2018年 09月 14日 ( 1 )

道、門、教。

神道。

仏門。

仏教を初めとする宗教。



全てを捨て去りなさい。

占いも、道具も衣装もいらない。

飾ること無く、自然でいなさい。



いろいろなことに囲まれているから真実が見えないのだ。

誰に祟りが憑いていようとも、それが定めであり、それに意味がある。

神・仏・教は人間が造りしもの。

もともとは宇宙そのもので自然のなかにいらっしゃる。

宗教というくくりに囲んだために、真実が見えないのだ。



今回の旅で、私が特別でないことに気づきました。

毎日の千日行をしていても、それは特別だから出来たのではなく、気づいたからだった。

宗教に囲まれていたら、気づかなかったこと。

すべては『ひとつ』

人様の思いが神仏を、そこに鎮座させてしまう。

神様は動けないから、人様の体験を自分の経験にするしかないのだ。

でも、人様は自分勝手なお願いばかり(笑)

それでは神様も心の扉を閉じる。



私の千日行は、なんにも縛られること無く、自然体で御参りが出来ました。

ですから、今回の3カ所の御参りでは、チカラとかを感じること無く自宅にいるような普通さでした(笑)

境内に落ちている落ち葉も、祀られている神仏も、私には同じでした。

道や門に教えとかに囲まれている方々は、きっと気づかれないことでしょう。

起きる不幸にも意味がある。

それを助けてあげることは凄いことだと思いますし、尊敬もしています。

でも、その不幸な方自身が、なぜなのか?ということに気づかない限り意味が無いと感じています。



自然の中にいれば真実は理解出来るのに、みな、他のものに頼り過ぎている。

自分の人生なのに…。



今夜は、ここまでです。

それから、近々、スピリチュアルのカテゴリーから脱退します。

もう、同じように見られるのが嫌になりました(笑)

私は小さい頃から一匹狼タイプで人嫌いなんです(笑)

このカテゴリーにおられる95%ぐらいの方は、まさに魔に差されてる(笑)

気づかずに死んでゆくのです。

神仏を、心霊を舐めてる!



奈良に向かう時、山肌に霧のような長い雲が龍神様のようにいらっしゃった。

どうりで雨のはずが快晴になるわけです(笑)

自然になれば、自然と同化する。

自然と同化すれば神仏と同化出来るのです。



それでは、この辺で(笑)



では。






by fujipapa-sas | 2018-09-14 23:51 | 教え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心