カテゴリ:神霊(しんれい)( 186 )

あまり書きたくないが書き留めておこう(笑)
その筋の人でも理解出来ないことなので、簡単に(笑)
信じない方は、それでいいですからね♪


私の弟は、とある歴史上の人物が秘術として編み出した占いのようなモノを研究しています。
その人物は誰もが知っていますが、その人物が
「下々の者に教える学問ではない。」と、後に言い伝えたことは知られていない。

元々は、私を助けてくださった行者の先生が学んでいた占いのようなモノ。
もの凄く難しくて私には理解出来ない(笑)
宇宙と、この世とあの世の仕組みを説いた学問。
これの占いが元となり、いろいろな占いになっていったらしい。

話がそれますが、先日のNASAのホームページに写っていた衛星の写真が、
その占いが問いていた宇宙の仕組みを証明していたと、弟が驚いていました。
何千年も前に、その宇宙の仕組みを見抜いていたのです。

世の中には、様々な秘技や秘術がありますが、そういうのとはレベルが違います。
なので、その占いを知る人は、その内容を知ると黙ってしまいます。
想像が出来ないほどの知識と、完璧な確率が奥深くまで続いているからです。
この日本でも知っているのは、いまでは少数の人々だけだと思います。

一昨日、弟と話をしました。
最近、太陽の黒点が減少している話です。
こんな会話です。

弟「天の変化は大地に繋がっているから、地震の可能性は高いよ。
  人は大地に生かされ、大地は天に生かされている、天は?」

私「人だろ?」

弟「その通り、人が天を生かしているのだから、人がちゃんとしないとダメだ。
  神様は、人間が想像している以上に畏れ多くて怖い。お願いなんてもっての他だ。
  生きている次元が違うのに、最近の人は自分のことばかりで無礼過ぎる。」…と。

弟の昔の悪行を知っている兄としては、まさに「どの口が言っているんだ!」の解答(笑)
でも、ここ数年間の勉強で、どうやら行者の先生の書物を読み取ったようで、
大自然や宇宙の仕組み、世の中と、あの世の関係性を理解出来たようだ。

その話の最後に、その秘術をブログを開設して載せるようにカマをかけてみた(笑)
すると、この話を載せたり教えることは出来ないという返事。
まぁ、私も理解出来るので、そこで終わりにしました。

いまの方々は、自分のお願いばかりで神様や自然のことを理解していない。
なにも感じていないと思えるぐらい、いろいろなことに鈍感だ。
自分が目立つことや有名になることばかり考えている。
手助けしましたと言って、助けた他人様の経験談を手柄のようにSNSにあげる。
神様は助けても自慢しないよ(笑)

いま地震がありました。
でも、私はソレを数時間前に天に教えていただいていました(笑)
今日の夕陽が金色に輝いていたのです。

弟と話をして気づきました。

私は、そういうことを千日の行で、感じ取れるようになっていたのです。

読み取ることも大変だけれども、感じ取ることも大変(笑)

あなたは感じ取れますか?


あっ!そういえば、前に、その歴史上の人物みたいだと言われたことがありました(笑)
マジで、いま思い出しましたよ(笑)
でも、私はそんな凄い人じゃないし、ただのオッサンだ(笑)
たとえ産まれ変わりだとしても、私は黙っていますよ(笑)
普通がいい、普通がね(笑)

さて、地震が来ないように日頃から用心しましょうね。

では。



by fujipapa-sas | 2019-01-18 22:27 | 神霊(しんれい) | Comments(6)
いい加減にしてくれ。
何も知らない無知な人達が、不幸になるのを止めてあげたくて話をしたんだ。

赤い石の写真もそうだけど、御神体や仏像を撮る時にもコツがいるんだぜ。
下手に興味本位で撮影すると、前に触った人達の念が写真にも乗り移る。
考えてみてよ、不幸な人や自分の欲望を持った人が救いを求めて御参りに来ているんだ。
運が良くなりたい、健康になりたい、夢を叶えて欲しいと他力本願の念がモノに宿っているのだ。

それを触ったりしたらどうなると思う?

