見たまま、感じたままを

見たまま、感じたままを言葉に出さないこと。

出すのならば、様々なトラブルが起きても文句を言わずに受け入れよう。

出す時には覚悟が必要だ。

なぜならば、出そうという動きが、あなたを苦しめる罠かも知れないからだ。

出せば楽になるだろうが、その一時だけを見ているようでは罠にはまる。

その意味を考えて、辛抱我慢して受け入れて乗り越えるのだ。

そこに人生の意味がある。

怒りに、悲しみに流されてはダメだ。

罠はソコ(底)にある。



自分の周りにあるイライラに罠があるということは、それをする人は…。

悟らせる人が、すべて善人だと思ったら大間違いだ。

悪人ほど自分を悟らせる。

自分が、それを受け入れて悟れば、その人は居なくなる。

そこで、その人の役目が終わるからだ。

嫌な人は感謝の気持ちで遠ざかる。



見たまま、感じたままで、それを語る事なかれ。

それが大きな渦の先の小さな波。

知らないうちに渦に巻き込まれてゆく。

魔は、常に正当なことをあなたに与えて、大義名分で悪を打たせようとする。

正義が正しいとは限らないことの意味は、そこにあるのだ。

考えるのだ。

悩み苦しみ藻掻き落ち込んでもいい。

その先に、新しい素敵な人生がある。

越えられないから変わらないのだ。

人生を変えたいのならば、考えて感謝することだ。



言葉に出す時は、人生が狂うことも覚悟して言おう。

敵が増えれば逆恨みも増える。

人様の恨みの念は、本人の無意識のところで育つから怖い。

感謝のバリアで自分を守りましょう!




では。




by fujipapa-sas | 2018-07-31 13:15 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心