カテゴリ:まとめ( 8 )

第六感の呪縛

第六感に目覚めると、皆、そのチカラに惑わされる。

見える聞こえる感じる、五感で感じられない世界は他人様との違いを生み、特別だと思い込ませる。

感違い(勘違い)した本人は、そこから、変な世界の知識を自分自身で自分に刷り込み始める。

宗教や陰謀説に自然趣向、予言に過去に儀式に参拝など、ありとあらゆる思考的で空想的なことまで。



第六感は、そのチカラで人を惑わす。

たとえ、職業が神官や僧侶であっても、そのチカラは、その者を惑わす。

他人様のために、命をかけて供養していても、そのチカラはその者を惑わす。

無理もない。

他人様のために、そのチカラを使いたくなるもの無理はない。

つい先日まで、この私もそうであった。

だから重々理解出来る。

が、そういうチカラや行いは、死ぬ時に関係ないことに気づいた。

本当に必要なのは、そういう知識や人様の行為ではなく、己を見て死んでゆくこと。

己を見ずに、そういうことをしていても意味がない。

己のチカラを見た上で、己を知り、他人様を知って助けなければいけない。

特別なチカラだと感違いして、第六感を使っていては真実は見えない。



では、どう生きていけばいいのか?

第六感を持っていようとも、普通に生きろ。

服装や飾りも、それらしくしなくていい(笑)

幸せならば、パワーストーンもスポットも必要ないのだ(笑)

普通の中に隠れていれば、いろいろな真実が見えて来る。

特別だと考えて生きるから、様々なトラブルが降り注ぐ。

自分に合った生活をして、感謝しながら人生を過ごせばいい。



第六感は、あなたを真実から遠ざけるための試練だ。

真実から離れてしまっては真理は見えない。

心の垢を削り取れ。

第六感に惑わされるな。

人助けをしたい気持ちは重々承知。

見える人助けは誰でも出来る。

影に隠れて他人様を助ければいいだけのこと。

影にならなくてはいけないのに、太陽のように光り輝き、他人様の影を祓わなくてはならない。

この世は矛盾の中で成り立っている。

産まれた瞬間、死に向かって生きてゆかねばならぬ矛盾。

産まれた意味も知らぬまま死んでゆく命もある。

この世は矛盾だらけだ。



第六感も矛盾だらけだ。

よく考えれば、その意味も解ることだろう(笑)



死ぬときには、この世の全てが関係なくなる。

ゆえに、日頃から死を覚悟し、生きていることへの感謝の気持ちが必要なのに、

変な知識で心を染めてしまっては、自分自身が成仏出来ないのではないか?

第六感は真理を見えなくするための足かせ。

惑わされるな、踊らされるな、真実を見て生きよ。

第六感は神仏に繋がるチカラだからこそ、見え難い。



今日は、ここまで。




では。




by fujipapa-sas | 2018-09-26 15:00 | まとめ | Comments(0)

除霊の罠。

怨霊の怖さを知らない者が多過ぎる。

魔物の恐ろしさを知らないから仕方が無いが、にしても無知過ぎる。

悪を知らぬまま、他人様を助けることが美徳だと信じているからだろう。

悪いことをしたことがない者に、悪しき者の気持ちが理解出来るはずもないか…(笑)


襲いかかる魔物は低級だ。

本物の魔物は頭が良くて冷血。

じわじわと時間をかけてでも、その使命を果たす。

そのためならば、平気で負けたフリや嘘をつく。

ここまで読んで意味が解らない者は、除霊などしない方がいい。

いつか命を取られるからだ。

世間一般の除霊で、魔物が消えることは無い。

魔物は強い光りで消すしかないのだ。

だが、光りとて無限ではない。

太陽が夕方になって隠れるように、己も沈めば闇が蠢く。

この世は、そういう運命なのだ。



魔物は闇に隠れるだけ。

獲物を、あなたから離せばいいだけなのだ(笑)

