恐怖神(きょうふしん)

最初の千日行でのこと。

仕事をしてからの御参りだったので、毎日、夜に御参り。
最初の御参りでは、険しい山道の参道を使わずに御参りしていた。
アスファルトの曲がり道を歩いていたので、視界は良好で今よりも楽だった。

車は入れない山なので、夜には誰もいない小高い山だから、少々怖い(笑)
暗闇は深くて樹々に色は無く、モノクロの世界。
冬になると、生き物の気配も感じることのない静かな世界だった。

最初の千日の時には、知合いの方達を夜の御参りに連れ出したこともあったが、
全員が、その闇の深さに恐怖を感じ、山の入り口で「うっ!」と声をあげた(笑)
勘の鋭い者は、その闇の中に、なみなみならぬ気配を感じ、帰る者さえいた。


恐怖心は誰もが持つモノだ。
それが普通だが、それを受け入れられれば心は強くなる。
強くするには、考えればいいのだ。

私も最初は怖くて、山の奥で落ち葉のガサガサという音を聞いただけで驚いていた(笑)
なにか生き物の気配を感じると、その方向に石を投げていた(笑)
ある時、こんな言葉が浮かんだ。


『よく考えろ、動物以外に何がいる。恐怖は自分が作っているのだぞ。』と…。


この言葉が浮かんだ時に、この恐怖心は他のことにも言えることだと感じた。
恐怖心だけでなく、疑いや嫉妬に欲望などなど、全て自分が作っていると。
よく考えてみれば、全てが解決するし、自分を見失うこともないなと。

怖いと思う心が、恐怖の神様をも作り出す。

それを理解してから、夜の山で物音がしても動物だなとか、風だなオバケだなと解るようになった(笑)
何があっても冷静に判断出来るようになった。
物音にも感謝ですね(笑)


さて、この春から天災が起き始めます。
冷静な判断が必要な時代が来ましたので、恐怖神を作らずに心で考えましょう!
心を柔らかく保つことで、自分の運命がいい方向に進みます。

恐怖神は、自らが作り出した闇の神様。
心を見つめていれば入られることもない。
よく考え、自分を楽しんでいれば幸せな人生になる。

その神様の正体を知ってから、私には闇が寄り付かなくなった(笑)
でも、それでも、身体の調子が悪いと不安とセットでやってくる(笑)
弱い自分を磨いてくれる神様なんだと、感謝しながら「負けるかコノヤロー!」だ(笑)


では。


Commented at 2019-01-14 00:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by fujipapa-sas | 2019-01-12 23:07 | 千日行 | Comments(1)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心