天命?

今日(昨日)の夜、実家にお土産のサクランボを取りに行った。

親父と話をしているとき、行者の先生の話が出た。

私の最近の不思議な現象の話の中で出たのだが、それを聞いてなんとなく先が見えた。

親父が言うには、行者の先生のお師匠様の話だそうで、ある時修行に出たところ
山間の村で喉が渇いてしまい、近くの農民の家で水をごちそうになったそうだ。
水のお礼に、この家では誰か身体の調子の悪い者がおるか聞いたそうだ。

すると、廊下の奥に年寄りが寝ているとの答えだった。
お師匠様は、その家の廊下に座りながらスーと見回すと、ある柱が眼についたそうだ。
そして、そこを見ると一本の釘が高い所に刺さったままだった。
お師匠様が家の者にこう言った。

『その釘を抜けば治るよ。』

行者の先生が親父に言ったそうだ。

『私には、そういう力はない。勉学での力はあるが、そういう力がないんだ。』

『そういう力は誰もが持てるものではなくて、ある能力の上にあるものなんだ。』

『ある意味、その力は自然であり理想的な力なのだよ。』

その話を聞いて、私は20年前の出来事を思い出した。
私の身体を診てくれている友人がいました。
その友人の実家へ遊びに行く機会があり部屋に入ると視線を感じた。
でも、解らなくて放っといた。
しばらくして友人に、こんな質問をしたくなった。

「カイロプラクティクスをしていて腕とか疲れないの?」

すると友人が「なんだか最近、右腕の手首が痛いんだよね。」

私「ふ〜ん。」といいながら部屋を見渡したら、日本人形の藤娘と目が合った(笑)
悲しそうな眼をしていたので、よく見ると…
その人形の右腕の手首に縫い針が刺さっていた。
すぐに抜いてやり様子を見ると…
友人が「あれ?もう痛くないや!」と言い出した(笑)
そんなことがありました(笑)



少しでもみなさまのお役に立てるように、頑張らないと…と思った雷雨の夜でした。



ありがとうございます。
Commented by KameKamerikuriku at 2014-09-16 22:48
父が亡くなる前日、父が透明になりました。

父の葬儀後、私の右腕が透明になり、数日左右のバランスが悪くなった感覚でした。

私は明るく元気ですが、私に弱音をもらす人が向こうから近づいてきます。

結果論ですが、近寄ってこられても気づけず私は穏やかに聴いてあげる事しかしていません。自ら命を落とされたり、病にかかって亡くなられたり、蒸発されました。

自分が何なのか、気になっているこの頃、こちらのブログに共感したりしております。
Commented by fujipapa-sas at 2014-09-17 00:38
はじめまして、コメントをありがとうございます。

そのような不思議な現象があったのですね。
きっと、お父様が「護り」についてくださったのですね。

私も以前は、よく相談にのっていました。
私の場合は不思議と、ご先祖様の業が深い方が多かったです。
相談を聴く度に疲れてしまい、自分が滅したくなることも多々ありましたが、
いまでは強くなり過ぎたせいか、誰も近づきません。

あなた様のブログを拝見させていただきました。
とても穏やかで素敵な空間を感じさせてくださるブログですね。
お人柄も伝わって来ました。

相談に来られた方々は、最後に、あなた様に聞いて欲しかっただけだと思いますよ。
人は誰でも、最後を感じたりすると、親身になってくれる方に話したくなりますもの。

ここから、本題です。
私の感じたままを書かせていただきますね。
あなた様に感じるのは「白い観音様」です。
お父様ですが、生前は、どちらかに御参りに行かれていましたでしょうか?
お父様の影響が強いようにも感じます。
私は霊能者ではないので、よく解りませんが、そのようなことを感じます。
ありがとうございました。
Commented by fujipapa-sas at 2014-09-17 00:46
追記

文字数がオーバーいたしまして、そっけない最後になっていますね(笑)

もう少し長かったのですが、文章を削ってくださいと表示され、
クリックしたら、そのまま書き込まれてしまいました。

お父様や右腕が透明になったのも、肉体と魂の関係を伝えるためだったのではないでしょうか?
肉体は滅んでも魂で繋がっていることを伝えたかったのでは。

また長くなりそうなので、後日ゆっくりお返事させてください。
あまりお役に立てなくて申し訳ありません。

それでは、また。
Commented by KameKamerikuriku at 2014-09-17 08:36
お返事をくださり有り難うございます。

後ろを見て色々考えてきましたが、前進できて嬉しいです。

白い観音様、ですか…

父ですが、定期的な実家のお墓参りと、

若い頃に「高野山」に何度も足を運んでいたそうです。

私の事で、お疲れ出ませんように、お時間ゆっくりあります時にお言葉いただけましたら嬉しいです。

Commented by fujipapa-sas at 2014-09-17 18:30
お結の指さま、こちらこそお返事をありがとうございます。

高野山ですか…私も一度だけ御参りに参りました。
2010年9月25日の書き込みに感想が書いてあります。
非公開でしたが、他の書き込みも含めて公開しましたので、読んでみてください。

私が高野山に御参りした時に感じたことは、奥の院の空気が霊体のように透明だったことです。
透明なのに霞のようで不思議な感覚でした。
空海様の肉体は滅んでいるはずなのに、生きているというのが解ったんです(笑)
お父様も、奥の院のような状態だったのですね。
きっと、いまも側にいるよと伝えたくて、私のブログまで誘導してくれたのでしょう。

それから、私は疲れませんから大丈夫ですよ(笑)
千日行を2回もすると、少しぐらいでは疲れませんから安心してください。
それと、お結の指さまご自身がマイナスを発しているわけではないと思いますから、
ご自分の運に自信を持って、笑顔で過ごしてください。
マイナスの発想はマイナスを呼び込みますからね。

大丈夫!お父様や護りの方々が付いてますからね♪
Commented by KameKamerikuriku at 2014-09-17 21:53
有り難うございますm(__)m

全身鳥肌が立ちました。
これまで通り、思いのまま過ごしていきたいと思います。

2010年9月25日の書き込もこれから拝読させていただきます。m(__)m

by fujipapa-sas | 2014-07-01 01:23 | 神霊(しんれい) | Comments(6)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心