「おかげさまで元気になりました!」

本当か?(笑)

怨霊や魔物の言葉を信じてはいけない。

除霊出来たと笑顔で話す、そんなあなたをも狙っているのだよ。

本当の除霊が出来る者は、この世で一握り。

でも、そういう者は姿を隠している。

なぜなら、魔物が怖いからだ。

触らぬ神に祟りなし。

魔物も魔神だ。



魔物は感謝されることが弱点とだけ伝えておきましょう(笑)


今夜は、ここまで(笑)


では。







by fujipapa-sas | 2018-09-15 22:24 | まとめ | Comments(0)

多面体。

この世は多面体だ。
あの世も多面体。
多面体同士が繋がっているのだから、それを理解出来ない人類には、この世はややこしい(笑)

ある人は、ある一面だけを見て自分の考えが正しいと言うし、
またある人は、そうじゃないと反論して自分が正当な後継者だとか語り出す(笑)
どれも正しいのだよ(笑)

人、それぞれの全ての考えが正解であって間違いじゃないのだ。
なのに、誰もが自分の眼や感覚に経験が正しいと勘違いしている。
まぁ仕方が無いよね、みんな自分の見えていることしか信じないからさ(笑)

この世と、あの世の多面体の面倒な所は、さらに、その裏側の部分の多面体があるということ。
それを理解出来ないと、心が光り輝くことはないのだ。
多面体は、人の心を惑わすように作られている。
一見すると複雑に見える多面体だけれど、そんなに難しいものじゃない(笑)

少し離れてみれば、ただの球体だよ(笑)
そう、それが宇宙のコアであり、自分自身なのだ。

多面体の面は、実は全てが自分の心の意識であり、その集合体が神や仏なのだ。
だもの、それぞれの面が気になってしまい、その見えている面だけが自分の思想だと考えてしまう。
面は光り輝いているから、人によっては自分が神様だと勘違いするだろう。
でもね、ひとり一人が神様なんだから、そう思っても仕方がないよね。
多面体は、神様の集合体なんだもの♪

あなたが生きているこの世は、あの世に行くためのデーター採取の旅なのだ。
だから、いろいろな経験をするのだ。
いいことも、嫌なこともたくさんのことを経験するのは、そういうことなんだ。
多面体は、そのデーターを使い、次の新しい面を作る。
あなたのデーターが、新しいステージを作ることになる。

この世で酷いことをしたとしても、それを理解していればいい。
それを悔やんで自分を責めても仕方がないよ(笑)
なぜならば、終わったことだからだ(笑)
嫌な思いをさせてしまった相手が恨んだとしても、それは相手に意味を考えさせるための試練だ。
相手も、その意味を考え、理解して光り輝かなければいけないのだ。
なのに、その起きた嫌なことをいつまでも恨んでいては面も輝けない。
心が曇ったままで一生を終えてしまう。

裏切ったとしても、裏切られたとしても、それには正当な意味があるのだ。
裏切ったことを悔やむなら、心から反省をすればいい。
明日には死んでいるかも知れないのだから、いま、反省をすればいい。
もしも明日になって、また裏切ったとしても、また反省すればいい(笑)
神様は、その意味を知っている。
だから、お前の過去は…などと責めることはないよ(笑)
あなたが、神様の一部であることを誰よりも理解してくださっているのだからね。

あなたは、神様にとって大切な存在なのだ。
あなたがいなければ、その素敵な光る多面体にはなれないからだ。

私はサザンオールスターズが大好きだ!
ファンになって38年だけれど、こんなにも凄い国民的なバンドになった!
なぜだと思います?
それは、ファンひとり一人がサザンを愛し続けたから…。
我々ファンがいなければ、サザンとはいえ、いまごろ消えていた。

