カテゴリ:考え( 325 )

犬じゃない。

私に尻尾は無い。

餌を見せて言うことを聞けと言われても、私は尻尾を振ることは無い。

自分の立場や人生が上手く回らなくなったとしても、私は犬ではないのだから振る尻尾は無い。

そんなことを言われても、ニヤリと笑って背中を見せよう(笑)



餌をもらえなくても、面と向かって噛み付くようなことはしない。

犬ではないからだ(笑)

相手が権力をかざして私を消そうとしても、私はニヤリと笑う。

なぜならば、そこにもいろいろな意味が隠されていて自分を成長させてくれるからだ。

怒って噛み付けば、きっと他の者と同じように尻尾が生えてしまう。

不景気のせいか、最近は犬が増えた(笑)



我々は人間なのだ。

バカな権力者に尻尾を振るぐらいならば、背中を見せて立ち去ればいい。

自分自身に正直になって、志を忘れずに前へ進め。



私は犬好きなので、犬という例えは良くないとは思っていますが、許してくださいね♪

ちなみに、最近は人間よりも犬の方が頭がいいような気がします(笑)




では。




by fujipapa-sas | 2018-06-28 23:39 | 考え | Comments(0)
どんな人物が発言したかなんて関係ない。

その者じゃなく、その言葉の意味を考えなければいけない。

相手を見て判断していては、意味を理解することは出来ないし、自分を高めることも出来ない。

誰がなにを言おうが関係ないのだ。

相手の人格や行動に重点を置かないことだ。

なぜ、その場にいて、その言葉が耳に残るのか?

それが答えだからだ。

神様は、あなたが高まることを常に見守っておられる。



私の信頼する霊能者さんから、聞いた話です。
あるキリスト系の方々の集まりに行った時の話。
信者の女性の方が話してくれたそうです。

毎日、神様にお祈りを捧げていますが、最近、疑問に思うことがあった。
神様は、本当に私を見守っていてくださるのだろうかと。
ある日、東京の街角で、急にそのことが思い浮かび、
「神様、神様は私を見守っていてくださっているのでしょうか?」と考えた。
すると…

目の前の道を、大きなトレーラーが横切った。
そのトレーラーの側面部分にある大きな看板の文字が視界に入った。

「G.O.D」

涙が止まらなかったそうです。


今の私にも、毎日、同じようなことが何度も起きている(笑)

言葉に文字に映像にと、あちらこちらに散りばめられています(笑)

私は、いつも自分を高めたいと考えています。

欲まみれの先日までは、なかなか気づかなかったけれど、いまは違います(笑)


誰もが自分の側に神仏が、ご先祖様がいらっしゃると感じた時に高まりは始まる。

どんなこと、どんな人物にも感謝出来るようになった時に感じることが出来る。

たが、だからといって、その囁きが神様とは限らないから難しいのだけれど、

そこまで行くためには、自分が自分自身をどれだけ高められるかだ。



心からの感謝が、心の扉を開き、心眼を目覚めさせる。


今の意味を考え、自分を高めましょう!




では。





by fujipapa-sas | 2018-06-17 09:44 | 考え | Comments(0)

受け止められるのか、

心の仮面をつけて生きている社会。

自分さえ守られればいいと、他人の不幸を尻目に知らぬ存ぜぬで生きている。


それが人間というものだとは知っているけれど、助けたいから助けているだけ。

でも、助けられているモノは、それが当たり前のように感じて生きている。

助ける者の気持ちなんて関係ない。


助ける者の苦労よりも、自分の現状が改善されればいいだけだ。

助ける者の気持ちが解る者は、なにがあっても助けを求めない。

助けたとき、お礼を言ったとしても過ぎてしまえば過去のこと。

恩義だ感謝だなんて、雪のように溶けて消えてしまう。

助けを求めるモノに期待をしても無駄なのだ。


助ける時には、なにも求めずに、自分の心を信じて助ければいい。

自分が助けたいから助けるだけでいい。

少しでも役に立てたかな?なんていう気持ちがあれば、裏切られた時に苦しむだけだ。

助ける時は、全てを受け入れる覚悟をしなければいけない。

善意で助けてしまうと、裏切られた時のダメージは大きい。

私も費やした時間や、お金に心も半端なく多いけれど、全て覚悟していたから笑い飛ばせる(笑)



助けたことを後悔したり、悔やんだりしている時点で自己満足になる。

小さいころ、親切をして喜ばれることを嬉しく感じていた私。

自己満足なんだと気づいた時は、もの凄くショックだった(笑)

