不自由と自由

いまの私は、左眼の回復もままならず、夜道や暗い場所では足下も見え難い。

糖尿は、平均値の低い数値になったので大丈夫ですが腎臓が徐々に悪化。

先日、とある「嵐の湯」という所を知合いに紹介されて行きましたら、腎臓の数値が少々回復。

教えてくれた方曰く、眼の視力に肝臓、腎臓、血圧の数値がかなり改善されたとのことで、

興味本位で行きましたが、その日のうちに私も小便の出が良くなるという改善が見られたので嬉しかった。

身体のいろいろな部分にいいようなので、不安のある方にはおすすめです。



病気というのは、健康だった身体が不健康になることです。

不健康になると、いろいろと不自由なことが増えます。

私も入院中には、いままで簡単に出来ていたことが、これほど大変なことなど考えもしませんでした。

元気な時、糖尿病の方から「本当に大変なことになるから気をつけて。」と言われていたのに、

私は大丈夫です!みたいな感じで他人事でしたし、こんなことになるなんて思ってもいませんでした(笑)

だから入院中や退院後に不自由になったら気持ちも暗くなるし、

周りの人々の本音も見えやすくなってツラかった(笑)



でも、気づいたのです♪

身体は不自由だけれど、心は自由なんだってね(笑)

身体は、病気によって動きや食事など様々な行動が制限されて不自由だけれど、

心は固定されている訳ではないし、自由に物事を考えることが出来る。

明るく考えることも出来れば、暗く考えることも出来る。

身体は制限されてしまうけれども、心は自分の考える通りに自由に動いてくれるのだ。

たとえ病床の上で動けないとしても、心は自由なのだ。

眼を閉じていても、自分が考えることは全て叶う!

世界旅行も出来るし、ロックスターにもなれる、心は自由なんだよ♪



不自由になることで、見えることが増える。

それが慈愛になり優し人に変えていってくれる。

不自由になることで大変な思いもたくさん増えるけれど、ある意味、神仏に近づく近道なのかなぁ(笑)

病気や自分の置かれた環境を責めても憎んでもいけないよ。

そうすると不自由のまま人生を終えてしまうことになる。

小さなことに笑顔で笑って毎日を過ごせばいい。

明日には死んでいるかも知れないんだ。

不自由になったから自由のありがたさがわかる。

あなたのそばにいた人がいなくなってから、大切な人だったのだと思うのと一緒だ。

人間は、当事者にならないと解らない生き物だから、苦労はした方がいいよね(笑)

今の世の中、心まで不自由な輩が多いこと。

心は自由だからこそ、不自由にすることも自分の責任だ。

それが自由の怖いところ。

神仏が、なぜに人様を自由にしているのか考えれば、不自由にも感謝出来ますよ♪

さぁ、今日も笑顔で頑張ろう!


では。


新◯さん、毎日考えていますよ(笑)
私の脳裏には、あなたの素敵な笑顔が見えています。
心配しなくても大丈夫!
病を楽しめ!(笑)
私は、今回も生き延びられたのでラッキーでハッピーだと感謝の毎日(笑)
元気になったらデートしようぜ!(笑)
私も頑張る!(笑)

またね♪






by fujipapa-sas | 2018-09-18 12:36 | 教え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心