神様の世界も同じだと思う。
我々人類が、様々な経験をして神様を愛して、自分を大切にしなければ消えてしまうのだ。
もちろん、その裏側の世界の魔界もそうだ。
悪いことをする人間がいなければ、魔界とはいえ消えてしまう。
多面体の表面だけでは、その形を維持出来ないからだ。

この世は多面体だ。
いろいろな考え方や生き方があって当たり前(笑)
そのひとつ一つに固執するから争いが絶えない。
自分の心も多面体だ。
だから、どれが本当の自分なのか解らなくなって悩み苦しむ。
無(む)だの、空(くう)だの言っているうちは、まだまだだよ(笑)

すべては「ひとつ」なんだよ。

光り輝く多面体の玉だ。

それさえ知っていれば、明日死んだとしても大丈夫さ(笑)
私は、常にそう思っています(笑)

この世の行為に罪はない。

ひとつの面だけを見るから許せない。
いろいろな角度で人生を見て、自分を許しましょう!
そうすれば三途の川も、閻魔大王も素通りでパス!(笑)
神仏が手を広げて階段の上で待っている♡
堂々と胸を張って駆け上がれ!



久々に、意味の分からない文章ですが、解る人がいれば幸いです(笑)


では。




by fujipapa-sas | 2018-08-28 13:13 | まとめ | Comments(0)

羅針盤

人生は、世界の海を航海する船のようだとも言われている。

いままで過ごした人生観で船の種類や大きさが変わる。

笹舟や泥の船、ヨットやクルーザー、軍艦やリゾート船にアヒルのボートなど(笑)

船の大きさで、人生という大海原の行動範囲が決まってくる。

身近な池から大海原まで、様々なことを人生で経験する。

辿り着く港で船を変えながら旅を続けてゆく。

笹舟から、いろいろな経験をして、心の羅針盤を信じて次の港を目指す。

船が大きくなるに従って乗組員も増え、みなを乗せて大航海へ。



乗組員は、あなたを信じて乗り込んで来る。

静かで快適な航海をするには、心の羅針盤を高性能にして港を目指さなければいけない。

船長自らが、なにかに頼っていてはダメだ。

自分を信じて誰よりも冷静に前に進まなければ、大きな船であっても座礁して沈没してしまう。

太平洋の真ん中で水面が綺麗に光っていても、その下には岩礁があるかも知れない。

綺麗な水面であっても、見た目で判断してはダメだ。

乗船させる者にも注意が必要だ。

渡された経歴を鵜呑みにしてはいけないよ。



船長は、隅々まで気を使い航海をしなければいけないのだ。

人生は自分自身の航路だ。

どんな大陸の港に着くのだろう。

それは、すべて自分自身の羅針盤で決まる。

羅針盤を誰かにまかせるな。

自分を信じて荒波を越えるのだ。

波にもまれることで、船はグレードアップする。



あなたの船は、どんな大きさで、どれぐらいの性能の船ですか?

私の船は、宇宙戦艦ヤマトです!(笑)

プラモデルですが、波動砲は光ります!(笑)




人生は、大海原に浮いた一隻の船。

どこに行こうが自由だ。

だからこそ、心の羅針盤を鍛え抜いて前へ進もう!

いろいろなものや、ことに頼って逃げていては碇は上がらないよ。

自分さえしっかりしていれば、それこそ宇宙に行ける(笑)

自分を見つめ、素敵な航海にしましょうね♪





では。





by fujipapa-sas | 2018-08-26 15:25 | まとめ | Comments(0)

心霊は怖い・3

心霊の怖いところは勘違いさせることだ。

15年前ぐらいのこと。
いきつけの病院の看護師さんから連絡が来た。
忘年会の時に写真を撮影すると、後ろの壁に女性の顔が2枚の写真に写っているとのことだった。
他の看護師さんで霊感の強い方がいたのだが、その方にも見えるということで大騒ぎだという。
あまりにも不気味なので、病院の先生が視てもらっている霊能者の方にも視てもらったが、
確実に心霊写真だとのことで、その写真を見せてもらうと…。

