褒める霊能者は…。

人は、誰もが褒められると喜ぶ(笑)

私も、褒められるともの凄く嬉しいし、気持ちも舞い上がる(笑)

でも、霊能的なことで褒められるときは、表面上は喜んで見せるけれど心の中は違います。

そういう風に、簡単に褒める人を私は疑います。

「あっ!裏を見ていないのだな。」ってね(笑)



褒めて伸びる、伸ばすということが多い、いまの時代。

私には合わない(笑)

褒められると、自分の悪い部分に気づかないまま時間が流れてしまい、自分を見つめなくなる。

霊能者や占い師、ヒーラーが、あなたを褒めるのには意味がある。

あなたがお客様だからだ(笑)

厳しいことを指摘していては、お客として次は来ない。

少しでも褒めるか、あなたは他の人と違い…などと、厳しさのあとに飴をあげないと逃げられる(笑)

私は、相談者さんには厳しいことも感じたこともそのまま伝える。

もしくは、あえて肝心なことを言わなかったり、余計なことを言って考えさせます(笑)

御礼もいただかないし、会う前に嫌だと感じたら会わない(笑)

霊能者の言葉や占いの言葉を信じて、自分の人生を自分で決められない人に、私の意見は厳し過ぎる(笑)

写真なんて見なくても、その人の性格なんてだいたい解るでしょ?(笑)



人様は、見えない未来や過去が見える霊能者や占い師に依存する。

その気持ちは重々理解出来ますが、自分の人生を決めるのは自分自身なのだから、

営業のためにいいことを言う、そういう方々には気をつけて。

小手先の神様が、その人に幻覚や幻聴を魅せている。

本物の神仏は、何も言わない。

だって、その人間の人生だと知っているからだ。

苦労の先に、本当の人生と悟りがある。

心霊の営業マンには気をつけましょう!



ちなみに、私の厳しい言葉に憤慨して、営業占い師に相談に行った方がいます。

その方、ある時に見かけたのですが、白い変なオバケが憑いていました(笑)

楽をして人生が開けるならば、この世界も輪廻もいらない。



では。




by fujipapa-sas | 2018-10-30 16:41 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心