人気ブログランキング |

さようなら、伯母さん。

さようなら、伯母さん。


日曜から昏睡状態だったんだね。


なんとなく、あちらに行っているのは感じていたよ。


やっと、伯父さんのところへ行けたね。


きっと、よく頑張ったなって褒めてくれると思うよ。


伯父さんの所に嫁に来て、かなり苦労したもんね。


子供もいなくて、きっと寂しかっただろうね。


でも、そんな弱みは見せなかった伯母さん。


立派だったと思うよ。


一族から嫌われても負けなかったもんね(笑)


私を可愛がってくれたのも、私に何かを感じていたからでしょ?


伯母さん、かなり霊感が強かったもんね(笑)


よく、私が体調を悪くしていると電話をしてくれたっけ…。


私が、伯母さんの心の奥底にある優しさを見抜いているのを知っていたんでしょ?


伯母さん、本当に、ありがとうございました。


伯父さんに、勉強を教わりに行っていた時に作ってくれた料理、美味しかったよ。


「私は洋食が作れないけど大丈夫かい?」って言ってたっけ…。


料理、美味しかったよ。


だから、伯父さんに教えてもらうことより、伯母さんの料理が楽しみだった。


今日、ご用聞きだった酒屋のオジサンが亡くなったって新聞に出てたね。


なんか、逝きそうな予感がしていたんだ。


昔からの付き合いだもんね。


あのオジサンも、私を大事にしてくれたっけ…。


それから、今日の御参りの時、後ろに降りて来たよね(笑)


リアルに人の気配がしたからビックリしたよ(笑)


あちらの人だったら振り向かないけど、さすがに振り向いたもん(笑)


御参りして階段を下りたら、カラスが鳴いてた。


もしやと思ったけれど、信じたくなかったから気のせいにした(笑)


でも、駐車場に着いて、クルマの中に置いておいた携帯を見て、


「やっぱり…。」って思ったよ。


母からの留守電で、あの時間だったことがわかった…。


わざわざ、ありがとうございました。


明後日で、伯母さんのことの御参りをして百日になるとこだったのにね…。


やっぱり、百日まで持たなかったね…。


でも、よかった…。


苦しまずに逝けて…。


いま、これを書いていたら、母から電話があった。


伯母さんが、病院から戻って来たって…。


伯母さん、通夜も葬式も出たくないよ。


伯母さんが死んだなんて、信じたくないよ。


だから、今夜は行かないよ。


ゴメンね、伯母さん…。


ありがとう、伯母さん。


ありがとう、もう一人の、おふくろ…。


ありがとう…。
by fujipapa-sas | 2011-04-20 22:17 | 感謝 | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心