ウィルスを持った人が飲んだコップの水を、そのまま飲むことが出来ますか?
悪いエネルギーや念は見えない分、ウィルスよりも怖いんだ。

【そんなこと言わないでくださいよ、楽しみにして来たのに…。】だと?

「私には、あなた方の人生がどうなろうと関係はありませんよ。教える必要もないですよね?
でも、せっかく、こんなに素晴らしい御山に御参りに来たのだから、少しでも幸せになって帰ってもらいたい、
だから、話をしているのにどういうことですか?」と、いうような返事をした気がする(笑)

もう、見た目から嫌な人だとは思っていたけれど、周りの女性陣は喜んで聞いてくださった。
幸せを求めることに女性は敏感だから、そういう時は素直な優しい心が出るのでしょう(笑)


よく考えてみてよ。

心の汚れている者は手も汚れているんだ。
その、見えない心の汚れが、ベタベタ触られた赤い石や杖、御神体などに憑いているんだよ。
神仏には、感謝の気持ちを伝えるだけでいい。

御岩神社様は、かなり強い。
下の本殿の横にある看板を見れば、どれだけの神様が集合しているか解りますよね?
ハイキングをしているのとは違うのだ。

修行の場だよ。

魂や心を磨く場所なのに、自分の欲の塊を磨いてどうする?
気持ちよく赤い石を触って、周りの女性に感謝されたかったのですか?
無知な行動で、大切な仲間を不幸にするところだったのですよ。


宇宙のシャトルから、光りの柱が見えた話、よく考えてみてよ。
そもそも、それが観測されたとしてもNASAがそういうことを認めるはずがない。
宇宙飛行士が、そんな凄いことを簡単に発言するはずがない。
もし、したとしても、それが霊的だとは言わないはずだ。


ねぇ、御岩神社様に御参りする人達よ、もっと考えて御参りしてくださいよ。
本当に凄い御山なんですよ?

ボランティアの皆様が、あれほどまでに守っている神社なんですよ?
どれだけ凄いか考えてくださいよ。

今回は、キツめにハッキリと書かせていただく(笑)

欲と興味本位と軽い気持ちに失礼な服装をする者は、御参りに行くな!
御岩神社様に、少しでも失礼なことをする者は来るな!

自分の命を無くしたくないのならば、身を引き締めて身なりを整えて行きなさい。
でないと、ジワジワと、魔物が邪魔をして不幸が加速するぜ(笑)

昨日、御岩神社様で、魔に邪魔されて3回も捻挫させられたのが、その証拠さ(笑)

御岩神社様の魔は怖いぜ〜♪

詳しくは、また(笑)



チーム大吉メンバー様へ
昨日、元上司夫婦と御参りに行ってしまいました。
一昨日の夕方に連絡があり、夏頃に話した御参りの話を思い出したらしく、
御参りに行きたいと言われ、急遽、御参りに行きました(半強制w)
体調がすぐれていない中だったので大変でしたが、とても素敵な御参りになりました。

今回のことで、ボランティアの皆様の苦労が身に沁みました。
御参りに行かれる方は、必ずマナーを守って指示に従ってください。
それが、あなたさまを幸せに導いてくださる近道ですからね♪

では。



by fujipapa-sas | 2018-11-04 01:13 | 神霊(しんれい) | Comments(2)

褒める霊能者は…。

人は、誰もが褒められると喜ぶ(笑)

私も、褒められるともの凄く嬉しいし、気持ちも舞い上がる(笑)

でも、霊能的なことで褒められるときは、表面上は喜んで見せるけれど心の中は違います。

そういう風に、簡単に褒める人を私は疑います。

「あっ!裏を見ていないのだな。」ってね(笑)



褒めて伸びる、伸ばすということが多い、いまの時代。

私には合わない(笑)

褒められると、自分の悪い部分に気づかないまま時間が流れてしまい、自分を見つめなくなる。

霊能者や占い師、ヒーラーが、あなたを褒めるのには意味がある。

あなたがお客様だからだ(笑)

厳しいことを指摘していては、お客として次は来ない。

少しでも褒めるか、あなたは他の人と違い…などと、厳しさのあとに飴をあげないと逃げられる(笑)