ここで少しそれますね(笑)
病院の先生が視てもらっている霊能者の先生は、先生が絶大なる信頼をしている先生で、
看護師さんの募集をする時には、霊能者の先生に履歴書を渡して視ていただいて、
霊能者の先生が伝えた言葉を基準に採用を決める。
その他の相談事も、全てその先生のいいなりになっていたそうです。
私が病院に行った時に、一度だけ病院の玄関で霊能者の先生とすれ違いましたが、
私には普通に性格の悪いオバさんにしか見えなかった(笑)

私は、すべての事象を心霊関係とは決めつけません(笑)
科学的に、医学的にも考えます。(医者ではありませんが、身体が弱かったので知識はあります(笑))

その写真を見ると、日本料亭の床の間をバックに10名ぐらいで並んで撮影された写真でした。
砂壁で緑がかった茶色というか、そのような感じの、ごく当たり前な壁。
その中央に、黒っぽい影のような人の形をしたものが写っていました。
でも、私は霊的な感じには視えませんでしたので、「これ、なにも感じませんよ。」と伝えると、
「いや、そんなはずはないです!黒い人影が壁に写っていますし、私も女性のように見えます!
霊能者の先生にも見せましたが女の霊だと言うし、同僚も同じことを言っていましたから!」と言われたが、
「2枚目の写真を見せてもらっていいですか?」と言って見せてもらうと…。

両方共に、同じように影が写っている(笑)
結論から書くと、ただの壁のシミでした(笑)

「これ、同じ位置にありますよね?心霊写真では、同じようには写りませんよ(笑)」と答えると、
「えっ!ほんとうだ!じゃぁ、心霊写真ではないのですね?」となり、騒動は解決!(笑)
後日、霊能者の先生に「写真は供養するから渡してね。」と言われた時、詳しくは言わなかったそうです(笑)

「その霊能者の先生は、普段は何をしているの?」と聞いたら
「信者の方が30名ぐらいいて毎日拝んでいるみたいです。」
信者の方々から、お布施をいただいて生活しているとのこと。
ひとり一万円を毎月いただいたとしても、月に30万円の収入だ(笑)
いいビジネスになるなぁ〜と思ったのは言うまでもありません(笑)

心霊は怖い。
少しだけ、そういう力を持っている者を勘違いさせる。
本物のように、特別な能力者のように魅せる。
さすが魔物だ、上手に蝕んでダメにしてゆく。
感じない方々から見たら、それはそれは凄い霊能者に見えることだろう(笑)
偽物ほど本物以上に見えるのにね…。

信者が多ければ本物かといえば違う。
信じている者の数じゃない。
本物は隠れている(笑)
そして、すべてを心霊現象とは見ない。
私は、本物ではないし偽物でもない、ただのスケベなオッサンだ!(笑)

心霊は怖い。
今回の話から、いろいろと考えてくだされば理解していただけるかと思います。


では。




by fujipapa-sas | 2018-06-10 00:56 | まとめ | Comments(0)

心霊は怖い・2

人間は簡単に死にます。
なのに人間は死なないと、自分だけは長生き出来ると勘違いしています。
人間は生かされているから生きながらえているだけなのに…。

心霊は人間の命でさえも簡単に奪い取ります。
30年ぐらい前になるでしょうか、地元でこんな話がありました。

ある方の記念写真に妙な影が写っていたそうです。
知合いの霊能者に見せると、私には手に負えないから他所に持って行ってくださいと言われ、
他の霊能者に持って行っても同じことを言われる。
何軒も回るが、必ず言われる言葉「関わると死んでしまう。」

私の隣街にいらっしゃった霊能者に訪れたときも同じことを言われたそうですが、
「なんとかしてください!」とお願いすると、しぶしぶ受けて入れてくださり、
「失敗した場合、私が死にます。なので全力でお供養します。」というようなことを言われたそうです。
依頼者は、本当に喜ばれましたが、それほど心霊的なことを信じていなかったようで軽く考えていました。

