならば、ロケットに乗らなければ行けません。

スペースシャトルでは地球の周りを回っているだけですから、ロケットでなければいけません。

さて、ロケットの操縦免許なんて普通の人に取れるでしょうか?

取れるとしても、NASAで苦しく厳しい訓練をしてからです。

人類から選ばれて宇宙飛行士になれますが、その確率の低いこと(笑)

ロケットの操縦なんて、もの凄く大変なことですから我々には解りません。

見たことないうえに、見ることも出来ないのですから、理解出来なくて当然です。



神仏界に辿り着くのも、同じなのかと感じました。

ロケットに乗れるのは数人。

生きている間にロケットの運転免許をもらえる人は少ないのかも知れません。

でも、心を磨いて頑張れば、神仏界から免許をいただけるかも知れない(笑)

いろいろと勉強して、明るく元気に神仏界への免許をいただきましょうね♬


余談ですが、アポロ計画で月に行くためのロケットの名前は、サターンです(笑)

悪魔が月に向かうなんて、なんだかおもしろい(笑)



さて、台風も近づいて来ましたので、あえて御参りです(笑)

今日で4日目、頑張ります!



では。







by fujipapa-sas | 2018-09-04 12:38 | 考え | Comments(0)
いつかは死ぬんだ(笑)

いま病に倒れていたとしても、死ぬことを考えていてはダメだよ♪

流れる時間が限られていたとしても、生きようとすれば時間の流れも遅くなるよ。

死ぬ前に、やりたいことをやるといいよ。

そうすると、忙しくて時間の流れが遅くなるよ。

嫌な仕事をしている忙しさは時間を早めるけれど、好きなコトは遅くなる。

好きなコトをしていると、時間の経つのも忘れるけれど、次もしたいと考える。

それを毎日、感謝しながら楽しもう!

すると、死ぬまでの時間が遅くなっていることに気づく(笑)

これが、末期癌の人が長生きしたり、完治したりするコツさ(笑)

癌はマイナスの細胞組織、ならば笑顔で楽しんでいるプラスの幸せ細胞に変えてしまえばいい。



少しくらいの病で、もうすぐ死ぬんだなぁ〜なんて考えなくていい(笑)

明日には死んでいるかも知れないのは、健康な人も一緒だ。

だったら、毎日を感謝して楽しめることを今して、明日の朝を笑顔で迎えようよ♪

死ぬことを自分から待たないこと。

死神の思う壺だ(笑)

私?

私は、その壷を何度も壊してやりましたよ(笑)

だって、長く生きて、いろいろな苦労を体験したいから(笑)

でも、感謝しているうちに、嫌なことも寄り付かなくなりました。



死ぬのは簡単だけれど、生きることは難しい。

そこに意味があるんだ。

なぜ死を待っているのか、よく考えて方向転換してくださいね。

待たなくても死は訪れる(笑)

待っている時間なんて、なんて無駄なのだろうね(笑)




では。




by fujipapa-sas | 2018-09-04 00:32 | 考え | Comments(2)

切羽つまったらさぁ

人間誰しも切羽詰まったらさ、言ってはいけないことや裏切るようなこともするって(笑)

私もされたし、していると思うよ(笑)

前にも書いたけれど、裏切るだろうと伝えた相手が「絶対に裏切らない!」と言っていたのに、

その3ヶ月後にはSNSで、私の無いことを書きまくっていた(笑)

でもね、怒ってはいたけれども、そのことは気にはしていませんでした(笑)

だって、その方にも何か裏切る理由があるのでしょうし、それくらいで嫌いにはなれません!(笑)



私は体質的に1滴もお酒が飲めません。

なので、呑みに行っても楽しく盛り上げて気分上々(笑)

でも、時には泥酔した弟や友人に、心ない言葉を吐き捨てられることもありました。

大概は次の日に、心にも無いことを言ってゴメンと謝罪されますが、そんなの嘘だぞ!と思っていました(笑)

人間は、心にないことは酔っていても言葉にはしません(笑)

だけれども、ストレスを抱え込んでいるのですから、私に言うことで発散出来るならそれでいいやと(笑)

いざとなれば殴り合えばいいし、それで離れてしまうなら、それがその人との縁です。

裏切ったりする方にも、いろいろな事情があるのだと思いますから、受け入れてあげればいいのです。

私は、何度裏切られても気にしません。

だって、いつかは気づいてくれると信じているからです。

逆に、私が相手を裏切ったとして、直ぐに離れるような人は、

私を理解してくれていないのだから離れても仕方が無いのです。

私に裏切られたことの意味を考えてくれれば、そこで心の器も大きくなるのに(笑)

私だって人間です(笑)

切羽詰まったら平気で裏切ることでしょう(笑)

ただ、なにがあっても切羽詰まることは殆どありませんが(笑)



相手に裏切られても、裏切ったとしても、あまり気にしないことです。

自分を信じて、心が回復したら他人様のために頑張りましょう!

切羽詰まったら甘えていいのです♪

必ず、その裏切りを受けても笑顔で理解してくださる人がいますよ。

大丈夫、自分を信じていれば道は開ける!



