2018年 09月 04日 ( 3 )

神仏界

人は、移動手段のために、いろいろな乗り物を運転します。

自転車やバイクにクルマ、飛行機や船に電車など、いろいろな乗り物がありますが、

自転車以外は免許が必要で、それぞれに合った乗り物の免許を持っているのが普通です。

ですから、クルマの免許を持っている人が飛行機を操縦出来るはずもなく、人生を終わります。


ここからは、いつもの空想です(笑)

神仏界が月にあるとしましょう。

神様仏様になりたいと思うならば、ロケットに乗らなければ行けません。

スペースシャトルでは地球の周りを回っているだけですから、ロケットでなければいけません。

さて、ロケットの操縦免許なんて普通の人に取れるでしょうか?

取れるとしても、NASAで苦しく厳しい訓練をしてからです。

人類から選ばれて宇宙飛行士になれますが、その確率の低いこと(笑)

ロケットの操縦なんて、もの凄く大変なことですから我々には解りません。

見たことないうえに、見ることも出来ないのですから、理解出来なくて当然です。



神仏界に辿り着くのも、同じなのかと感じました。

ロケットに乗れるのは数人。

生きている間にロケットの運転免許をもらえる人は少ないのかも知れません。

でも、心を磨いて頑張れば、神仏界から免許をいただけるかも知れない(笑)

いろいろと勉強して、明るく元気に神仏界への免許をいただきましょうね♬


余談ですが、アポロ計画で月に行くためのロケットの名前は、サターンです(笑)

悪魔が月に向かうなんて、なんだかおもしろい(笑)



さて、台風も近づいて来ましたので、あえて御参りです(笑)

今日で4日目、頑張ります!



では。







by fujipapa-sas | 2018-09-04 12:38 | 考え | Comments(0)
いつかは死ぬんだ(笑)

いま病に倒れていたとしても、死ぬことを考えていてはダメだよ♪

流れる時間が限られていたとしても、生きようとすれば時間の流れも遅くなるよ。

死ぬ前に、やりたいことをやるといいよ。

そうすると、忙しくて時間の流れが遅くなるよ。

嫌な仕事をしている忙しさは時間を早めるけれど、好きなコトは遅くなる。

好きなコトをしていると、時間の経つのも忘れるけれど、次もしたいと考える。

それを毎日、感謝しながら楽しもう!

すると、死ぬまでの時間が遅くなっていることに気づく(笑)

これが、末期癌の人が長生きしたり、完治したりするコツさ(笑)

癌はマイナスの細胞組織、ならば笑顔で楽しんでいるプラスの幸せ細胞に変えてしまえばいい。



少しくらいの病で、もうすぐ死ぬんだなぁ〜なんて考えなくていい(笑)

明日には死んでいるかも知れないのは、健康な人も一緒だ。

だったら、毎日を感謝して楽しめることを今して、明日の朝を笑顔で迎えようよ♪

死ぬことを自分から待たないこと。

死神の思う壺だ(笑)

私?

私は、その壷を何度も壊してやりましたよ(笑)

だって、長く生きて、いろいろな苦労を体験したいから(笑)

でも、感謝しているうちに、嫌なことも寄り付かなくなりました。



死ぬのは簡単だけれど、生きることは難しい。

そこに意味があるんだ。

なぜ死を待っているのか、よく考えて方向転換してくださいね。

待たなくても死は訪れる(笑)

待っている時間なんて、なんて無駄なのだろうね(笑)




では。




by fujipapa-sas | 2018-09-04 00:32 | 考え | Comments(2)
さっき、シャワーを浴びていたら、突然、その意味が浮かんだ。

自己流で申し訳ありませんが、書き込んでおきます。

私の千日行で、2千回は唱えた祝詞です。


その言葉の中で、眼に諸々の不浄を見て、心に諸々の不浄を見ず…という部分があります。

そのような部分の解釈が、私は他の方々と違っていました。


お前の眼に見える不浄を、心である神様は見えないというか見破っているよ。

耳や口、鼻や舌や心で感じる不浄も、神様は知っている。

知っているから、自分の心に傷として残すことは無い。

お前の心は傷つかないのだ。

それは神様が護っているからだ。

だから、そのことに気づけば、お前の人生には花が咲き、清くて正しいことが起きる。

それを知ったとき、命あるもの全てが自分自身だと気づく。

お前も神様なのだ。

だから、自分の六感と身体を大切に感謝して生きてゆきなさい。

その思いは、必ず叶うからね。

こんなイメージが湧きました(笑)



言わない、聞こえない、見えないという感覚は、神様だから穢れないのだ。

そう、あなたの心が神様だからだ。

あなたが神様ならば、魔物は近づけないでしょ?(笑)

ただ、そこまでに辿り着けることは大変なんだ。

神様は、人間が思っている以上に心の隅まで監視しておられる。

なぜ、嫌なこと(不浄)が見えたり感じたりするのだろう?

不浄が心にまで届いてしまうのだろう?



感謝をしていれば、その意味に気づくよ。

いつも自分のことばかり考えていたら、心の神様も助けてはくれないよ。

優しさのない人に、幸せな人生は来ないよ。

たとえ、物質的な成功を収めていても、本当の幸せは来ない。

見せかけの優しさなんて、メッキよりも剥がれやすいことを知りました(笑)



とりあえず、今日はここまで(笑)



では。








by fujipapa-sas | 2018-09-04 00:08 | 千日行 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心