私は、相談者さんには厳しいことも感じたこともそのまま伝える。

もしくは、あえて肝心なことを言わなかったり、余計なことを言って考えさせます(笑)

御礼もいただかないし、会う前に嫌だと感じたら会わない(笑)

霊能者の言葉や占いの言葉を信じて、自分の人生を自分で決められない人に、私の意見は厳し過ぎる(笑)

写真なんて見なくても、その人の性格なんてだいたい解るでしょ?(笑)



人様は、見えない未来や過去が見える霊能者や占い師に依存する。

その気持ちは重々理解出来ますが、自分の人生を決めるのは自分自身なのだから、

営業のためにいいことを言う、そういう方々には気をつけて。

小手先の神様が、その人に幻覚や幻聴を魅せている。

本物の神仏は、何も言わない。

だって、その人間の人生だと知っているからだ。

苦労の先に、本当の人生と悟りがある。

心霊の営業マンには気をつけましょう!



ちなみに、私の厳しい言葉に憤慨して、営業占い師に相談に行った方がいます。

その方、ある時に見かけたのですが、白い変なオバケが憑いていました(笑)

楽をして人生が開けるならば、この世界も輪廻もいらない。



では。




by fujipapa-sas | 2018-10-30 16:41 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

絶望と希望

私の身体は絶望的だ(笑)

左眼は、これ以上は回復しないと昨日の診察で宣言されてしまいました(笑)

おまけに、腎臓が進行性の腎不全だそうで、ヤバイそうです(笑)

まぁ、予想はしていましたが、少し凹みながら散歩をしていると…

線路の横の道を歩いていると、落ち込んで電車に飛び込む人の気持ちが解るなと、

そんなことを考えていたら、頭に浮かんで来た言葉が…

『絶望でなく、希望を持ちなさい。希望の希は、まれと読む。』

そう、私の人生は、希に見るような奇跡の数々だ(笑)

その証拠を表すように、散歩をするまえに、久しぶりに考えた同級生の家の方に歩いて行こうと考えていました。

私の家の西の方にあり、夕陽に向かって散歩出来るので、最初はそうするつもりでしたが、足は逆へ(笑)

線路の上にかかる陸橋から、綺麗な夕陽が見たかったから、そっちに向かってあるいていた。

でも、線路に飛び込む人の気持ちなんてって考えていたら先から電車のライトが見えた(笑)

そのまま陸橋を過ぎて歩いていると、横を通過した車が後ろでブレーキを踏む音がした。

見ると、飛び出した車を避けていたので、危ない車が飛び出したんだなと気にせず歩く。

すると、後ろから「おう!何やってるんだよ(笑)」と呼び止められた。

暗くて顔が見えないから、誰だろうとキョトンとしてると「おう、おう」言ってくる(笑)

ケンカを売られてるのかなと、ちょっと睨んでみると、「おまえんち、逆だろ?散歩か?」

「このまえは、うちのお袋が、おまえんちのお袋に世話になったな」っと言われて気づいた。

夕陽に向かって歩いて行こうとしていたヤツだった(笑)

車の後ろに乗ってると言われたので、会釈をすると「またな!」言われたので、

「ありがとうね」と言ってバイバイ(笑)

ヤツとは2年前の同窓会以来だし、連絡先も知らないから、凄くビックリしました(笑)

これは、希ですよね?(笑)

線路を渡る時、夕陽が綺麗でした。



では。
e0142809_01371835.jpeg

by fujipapa-sas | 2018-10-14 01:07 | 神霊(しんれい) | Comments(2)
あえて、詳しいことは書きません(笑)

というか、書けません(笑)

昨日、御岩神社様へ2回目の御参りに行かせていただきました。

普段は厳しい神社様ですが、お迎えモードは優しさ満載で凄かった(笑)

なので、出逢った方々も、アベンジャーズのような魂の持ち主ばかり(笑)

いやぁ〜、やっぱり御岩神社様は凄い!