同時に、助けることの難しさを感じ、やっと大人になって理解出来るようになりました。

助けることは難しい。

相手の全てを受け入れて、自分の心の修行だと感謝しながら助けなくてはならない。


最近になって、いろいろと理解出来たら、不思議と相談が減りました(笑)

人間関係や、お金の相談も受けなくなった。

だから、最近の私のスマホは静かです(笑)

通話もかけ放題なのに、月に1回ぐらい親友のオッサンから電話があるぐらい(笑)

ラインもなにもしていないので、毎日が平穏で落ち着きます(笑)

今回の入院で、魔の渦から抜け出してから、引き寄せなくなったようです(笑)

受け止められるようになったら、これだ(笑)

人生はおもしろいですね(笑)




では。




by fujipapa-sas | 2018-06-14 14:01 | 考え | Comments(6)
今日は時の記念日らしいですね。

前にも書き込んだかも知れませんが、時計は何を計る機械でしょうか?(笑)

時間を計る機械ですよね?(笑)

でも、私は随分前に気づいたことがあります。

時計は、地球全体の生命の時間の平均値を計る機械だって(笑)

なぜならば、個人で感じる時間の流れは違うからです。

何かに集中している時の時間の流れと、暇で退屈な時の時間の流れが同じだと思いますか?

違いますよね〜(笑)

時計は、そういう個人の時間の流れを平均的にする機械なのです。

理解していただけますでしょうか?(笑)



時間の流れって、決まった尺度では計れないものだから、時計が必要なのです。

時間は個人の感覚で、長くも短くも出来るのです。

私は時々、時間を長くしたり短くしたりしています(笑)

感覚を研ぎすませば簡単に出来ますよ(笑)



では。




by fujipapa-sas | 2018-06-10 12:14 | 考え | Comments(0)
自分の人生なのだ。

人生は自分で切り開くものだ。

様々な苦難があるだろう。

その意味を考えて生きて行けば、すぐにでも道は開ける。

ただ、その意味に恨みや憎しみが少しでもあれば、道は開けない。

自分は悪くないと考えると、そこですべては無駄になる。



他人のせいにすることが一番悪い。

それは大きな逃げになる。

私も、若い頃は他人のせいにばかりしていたから、そのことは理解している。

だから、若い頃の自分は道が開かなかった。

今は違う。

すべてが繋がって起きていることに気づいたからだ。

他人様は、そのことを教えてくださるきっかけなのだ。

自然現象で教えても解らないのならば、身近な人間で教えるしかないじゃない(笑)

他人様は自分の鏡だ。

「なんで、あんな人と同じなんだ!」という方がいたとしたら、そこですよと答えましょう(笑)

自分というプライドを捨てない限りは、人生は開けない。

出逢う人は意味があって目の前に現れる。

嫌な感じの人も同じだ(笑)



心を穏やかに、何ごとも受け止めておけるようにしていれば、すべての出逢いに意味があると解る。

イライラせずに、その意味を考えよう。

イライラは自分をダメにする天敵だ。

無意識にイライラしているようならば、憑依されていることも考えよう。

心穏やかな人に対してイライラするようならば、憑依かも知れない。



先ほど、息子が久しぶりに帰って来た。

今朝、なんとなく帰って来る気がしていたので話すと…

先日、オバケを見てから夜中に目が覚めることが多くなり、急に顔全体が虫刺されみたいに腫れたそうで、

「小高い山に御参りに行こうと思って帰って来た!」そうだ(笑)

先日に帰って来た時、イライラが視えたのと私を避けていたので、うすうす感じてはいた(笑)

でも、本人が気づかない限りは助けようがない。

今日も「仕事が忙しいし…。」と、仕事のせいにしていたから「それがダメだ。」と伝えました(笑)

「おまえ、最近イライラが増えただろ?それに私と会うのも嫌がるしな(笑)」と言うと、

「確かに、オバケを見る前あたりからイライラしていた。」と、自覚症状があったとのこと。

私に会うことが嫌なことの意味も理解していたようで、背中に手をあててあげたら嫌がらなかった(笑)

私を嫌がる人は、大概は業が深いか憑依されているからおもしろい(笑)

「憑依されるのは、感謝が足りないからだ。」と伝え、明日一緒に御参りに行くことになりました。



私は、昔の私とは違います(笑)

嫌がられても昔のように「なんでだ?」なんて思いませんし、おせっかいもしません(笑)