その数日後、その霊能者の方が突然死をされました。
偶然かも知れませんが、数々の霊能者が拒んだ案件です。
どう考えても、祟りに連れて行かれたとしか言いようがありません。
その後、依頼者がどうなったかは知りませんが、きっと重い人生になられたことでしょう。

心霊現象を受けて供養される方々は、このように大きなリスクをしょって助けてくださっています。
なのに、最近の方々は簡単にお願いするし、簡単に受けてしまう。
心霊の怖さを知らないのに、自分でも出来ると考えてしまうからだ。
スピリチュアルとかいう言葉が、心霊を簡単にしてしまった。
誰にでも出来るようなことではない。
心霊の世界は、多岐にわたる迷路のようなもの。
知識と経験と心が試される。

人は簡単に死ぬ。
殺す気になれば、ちょっとしたことをアドバイスすれば勝手に死なすことも出来る。
簡単なアドバイスで死ぬということは、間違えたことを教えれば死んでしまうということ。
死なないにしても、人生の運が下がり病気をしたりトラブルに巻き込まれたりする。

20年前ぐらいのこと。
実家によく遊びに来ていた知合いの家に、ある日突然遊びに行きたくなった。
仲の良い美人のお姉さんなのだが、心が悪魔みたいなヤツで私とは馬が合った方(笑)
もの凄く美人でしたので、私の弟を初め、周りの連中がチヤホヤして夢中だった(笑)
ある時「あんたは、なんで私のことを好きにならないんだ!」と面と向かって言い放った女(笑)
「だっておまえ、笑顔を振りまいてぶりっこしてるけれど、心が悪魔じゃん!(笑)」と言うと、
「よく見破ったね、いままで誰も見破れなかったのに(笑)」というヤツ(笑)

家(社宅)に行くとビックリしていた。
なぜかというと、今度新築の家を建てるところで、明日から工事が始まるところだった。
「あんた家相とか詳しかったよね?設計図を見てくれる?」と言われたので見ると…。
最悪の家相だった(笑)
鬼門に玄関、中央に囲炉裏、裏鬼門には暖炉という設計。
他にも、細々としたやってはいけない家相だった。

私の母親が家相には詳しいから、「おまえ、お袋に相談してないだろ?」と言うと、
「うん、なんかいいかなと思って…。」という返事。
「おまえ、年がら年中、方位とか相談に乗ってもらっていて肝心な時に聞かないでどうする!」と怒った。
慌てたお姉さん、すぐに私の母に電話してくれと懇願(笑)
お袋に電話して家相の説明すると「◯◯◯が死ぬよ!」と、お姉ちゃんのことを心配して怒鳴ってた(笑)
「別にいいんじゃない。悪魔だから死なないよ(笑)」と言うと「洒落にならないから!」と激怒(笑)
電話を変わると、みるみる顔色が悪くなるお姉ちゃん(笑)
明日から工事開始なのに、すぐに不動産屋に連絡して中止。
その脚で私の実家に向かいました(笑)

後日、「なぜ、おまえは急に家に来たの?」と言われたので、
「この前のおまえの結婚式の時に、お前の亡くなったお父さんが視えてさ、宜しくと言われてた。」
「あの日の朝、その式の時の夢が出て来たから行っただけ(笑)」と伝えると、泣いてた(笑)
実家に行ったとき、お袋にもの凄く褒められた(笑)
「あのままにしていたら確実に、あのこが死んでいた。お手柄だったよ。」と…(笑)

お姉ちゃんは、そういう知識がないから、そういう家を持ちたいと考えていただけだ。
別に、普通の考えだ(笑)
でも、そういうことを知らないまま建てていたら、どういう人生になっていたでしょう?
私の実家は前にも書きましたが、家相が悪くて3回も建て直している。
だから、そういうことは詳しいのです。