歓迎がこれほど凄いのだから、失礼なことをして祟られたら、そりゃ死ぬわ(笑)



たぶんね、あの夕方の闇の中には、祟られて亡くなった亡霊が魔となっていましたよ。

自分の欲だけで御参りに行く者や、ハイキング気分で大声を出して歩く人は気を付けて。

社務所の鳥居を潜ったときから、区別されていますよ。

ふさわしい者には歓迎を、そうでない者にはそれなりの対応しかしてくれません。

ちなみに、魔が神様の歓迎のように魅せることがありますから注意してくださいね(笑)

これほどまでに、ハッキリと区別される神様も珍しいです。

だからこそ怖いし、もの凄い神様や仏様が集っている。



ここで業務連絡(笑)

昨日のメンバーの名前を『チーム大吉』にしましょう(笑)

素敵な出逢いに感謝です。

本当にありがとうございました。

御岩神社様に、感謝!

メンバーさんに感謝!



では、詳しく書けないのでここまで(笑)





by fujipapa-sas | 2018-10-09 23:08 | 神霊(しんれい) | Comments(10)

ただいま

本日、関西方面の旅行から無事に帰って来ました。

やっぱり病人なんだと、疲れ過ぎた身体に納得させられました。

コメントをくださった非公開さま、お返事はしばらくお待ちください。



行き先は、大阪のファンの集う店がメインですが、のちほど。

そのあと、奈良の金峯山寺から長谷寺へ行き、石上神宮に御参りさせていただきました。

旅に出る前から、傘は要らぬと言われましたが、本当に必要なかった(笑)

御参りの時など、金峯山寺では快晴で、他は薄曇り。

石上神宮では、ポツリと降るだけで止んでしまいました。


金峯山寺の役行者様の像が、生きているように見えたのが不思議でした。

今回も、いろいろと感じることがありましたが、後日詳しく(笑)


では、寝ます(笑)




by fujipapa-sas | 2018-09-12 00:32 | 神霊(しんれい) | Comments(2)

神様はひとつ。

神様は、すべて繋がっています。

神仏といわれるものすべてです。

人様が、神仏を区別しています。



私が千日行をするまえ、約15年前ぐらいでしょうか。

通勤道路の道沿いに見える神社仏閣に、小さく会釈をするようになりました。

しだいに、いろいろなお宅様の敷地内に、小さな祠があることに気づき始めました。

だんだんと、その場所を憶えたので名前を言って、無事に通らせていただいていますと念じていました。

そうしましたら、まぁ、いろいろな場所に神社仏閣や祠のあること(笑)

運転に支障のないように挨拶をする習慣が出来ていました。



すると、私の中で変化が訪れました。

神仏に順番は無いのではないか?と…。

そう、小さな祠から、大きな神社に、太陽に、宇宙に、すべては繋がっているのです。

ですから、大きい神社だけ丁寧に挨拶しても、小さな祠から連絡が行っています。

『この者は、私の前では素通りです。』とね(笑)

大きい神社やお寺だけを大切にしてはいけません。

霊能者によっては、祠に神様がいないから御参りしなくていいという祠もあります。

でも、私は、そういう祠でも挨拶をさせていただきます。

もしかしたら見えないだけで、いらっしゃるかも知れないからです。



我々が、神社の大きさや歴史で神様を位付けしているだけなのです。

世界にはいろいろな宗教がありますが、すべて一緒、ひとつなのです。

それが理解出来た時に、生かされている意味が解り、自然体で生きてゆけます。

神様にも個性があります。

でも、だからといって神様は命を取るようなことはしません。

人間の死は、寿命なのです。

長生きしたいとお思いでしたら、すべての事象に感謝をして受け入れましょう。

死を怖がるから忍び寄って来る。

「あっ!いま幸せなんで、ちょっと待っててね♪」という気持ちでいましょう(笑)

死からしたら、「あれ、こんなに苦しめているのに幸せ?」とパニクることでしょう(笑)



神様を選んではいけません。

選んでは生けないのです。

そう、選ぶことで生きる時間が短くなるのだと思います。

すべてが神様なのに、あなた様が足踏みをして悩んでいることになる。

恐れることはありません。

神様仏様にすべておまかせ♪で生きましょう!(笑)



では。




by fujipapa-sas | 2018-09-07 21:37 | 神霊(しんれい) | Comments(2)

金色の不動明王

昨日の御参りの帰り道、頭に浮かんだのが金色のお不動様。

いままで、黒色や赤色、青色のお不動様がおられるのは知っていたけれど、

金色のお不動様がいらっしゃるなんて、今まで考えたこともなかった。

だからだろう、それを昨日思い浮かべていたことも忘れていて、いまさっき浮かんだので調べてみた!



