限りある命、限りない命。


どんな命にも限りがある。


どんなにも医療が発達しても、命には限りがある。


どれほど凄い救世主が現れたとしても、命は救うことは出来ない。


たとえ、神様や仏様が現れたとしても命は死を迎えるのだ。


人は、明日にも死ぬかも知れない命。


どんなに楽しい今日でも、どんなに苦しい今日でも、明日には死んでいるかも知れない命。


だから、いまを大切に生きよう。


誰かに何かを言われても、誰に何をされても、明日には消えているかも知れない命。


だったら、いまに感謝して生きよう。


誰が何をしていたっていいさ、相手の人生よりも自分の人生を大切に生きよう。


明日には死んでいるかもしれない命…。


命には限りがある。


だから、毎日、自分の命に人生に感謝をしましょう!


それが、自分の命に伝われば、限りない命…。


自分自身に感謝をすれば、相手のことも自然にも感謝が出来ます。


そうすれば、あなたの命は、永遠に輝くことでしょう。


あなたの苦労した人生は無駄ではありません。


すべて、限りある命を感じて、限りない命を感じるため…。


あなたは、限りある命で死ぬのと、限りない命で死ぬことのどちらがいいですか?


このことが理解出来れば、地震なんて恐くない(笑)


みんな、騒ぎ過ぎ(笑)


どんなに騒いでも、来るものは来るのですから…(笑)


明日には、死んでいるかもしれない命。


あなたは、命を感じて生きていますか?






では、乱文にて失礼します(笑)
by fujipapa-sas | 2011-08-05 23:18 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心