2018年 08月 18日 ( 1 )

強い神様ほど隠れる。

神様が、見返りも考えずに助けてくださることは、神様からすれば普通だ。

人様は、見返りを考えていないといいながら自分の行いを示そうとする。



なにも出来なかった私が言うのもなんだが、私ならば警察に渡して姿を消す。

いろいろと後になって面倒だからだ。

驚いたのは、いままでのボランティア活動の映像があることだ。

服装や雰囲気で目立つから記録されていたのだろうか?

でも私ならば、そういう時は写さないでくれと伝えるし、わざわざカメラの前で目立つことをしない。

私は小・中学生のころ、カブスカウトやボーイスカウトでボランティア活動はしていました。

子供心に、他人様に喜んでもらえることがうれしくて元気に活動していました。

他人様のために手伝えることをすることは、私からすれば普通のこと。

だから、大きくなってからの凄い武勇伝的なことは誰にも話していない。

だって、話す必要がないから。

出来ることをしただけ。



確かに、子供を助けたことは凄いし、ボランティア活動も凄い。

でも、本物ならば姿を現さないはずなのだ。

私は本物ではない。

その証拠に、こんな文章をブログで綴っているからだ。

私が本物に変化した時には、このブログは更新されない。

神様は、姿を現さずに自然に助ける。

いろいろな場所で取材を受けて記録されていることを、私は疑問に思う。



お盆の時、実家に線香をあげに行くと、親父の幼なじみのオジさんがいた。

数年前に、一緒にお寺参りをしたことのある方だ。

いまも、各地の神社やお寺に時間があると御参りに行っているらしいのだが、

3年ぐらい前に、御岩神社様にも御参りしたことがあったそうで、御神体が見つからなかったとのこと。

私が「あそこは本物の神様だから、姿を隠しているみたいですよ。」と言うと納得していました。

そのオジさんも、「あそこに行ったら他とは雰囲気が違う感じがした。」と…。

本物は姿を隠すのだ。



心眼を開いて視れば、美談の裏側も視える。

私には出来ない立派なこと。

だからこそ、目立たぬようにして欲しかった。

他人様を救うことは、いろいろな意味で難しいのだ。



では。





by fujipapa-sas | 2018-08-18 00:22 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心