相手を変えようと思わないことが…。

なんで解らないのだ?

どうして気づかないのだ?

そのようなことを考えているうちは、自分自身が変われない証拠だ。

相手は、あなたが言うぐらいで変われるようならば、なにも言わなくても変わっている(笑)

相手は、あなたが親身になって教えることを知りながら、そのことに気づかない人生なのだ。

どんなに諭しても、そういうことに気づかずに、あなたをイライラさせるだけだ。

それが、その人の役目なのだから、何遍も親身に話しても気づかない。

別世界の人間なんだと考え方を変えるしか無い。



相手を変えようと思っている時点で、自分が悟りから離れていることに気づいた方がいい。

人生は、それほど長くない。

明日には死んでるかも知れないのに、気づかない人に親身になっていたら、

自分の心が相手への怒りで激しく揺れたまま、死を迎えることになる。

気づかない人に変われということは、よくよく考えれば無駄の極みだ。

そんなことを考えてる暇があるのならば、自分を変えていけばいい。

自分を変えて、それが周りに伝わるだけでいい。



人は、何ごとも伝えたくなるものだ。

それでも、伝えられないこともあることを知れ。

自分が変われば、向こうから知りたいとやって来る。

自分が悟り、光り輝いて、笑顔で包まれた人生になればいいのだ。

解る人だけ解ればいい。

ただ、今のこの世は、いままでの時代の中で一番、贋物が多い時代だ。

知られたい、目立ちたい、金持ちになりたいなど、他人様の人生を利用しようとする輩が多い。

普通に考えればおかしなことも、周りの声に騙されて見失う人の多いこと(笑)

神様仏様を、そういうことに利用する者の多いことを忘れずに、自分を信じて感謝の日々だ!

感謝なくして変化無し。

目の前にあることが、今のあなたの人生なのだ。

そのことに気づいて、感謝して受け入れない限り、自分自身でさえも変われない。

なにがあってもいいじゃないか。

特別なことがなくてもいいじゃないか。

特別なことがないことが特別なのだ。

周りに騙されるな、自分を信じて自分を変えてゆけ!


相手の人生の前に、あなた自身が幸せでなければいけないのだよ。

大丈夫、神様と仏様にご先祖様が、いつもあなたを見守ってくださっているからね。

自分が変われることを信じて、胸を張って歩け!




では。



Commented at 2018-07-04 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fujipapa-sas at 2018-07-05 10:44
非公開さまへ

こんにちは♪
ご心配をありがとうございます。
さて、ご相談の件ですが、シンプルにお答えしますと、
気にしないことです(笑)
気にするから、次から次へと起こります。
魔とか、そういうレベルではありません(笑)
まずは自分が気づかないと、まだまだ続きます。

でも、職場を辞めさせたいのでしたらば、具体的な方法もあります。
その方の先方に対する行動や発言を記録しておくこと。
職場内での発言(セクハラ、パワハラなど)も記録します。
手帳やエクセルなどに、日時をしっかりと書き添えておくこと。
その人を注意した人の話を聞いたら、それも記録する。
数ヶ月様子を見て酷くなるようでしたら、上司に相談して解雇してもらえばいいです。
裁判などになった時に、そのメモが役に立つはずです。

でも、逆恨みとか怖いですから、現状を上司に相談することがいいでしょう。
経営者と縁故のある方だとしたら、経営者に差出人不明で手紙を出しましょう。
手書きではバレますので、ワードかエクセルで。
その時の内容には、このままでは会社が潰れると必ず書きましょう。
今の時代は客離れのスピードは早いですと、真剣に伝えましょう。
そういうことが解らない経営者ならば、経営者失格ですので、
バカな輩がいることも納得ですから、その時は、気にしないで楽しく生きましょう(笑)

内面を変えることは大変です。
まずは、小さなことから気にしないようにしましょう。
例えば、職場のトイレの便座を拭かなくても座れるようになるとか(笑)
私は、これがきっかけでした(笑)
それも2年前ぐらいです(笑)
同僚の尻が付いている便座なのだし、死ぬ訳じゃないしと、
それまでは必ずペーパーを敷いたり、拭いたりしていたのですが、
そんなことにこだわっていては生きていけないし、真理も見えないと感じたのです(笑)
それからというもの、いろいろなことが気にならなくなり、快適な人生になりました(笑)

お答えになったか解りませんが、こんな感じでお許しください♪
人間関係のトラブルは、気にすればするほど続きます。
はいはい、っていう感じで「ありがとうね。」と思っていると無くなっていきますよ。

相手ではなく、自分のこだわりを失くさないと変わりません。
相手を嫌がっている時点で、相手と同じなのです。

by fujipapa-sas | 2018-06-26 12:32 | 悟り | Comments(2)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心