こんなポンコツの私が言うのですから間違いない!(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2018-08-28 00:39 | 考え | Comments(2)

努力

努力とは、

好きなコトを続けることで努力になる。

好きじゃないのに続けるから苦痛になる。



では。




by fujipapa-sas | 2018-08-26 21:27 | 考え | Comments(0)

人様の見分け方

どんなに人柄が良くても、性格というか本性というか心というか、

そういう部分を簡単に見分ける方法があります。

それは食べている時に、肘をついて食べているかどうかです。

食事中に自分を隠せる人もいますが、肘をついて食べる癖は消せません。

食事は、その人だけでなく、その方の家柄も出ます。

どんなに裕福でも、上品にしていても肘は嘘をつけません。



私は、一緒に食事をする方の肘を必ず観察しています。

どんなに立派な肩書きや人柄でも、食事の仕方で性格が見えます。

食事は生きていくうえで、とても大切なこと。

自分の命を繋げてくれる命。

食べきれなくて残すことは仕方がないと思いますが、肘をつくことは素材や料理してくださる方に失礼です。

私は、素材や料理人の方々には感謝の念を持って食事をいただいています。

ですから、肘をついて食べるなんて考えられません。

どんなに優しくても人柄が良くても、肘をつく方には注意です。



食事中に肘をつくだけのことだけれども、いろいろと解るものです。



では。



by fujipapa-sas | 2018-08-10 23:20 | 考え | Comments(0)

見たまま、感じたままを

見たまま、感じたままを言葉に出さないこと。

出すのならば、様々なトラブルが起きても文句を言わずに受け入れよう。

出す時には覚悟が必要だ。

なぜならば、出そうという動きが、あなたを苦しめる罠かも知れないからだ。

出せば楽になるだろうが、その一時だけを見ているようでは罠にはまる。

その意味を考えて、辛抱我慢して受け入れて乗り越えるのだ。

そこに人生の意味がある。

怒りに、悲しみに流されてはダメだ。

罠はソコ(底)にある。



自分の周りにあるイライラに罠があるということは、それをする人は…。

悟らせる人が、すべて善人だと思ったら大間違いだ。

悪人ほど自分を悟らせる。

自分が、それを受け入れて悟れば、その人は居なくなる。

そこで、その人の役目が終わるからだ。

嫌な人は感謝の気持ちで遠ざかる。



見たまま、感じたままで、それを語る事なかれ。

それが大きな渦の先の小さな波。

知らないうちに渦に巻き込まれてゆく。

魔は、常に正当なことをあなたに与えて、大義名分で悪を打たせようとする。

正義が正しいとは限らないことの意味は、そこにあるのだ。

考えるのだ。

悩み苦しみ藻掻き落ち込んでもいい。

その先に、新しい素敵な人生がある。

越えられないから変わらないのだ。

人生を変えたいのならば、考えて感謝することだ。



言葉に出す時は、人生が狂うことも覚悟して言おう。

敵が増えれば逆恨みも増える。

人様の恨みの念は、本人の無意識のところで育つから怖い。

感謝のバリアで自分を守りましょう!




では。




by fujipapa-sas | 2018-07-31 13:15 | 考え | Comments(0)
自分が悪いのに、素直に謝れない人からは、遠慮なく離れましょう。

情があって離れがたくても、そのままズルズルと時間が流れるだけなので一緒にいるだけ無駄です。

いままでの私は、情で流されて損ばかりしていても気になりませんでしたが、

謝れないような人とは、やっぱり離れた方がいいと最近になってしみじみと実感しました。


特に、自分が悪くても謝れないのに相手のミスには執拗に怒り、謝罪を求めるような人はダメ。

そして、すぐに謝る人だとしても、表面だけの人もダメです。

謝れない人は、自分を見つめていないし反省もしないので、相手の気持ちを理解する心がありません。

その場だけの感情で、その出来事の真理を見ようとしないので、いろいろな意味で話になりません。

迷惑をかけているという自覚がありませんから、きっと同じことを繰り返します。

そんなことを情でカバーしてあげても、向こうは当然としか思っていません。

こちらは助けてあげていると思っていても、向こうは感謝の気持ちもないから繰り返す。

そんなことでこちらがイライラして人生を乱すことは、本当に無駄の極みです。


小さい頃から面倒見のいい私(笑)

もう、謝れない人、反省しない人、繰り返す人は放置します(笑)

なぜなら、思っていた以上に人生は短いと悟ったからです。

手助けはしますが、様子を見てダメなら面倒は見ません。

いままでの人生で、謝れない人にはろくな人がいなかった。

見せかけの謝りをする人も同じだ。

今ごろになって気づいた次第です(笑)

「かけた情けが仇となる。」

何度、大きな仇を返されたことか(笑)

もう歳なので、返されても受けられないから、受け流すことにしました(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2018-07-27 15:00 | 考え | Comments(2)

犬じゃない。

私に尻尾は無い。

餌を見せて言うことを聞けと言われても、私は尻尾を振ることは無い。

自分の立場や人生が上手く回らなくなったとしても、私は犬ではないのだから振る尻尾は無い。

そんなことを言われても、ニヤリと笑って背中を見せよう(笑)



餌をもらえなくても、面と向かって噛み付くようなことはしない。

犬ではないからだ(笑)

相手が権力をかざして私を消そうとしても、私はニヤリと笑う。

なぜならば、そこにもいろいろな意味が隠されていて自分を成長させてくれるからだ。

怒って噛み付けば、きっと他の者と同じように尻尾が生えてしまう。

不景気のせいか、最近は犬が増えた(笑)



我々は人間なのだ。

バカな権力者に尻尾を振るぐらいならば、背中を見せて立ち去ればいい。

自分自身に正直になって、志を忘れずに前へ進め。



私は犬好きなので、犬という例えは良くないとは思っていますが、許してくださいね♪

ちなみに、最近は人間よりも犬の方が頭がいいような気がします(笑)




では。




by fujipapa-sas | 2018-06-28 23:39 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心