嫌がる人は他人様のせいにして、自分にも問題があると認めようとしないからです。

まずは自分を見つめ、何が原因なのか考え、出来事に感謝して本当の意味を見つけましょう。

その出来事は他人様のせいではありません。

自分の心が、そういう不幸を呼び寄せています。

まずは、心を穏やかにしましょう♪





では。






by fujipapa-sas | 2018-06-04 17:31 | 考え | Comments(0)

魂と刀

刀の作り方と、魂の鍛え方が似ていることに気づいた。

鋼を高熱で熱して叩いて鋼を鍛える。

熱が冷めて、叩いても鋼が変形しなくなったら水に入れて焼きを入れる。

また高熱で熱して…と、何度も繰り返して刀の形になったら、砥石で研ぐ。

荒い砥石から、細かい砥石へと、刀の刃が研ぎすまされて完成する。


人の魂も同じようではないか。

イライラや憎しみで心が燃えたぎり、その意味を考えて反省し、心を冷ます。

また嫌な出来事が起こりイライラして燃え上がる。

なぜ毎回、そういうことがあるのかと自分にも問題があると考え、また冷ます。

何度も、そういうことを繰り返すうちに、形が整えられて、冷静になって心を磨く。

最初は、ざっとした荒めの考えから、事の細部まで見て理解することが出来るようになる。

すると、刀のように鋭くて切れ味のいい魂に変わって行く。

そういう刀のような魂には、魔は寄り付かない。

イライラすることや嫌なことが寄り付かなくなるのだ。



人が亡くなった時に、棺桶に守り刀を入れるのは、魔が寄り付かないようにするためだと聞いた。

でも、それは、本当は心と魂が刀のように鋭くなっていれば必要がないのかも知れないな。

今の私は、研ぎの行程に入ったようだ。

昨日、なぜか本気スイッチが勝手に入りました(笑)

よい刀(魂)になるように、時間をかけて丁寧に魂を磨くことにしました。

私の後ろで見守ってくださっているお侍さんも、喜んでおられる気がします(笑)

私は、魂の鍛冶屋なのかも知れません(笑)

それも、頑固で客を選ぶ変わり者の鍛冶屋(笑)

刀は、依頼者の心の鏡。

今日からは選ばせていただきます(笑)

というか、業の深い方や腹黒い方は近寄れませんので、あしからず(笑)

でも、なんだかんだで助けますけどね(笑)

私の元に磨きに来られたいのならば、自分の後ろと戦ってください。

そのためには自分を見つめ、全ての出来事に感謝してくださいね。

上から目線の書き方になり申し訳ありませんが、魂を鍛えるのは大変なので…。



さて、スイッチも入ったし、いろいろな魔物に負けないように刀を鍛えますか!

今年の秋からの人脈が変わる気がします。

世の中の魂も2つに分かれますよ。

おもちゃの刀になるのか、真剣になるのかは、あなた次第です。




では。



by fujipapa-sas | 2018-04-24 21:25 | 考え | Comments(0)
先行き不安な人生ならば、先を考えなければいい(笑)

考えなければいいだけで、逃げたりしてはダメだよ。

逃げようとすると人格が変わってしまう(笑)

人格は簡単に変わるから危険だ。

人生までも大きく変わってしまうから、逃げてはダメだ。



明日は必ず来るのだから、今を感謝していれば道は開ける。

マイナスの未来を考えると、マイナスな未来しか来ない。

なにも考えずに今日を感謝していれば、いい未来が来ると思いませんか?(笑)

感謝はプラスしか生まない。

今日を生きることが出来たのだから、いい明日が来るよ♪



ルーチンの毎日はつまらないし飽きるかも知れないけれど、

それは、心の感度を上げていないからだ。

毎日の出来事に感謝していれば、いろいろと視えて来るよ。

嫌な出来事に感謝してごらん。

嘘でもいいから、嫌なこと、嫌な人に感謝するんだ。

心の中でいいから「ありがとう」だけでもいいから唱えよう!

そうすれば、人生の先は安泰だ!(笑)

楽しい毎日が来るよ♪




では。





by fujipapa-sas | 2018-04-22 21:27 | 考え | Comments(0)

何も出来ない者。

作ることも壊すことも、生かすことも殺すことも出来ない者ほど、

いろいろなことを語り、自分の意見が正しいと発信する。

何も出来ないくせに…。



大規模な戦争は、まだ起きない。

地震も今年は来ない。

不景気は相変わらずだが、インフレは起きない。

世界情勢の不安を煽り、喜ぶ者は、そのままで死んで行く。

自分の価値と可能性も見ることもなく、他人のことをバカにして死んで行く。

陰謀だの闇の社会だの、そんなことを考える前に、自分の未来を考えろ!

