御岩神社は祟ります・参

続きです。

今回、このような文章を書いたのには訳があります。
ガイドさんから、祟りがあることをネットなどで知らせてくださいとお願いされたからです。

連休の時、テレビで紹介されていましたが、私もダイレクトに放送を見ました。
いつもは見ないテレビが気になりスイッチを押すと、丁度、山頂の景色の場面で終わる間際でしたが、
でも、もしかしてと思い、眼を画面に近づけて見ると御岩神社と書いてありました。
1ヶ月以上前に、行くことが決まっていましたので、これで混雑してしまうと感じましたが、
それが的中したようで、ガイドさんが言うには、その日の午前中は人がまばらだったのに、
お昼間近になると、異常なほどに人が増えてビックリしていると、皆さんがテレビを見て来たと。
「1年半ほどガイドをしていますが、こんなことは今まで無かった。」とテレビの影響を話してくれました。

その日、後輩も御参りしていたそうですが、山を下りると、行きはガラガラだった道が大渋滞だったそうで、
いまから行っても、閉山時間に間に合うのだろうかというほどの長蛇の列で、人の欲深さを垣間見たと…。

山も海も神聖な場所。
入る時には、きちんと挨拶をして入らないと行けないのです。
人間の社会では、挨拶が出来ない人がいても、まぁ仕方が無いで澄みますが、あっちの世界では通用しません。
神々様は、人が想像している以上に厳しくてクールでドライです。
欲深い者には、神様は心の扉を閉めてしまいます。
御岩神社様の御神体も、残念ながら扉を閉めた状態でした。
だもの、眷属が守るために失礼な者に罰を与える訳です。

ガイドさんに下山する時、出来ればすれ違う人にガイドがいるから聞いてくれと伝えてくださいと言われました。
それなので、下りながら「ガイドさんがいるので説明を聴いてください。御神体には触れないでください。」
「先日、御神体を触った方が祟られたらしいので気をつけてくださいね。」と言いながら歩いてました(笑)
すると、すれ違った4人家族のお母さんが「先週、知らないで触ってしまったので、謝りに来ました。」
「ネットで祟りがあると知って、慌てて謝りに来たんです。」という返事(笑)
「よかったですね〜触って祟られて不幸が重なった方がいたみたいですよ。」と答えると、
「ほんとうに、何ごとも無くてよかったです。ちゃんと謝って来ます!」と笑顔で登って行きました(笑)

どうも、皆が触っていたので知らずに触ってしまったようでした。

私がガイドさんと話している時に、後輩が御神体の側で様子を見ていると、ガイドさんが説明をしていた時に、
近くで聞いていた3名の方々がいたそうなのですが、その方々ガイドさんがいなくなったとたん触ったそうです。
なので、後輩が「それ触ってはダメですよ。」と優しく声をかけると、
「チッ!」と言って眉間にシワを寄せて睨みつけ、無言で御神体に挨拶もせずに帰ったとのこと(笑)
優しい後輩ですので、なにも言い返さなかったみたいですが、私ならばケンカです(笑)
まぁ、私の風体を見れば、よほどのバカでない限り歯向かっては来ないとは思いますが(笑)

御岩神社様は、本当に厳しくて大きな力をお持ちです。
私が見る限り、孤独が好きな神様だと思います。
ストイックに、いまでもご自神(ご自身)を磨いておられると感じます。
邪魔されるのを嫌う神様です。
それだけ凄い神様ですから、守る眷属も怖いのです。

さて、まだまだ書き足りない部分もありますが、あえてこの辺で終わりにします(笑)
これを読んだとしても、御神体を触る方は触るでしょうし(笑)
そういえば、山に登り始めた時に、私たちの横を通り過ぎた中年の女性達がいました。
ちょっとした山登り出来るような格好で、ストックを持っていた気がしますが、その中のひとりの女性の格好が、
もの凄く派手で、それを見たとたんに「あっ、あの人、途中で戻るな。」と思いましたところ、
中腹を過ぎたところで追いついたのですが、私の横で「もう無理、帰ろう。」と帰ってしまいました(笑)
なぜ、わかったと思います?(笑)
派手な格好もそうですが、黒い雰囲気があったからです。

さて、これにてシリーズは終了です(笑)

御岩神社様は、もの凄い神様です。


『心してかかれ!』


と、私の後ろの方々が申しております。
触らぬ神に祟りなし。


では。




Commented at 2018-05-23 08:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fujipapa-sas at 2018-05-23 14:22
コメントをありがとうございました。
メールを送らせていただきました。

皆様のお役に立てるのでしたらば、是非ともお使いください。
こちらこそ、ありがとうございます。

このようなマニアックなブログで申し訳ありませんが、
今後とも宜しくお願いいたします。
お返事は非公開か、メールの方でかまいませんので、
どうか御気遣いなさらぬようにしてください。

コメントをありがとうございました。
皆様にも宜しくお伝えください。

では。
by fujipapa-sas | 2018-05-22 12:18 | 神霊(しんれい) | Comments(2)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心