お姉ちゃんのことが憎らしかったら、私が黙っていれば殺せた(笑)
これが、人間は簡単に死ぬという言葉の意味です。
間違った情報を伝えてしまったら、あなたのアドバイスで簡単に死ぬ。

だから、興味だけでカウンセラーやら除霊などをしてはいけないのだ。
心霊の闇は深く、想像以上に怖い。

最近、夕飯の後に血糖値を下げるために近所を散歩しています。
暗くて見えないけれど、どうしても家相を通りながら見てしまう(笑)
メチャクチャな家相の多いこと。
住んでいる家が悪いのに、パワースポットだなんだといって運が上がるわけがない(笑)
断捨離?
元(家相)が悪いのに?(笑)

神仏のおられる場所は聖域です。
家相(賃貸の部屋も含む)が悪いのに、開運は無理に近いですよ(笑)
でもね、元(家相)が悪くても、元(あなたの心)が良ければ開運しますよ♪
聖域は、その方の心を見ています。

そういう意味でも心霊は怖いのです(笑)

凄く長くなりましたが、続きます(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2018-06-08 11:55 | まとめ | Comments(0)

心霊は怖い。

40年近く前のこと。

物心がついたころから、心霊やUFOに陰謀説、古代文明の謎に興味が芽生えた。
いまも発売していますが、ムーという雑誌の2号から5年ぐらいは毎号を買っていました。
小学生から高校ぐらいまででしたが、ガチガチのオカルト少年(笑)
勉強は出来ないくせに、そういう知識は浅くても幅広く知っていました。
あのままカルトな感じに生きていたら、いまごろは教祖となっていたでしょう(爆)

この20年ぐらいで、スピリチュアルという言葉が浸透しましたが、昔は心霊でした。
スピリチュアルという言葉が広まったことで、心霊が誰にでも伝わるようになり、
本当は、もの凄く怖い心霊の力の垣根が低くなってしまいました。

幼稚園のころ、蜘蛛の巣に石鹸水を付けて遊んだことがありました。
石鹸水を巣と蜘蛛の脚に付けると、蜘蛛の脚の油分が取れてしまい、蜘蛛が糸に絡まるのです。
それが楽しくて遊んでいたら、お袋にもの凄く怒られ、後日、行者の先生にも怒られました(笑)
行者の先生曰く『蜘蛛は祟るから、殺すのは絶対にしないように。』でした。
でも、まだ6歳ですので、普通ならば理解出来ないでしょう(笑)
だけど、私は理解をして、その話を近所の幼なじみにしたのです。
すると「バカじゃないの?」と笑われ、しまいにはお袋の耳に入り、
「そういう話を普通の人は信じないから、これからはしないように!」とお灸をすえられました(笑)
昔、そういう話は御法度だったのです。

そう怒られたにも関わらず、その後、いろいろなことが起こったり起こしたりしました(笑)
私にとっての心霊は、小さいころから、いつも側にあった出来事なのです。
だからこそ、その怖さを人並み以上に知っています。
このブログにも出て来る後輩は、もの凄い有名なお寺の子孫です。
「祖母の実家が、◯◯寺なんだ。」と、知り合って10年ぐらい経ってから言われた時はビックリしました。
その後輩は私以上に心霊の怖さを知っていますので、あまり口にはしません(笑)
一時期は、幽霊やら怪奇現象やらで生きているのも苦痛だったそうです。
小高い山の神様に、霊が見えないようお願いに行ったら見えなくなったと教えてくれました(笑)

後輩も最近のスピリチュアルブームには呆れています。
「本当の怖さを知らない。」と言っていましたし、私も同感です。

私も中学時代に、学校で心霊関係の事件を起こしています。
あやうく親友が死ぬところでした。
詳しくは書きませんが、親友も心霊に興味を持ち仲良くなるうちに、祟りに触れて連れて行かれそうになりました。
その時も小高い山の神様に助けていただきました。

