御礼参り。

昨日の夜中に親友から亡くなった時間を教えてもらった。

17日の12:50分だということだったので、その時間に合わせて用意して出かけました。

すると、ちょうど到着して車を出た時間が同じ時間(笑)

小高い山の、すべての神様仏様に御礼をして参りました。

亡くなる直前まで生きられたことの御礼です。

そして49日を過ぎたら、安らかに極楽に行けるようにお願いをして参りました。

灼熱の中でしたが、なんとか御参りをすることが出来ました。

何度となく脚を止めて休みましたが、その度に気持ちのいいそよ風が吹いて癒されました。


神社に祝詞をあげ、御礼とお願いを済ませた後に不思議なことがありました。

大きな祠の裏にある小さな祠、そこの前にある岩にアゲハ蝶が止まりました。

小さな祠に御参りした後、祠に話しかけている時でした。

止まった方向は西北、神仏の位置と言われる方向です。

陽に照らされ熱くなっている何もない岩の上なのに、しばらく羽根を休めていました。

「あぁ来てくださったのだな」と思っていると、もう1頭(匹)のアゲハ蝶が現れた。

岩から飛び立って戯れていたのを見ていながら、「いなくなっちゃうんだなぁ」と考えていると、

どういうわけか、1頭の蝶が同じ場所に戻って来た!

グルグルと回って飛んでいたので、どっちがどっちかは解らなかったけれど(笑)

まるで「まだいるよ。」と言わんばかりで思わず笑ってしまった(笑)



あの世に行かれても、気を使ってくださってありがたい。

一度は御参りに行きたいと言ってくださっていたからだろう、何度か横にいらしていた(笑)

「けっこう大変でしょう?」というと、横の木々がサワサワと風に吹かれていた(笑)

熱くて死ぬかと思ったけれど、温もりを感じた時間でした。



ありがたいことです。



では。





by fujipapa-sas | 2018-07-19 21:33 | My DNA | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心