2018年 09月 24日 ( 1 )

闇と魔物

今日の夕方、旅先から戻って参りました。

一昨日の夕方、久しぶりに暗闇の小高い神社の下に御参りに行きました。

旅に出て参りますと報告に…。



街灯ひとつない小高い山。

もちろん、下の神社にも街灯はありません。

眼の悪い今の私では、下の神社さえも暗くて御参りがし難い。

よくもまぁ、懐中電灯も点けずに、頂上まで千日も歩いて御参りしていたものです(笑)

急な岩だらけの坂道も、急勾配の階段も無灯火でした(笑)



久しぶりに見る闇は、もの凄く深い渦のようで、魔物もうじゃうじゃ(笑)

でも、私が鳥居をくぐると汐が引くように木立に隠れた。

闇と魔物に御礼を伝えると、自然と涙が出ました。

これほどの闇と魔物の中を、普通に御参り出来たのは、闇と魔物が見守っていてくださったから。

この書き込みを見て笑う方がいたら笑えばいい(笑)

それが「普通」だからだ(笑)



私は「普通」じゃない。

小高い山の闇を見て再認識しました。

だもの、昨日御参りに行った大雄山の皆様の歓迎も変化するわけです(笑)

龍神の樹の前で、初めてお祓いを眷属から受けました。

他人様には解らない方法でね(笑)



いろいろと、ありがたいことです。



では。





by fujipapa-sas | 2018-09-24 21:27 | 千日行 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心