徳を供えよ。

『徳を供えよ。』


神仏様や仏壇に、花や食べ物などのお供えをするのではなく、
自分以外の他人様に、見返りも考えずに行動しなさいと浮かびました。

徳を積むのではなく、供えるのです。

天は見ておられる。

花や食べ物に線香、お経に気持ちは供えられる。

毎日、それらをお供えしている方もおられるでしょうし、それは大変立派なこと。

でも、大切なのは他人様にすることの徳なのです。

相手に見える、わかるような徳だけではありません。

それも必要ですが、見えない、感じさせない徳が大切です。



解りますでしょうか?



では。




Commented at 2018-12-04 23:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-12-05 00:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fujipapa-sas at 2018-12-17 15:06
非公開さまへ。

またまたお返事が遅くなり申し訳ありません(笑)
悩み苦しんでいますか?
毎日浮かぶ自分の気持ちの意味を、楽しんでおられますか?(笑)

あなた様は素晴らしい。
悩み苦しみ、自分と見つめ合い、答えに近づいていらっしゃる。
普通の方は、それさえも出来ないのですから、自分に自信を持ってくださいませ。

私が思うに、相手にも問題があったと感じていますよ。
あなた様だけに問題があったワケではないと思います。
お不動様の言葉にしても、私は少し疑問に思います。

「こうまでしないと…」
あなた様が、悩み苦しむようなことを、お不動様がしますでしょうか?
神仏様は、見守られる存在です。
こうまで…ということを、頑張っているあなた様にするでしょうか?

自分の心にある『御仏』様を感じて、自分を開放してください。
なにがあろうとも、自分の選択した人生に間違いは無いと感じてください。
自分の選んだ人生なのです。
素晴らしい答えが未来に待っています。

いつまでも過去に囚われず、今の自分を信じてください。
他人様のためにする、毎日の御参りは大変なことです。
千日連続参りをした私が言うのですから、本当です(笑)

もう、自分の過去を許してあげてください。
あなた様だけが悪いわけではないことを、私は知っています。
もう自分を責めないで、自分の明るい未来を考えて過去に感謝しましょう!

あなた様も、桃太郎やかぐや姫になりましょうね♪

寒さも厳しくなりましたので、毎日の御参り、無理をなさらぬように…。
陰ながら応援しております。

では。

by fujipapa-sas | 2018-12-04 00:24 | 気づき | Comments(3)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心