プラスの波長

プラスの波長は、受ける者の波長によっては疲れる。

プラスの大きさにもよるが、大きければ大きいほど疲れる。

大きなプラスの波紋は相手の波紋を揺るがしてしまう。

相手の波紋が乱されてしまうことにより疲れてしまう。

共鳴することはまれ。

それぞれの器は違うから、大きさが合わない限り共鳴はしない。

相手の波長が大きければ共鳴出来ないから、相手がいい人でも嫌になってくる。

誰もが波長を持っている。

マイナスの波長が大きい人もいる。

プラスとマイナスは反するから共鳴しないのは理解出来る。

でも、プラスの波長同士で共鳴出来ないのは、波長の違いからくる。

同じプラスでも、質が違うのだ。

ただ、そのことが解れば、簡単に大きなプラスの波長に変わる事が出来る。

大きなプラスの者に同調すればいいのだ。

相手が、いい人なのに嫌だと感じたら同調してみよう。

観察したり討論したり遊んだりして波長を合わせてみよう。

そうすれば、見えないことも見えて来ますからね(笑)

プラスの波長はマイナスよりも強く、まぶしい。

だもの、疲れる(笑)




では。
by fujipapa-sas | 2014-03-01 23:17 | 感覚 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心