成人してからも、映画化出来るようなホラーな話がありますが、
祟りで亡くなられている方々が数多くいらっしゃるのと、
書くだけで、収まった祟りが発動するので書けません。
夏のBBQ会場の写真から始まった惨劇でした。
その時は後輩も巻き込まれ、私も身の危険を感じていましたし、心霊の怖さの神髄を見ました。
心霊は神仏の領域であり、人間が軽く入り込めるような世界ではないのです。

千日行を始めたのも、相談してくる方々の魔をもらうので、自分を強くするために始めました。
不思議なことに、御参りを重ねれば重ねるほど、そういうことを言わなくなりました。
まぁ、いまも言ってはいますが、質が変わりました(笑)

とにかく心霊は怖い。
心霊という言葉を、軽い感じにした言葉がスピリチュアル。
言い方が違うだけで内容は同じです。

スピリチュアルが好きな人に気づいてほしいことがあります。
軽い修行や見せかけだけの知識で心霊現象は収まりませんし、開運もしません。
セミナーやヒーリングで人生は開けません。
そういうことで得た力は見せかけに過ぎません。
私から見たら、そういう方々は関ヶ原の合戦場に裸で行くようにしか見えません。
何万人もの鎧武者が両手に刀を持って、何も知らないあなたを殺しに来たらどうします?
あなたは知らないうちに、そのような修羅場に自ら歩いて入り込んでいるのです。

心霊の怖いところは他にもあります。
自分だけでは済まされないことです。
自分の子孫や家族に友人達にも忍び寄るのです。
簡単に考えていたら、簡単に家は絶えます。
なぜか?
人間は簡単に死ぬからです(笑)

長くなりましたので、続きはまた(笑)


では。

by fujipapa-sas | 2018-06-07 10:26 | まとめ | Comments(0)

最悪の家相だった。

先日のこと。

娘が珍しく話しかけて来た(笑)

「友達の霊感が強くなって、日々の暮らしがメチャクチャらしいから助けてあげて。」

以前、私が助けてあげた友達のことだった。

なので詳しく話を聞いた後、ちょっと呼吸を整えて視てあげると「家相」と浮かんだので向かうことにした。

車で向かい、私は初めて友達の家を見た…。

一戸建てのアパートだったのだが、最悪の家相なのが外見からも解った。



二階建ての外観だが、北東の位置が欠けていて欠けている東側に玄関。

トイレは玄関入って直ぐにあるので、北西の位置にある。

台所は西南で、特にレンジが西南にある。


これ、やっちゃいけない家相のベストスリーだ(笑)

まず、北東が欠けていることで全体の運気が下がるし、霊魂を呼びやすくする。

西南のガスレンジも最悪で、狼煙をあげて霊魂を呼ぶようなものだ。

西北のトイレは、その家主の運気を下げまくり、へたすれば命も失くしかねない。



そのせいだろう、その友達の家には声がしたり知らないオバケが立っていたり歩いたり物音は常にだそうだ(笑)

お父さんの職業もよくわからないし、今年が西南と東北が方位が悪いのに、西南に家を建ててもうすぐ引っ越し。

節分を過ぎれば方位が変わるけれど、方位の悪い今年に建てているから前途多難かも知れない。

参考までに、西に玄関や窓があるとお金が出て行く家相になります。

なぜか解らないけれどお金が貯まらないという方は、西に玄関や窓があるか確認してください。



私の実家は家相が悪くて新築後7年で、新築並みのリホームをしました。

が、それでもダメで、そこを売りに出して別の場所に新築しました。

家相は、本当に怖くて大変なんです。

一生に一度の高い買い物ですから、気にする方は慎重にしましょう!

ちなみに、私の実家は完璧に近いと行者の先生のお墨付きです。

なので、西側の壁には窓一つありません。

でも、散財が多いのは先祖代々の宿命なのでしょうね(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2016-12-28 14:42 | まとめ | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心