すると、今日の夕方に電話をしていた親友の住んでいる街に、そのお不動様がいらっしゃった。

いま、彼だけと仲良くしているわけが、なんとなく理解出来ました。


『いままでと同じ生き方ではいけない。』


その言葉が頭に浮かんだ後に、金色のお不動様を思い出しました。

いままでと同じ生き方ではいけないから、それを伝えるために今回の身体の試練を与えたとも言われました。

いままでと同じように生きていたら、そのままで終わってしまう。

もの凄く納得して、その意味を瞬間的に理解することが出来ました。

なんか、凄いことが私の後ろで起きている気がする(笑)



では、ここまで(笑)


いままでと同じ生き方だから、なにも変わらないのだ(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2018-09-05 23:10 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

黒い炎

光りは炎によって作られる。

太陽の光りがそうであるように。

赤く燃え上がる炎は、魂の欲まで焼尽す。

けれど、人間の心には、その炎でさえも黒い炎に変えてしまう欲がある。



本人は、赤い炎と勘違いして自分が正しいと思い込む。

炎に欲と言う薪をくべているのに、信じているから手を休めない。

黒い炎は黒い狼煙のように渦を巻いて天に昇る。

光り輝く赤い炎だと信じきって。



欲にまみれた黒い炎は、その人の人生を燃やし続け灰にする。

灰には、喜怒哀楽でさえも残らない。

気づいたら灰人だ。



いま、私の知合いが黒い狼煙を上げている。

本人は、それを私が知っていることを知らない。

本人も自分が正しいと信じていて、黒い炎の火を消そうだなんて考えてもいないようだ。

その炎は、これから周りの人々にも悲しみと一緒に飛び火する。

私の身体や、様々な条件が整っていれば助けられるかも知れないけれど、いまは無理だ。



ここ最近、私の赤い炎の火力が増した。

するとね、私の危険回避能力が敏感になって、相手の裏側を照らすようになった。

隠していても裏側が照らされて見えてしまう。

助けてあげたいと考えると『ダメだ。』と浮かぶ。

それが、その人の学びなのだろう。

いまは遠くに上がる、黒い狼煙を見ているしかないのだな。



赤い炎が黒い炎を焼尽した時、黒い炎の灰は残らない。

それぐらい、赤い炎の火力は強いのだ。

私にも、まだ黒い炎が残っている。

焼尽さなければ(笑)



では。






by fujipapa-sas | 2018-08-31 23:34 | 神霊(しんれい) | Comments(0)
人生は、神様が定めたりしているのではない。

あくまでも自分で選択しているんだ。

短命であったり不幸なのは、業や祟りだけではない。

自分が決めた運命を、疑わずに進めた結果だ。


彼は、何も知らないか、側にいる者が導けなかったのだろう。

方位や感謝の気持ち、運勢を知っていれば死なずに済む。

五黄で南にあるグアムに移動なんて、死にに行くようなものだ。

方位の効果を高めるには遠くに移動することだから、まるで逆効果になる。

方位を上手に取れば死なずに済むのに…。


でも、それが彼の選択。

いろいろな自分の行いや考えが、今の自分への答えだ。

自信満々でリングに立っていた姿、私は好きだったよ。

最後まで自分らしく燃え尽きろ!

頑張れ!神の子!



少しでも長生きしてくださいますように…。



知識さえあれば、長寿、短命も自由自在。

それを選択しているのは、自分だということ。

人生は、自分が選択しているのだ。




では。




by fujipapa-sas | 2018-08-27 17:00 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心