真面目にコツコツと生活することが、そういうことに負けない自分を作るのだ。

どんな社会であろうと、毎日を有意義に感謝して生きろ!

バカじゃないのならば、自分の意志があるはずだ。

世論なんて、他人様の意見だ。

まずは自分をしっかり持って、自分の道を作るのだ。

自分を信じて明るい未来を作ることの方が重要だ。

世界は、蚊帳の外でいい。



私の経験からいうと、出来ないヤツ、やらないヤツほど騒ぎ立てる(笑)

中途半端な者ほど吠え、ピンチが来ると逃げる(笑)

一人では何も出来ないと理屈をこねるが、独りでも、信じていればいい。

いつか、同じ考えの者が集まり、世界は変わるはずだ。

なぜ、パソコンが世界に普及したのか?

なぜ、その机の上で、世界が回覧出来るのか?

あなた方が選ばれたからだ。

その意味を考えろ!

マイナスに流されるな。




世界は、まだ知らない。

本当の意味は、想像以上に恐ろしいものだ。

毎日があることに感謝して生きよう。

そうすれば、予言だの世論などに惑わされることはない。

自分を信じて、毎日の出来事に感謝して生きよう。

マイナスに喰われたら、光りも届かない。





では。





by fujipapa-sas | 2018-04-14 12:18 | 考え | Comments(0)

自分がどうあるか…

自分がどうあるかであって、他人がどうなのかじゃないんだ。

他人様と比べても意味が無い。

自分自身の心の奥底にある『自分』に素直にならなくてはダメだ。

いつまでも他人様と自分を比べていたら自分では無くなる。

自分は『自分』らしくていいんだ。

でも、自分を守るためには、羊の皮を被っていてもいいんだよ(笑)

わかる人は『自分』を守るために演じていることを知っているからね(笑)

少しは自分らしく生きていいんだ。

他人様に気を使ったとしても、ピンチの時に助けてくれるわけじゃない。

そこはドライに考えよう(笑)



人生は自分のものなのだ!(笑)

では。







by fujipapa-sas | 2018-03-02 20:31 | 考え | Comments(0)

自分自身で勝負しろ

私もそうだった。

私の一族は、詳しくは言えませんが、先祖代々の大金持ち(笑)

父親の代でもお手伝いさんが5人。

祖父は百年前の北陸で自転車に乗っていました。

曾祖父の時は50人ほどのお手伝いさんがいて、家の天井は総漆塗り。

とにかくお金が有り余るぐらいで、父親が結婚した時もお祝いに広い新築の家だったほど。

私の代になり、少しずつ衰退して小学生になったころには普通の家庭になってた(笑)

でも、地元では名家の名残りがあって、高校生のころまではやっかまれた。



自慢の家柄で、少し前までは自慢ばかりしていました(笑)

でも、千日行をするにつれ、あまり詳しくは自慢せずにおもしろく脚色して話していたし、話さなくなって来た。

なぜならば、その過去の栄光はご先祖様が作った財産であって、私が一代で築いたものではないからだ。

あまりというか、血筋は話していないけれど、それ相応の血筋。

それさえも、私から出た血筋ではないのです。



なにが言いたいかというと、今の自分自身が作った財産や名誉が凄いなら自慢してもいいけれど、

ただ、ご先祖様の血筋がよかっただけで自慢したり、家系に酔いしれてはダメだということ。

私の家の一族は、いまだに酔いしれている(笑)

過去の栄光なんて意味が無い。

今の自分自身がどうあるかだ。

最近、特にそう思うようになった。

ご先祖様が凄いから自分も凄いと思ったら大間違いだ。

自分は自分でしかなくて、自分がルーツになるんだ。

自分から始まるのだ。



ご先祖様が凄いからといって、自分が凄いわけではないんだ。

いつまでも酔いしれていると悟れないよ。

悟るには、いろいろな糸をほぐさないとね。

自分自身で勝負してみろ!

なにも出来ない人ほど、自慢する(笑)

少し前の私です(爆)




最近、いろいろと考え方が変わって来ました。

一年前の自分とは別人のようです(笑)

一年後は、どうなっているのだろう…。




では。





by fujipapa-sas | 2017-12-13 22:42 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心