執着心


執着心というものはあまりよくない。

それが少しでもあるだけで、流れが悪くなる。

川の流れのなかにある小石の様な物。

人は誰でも欲がある。

それはそれで当たり前だし、それでこその人だからそれでいい。

けれど、叶えられない欲を、いつまでも心に持つことは良くないこと。

持ち続けることによって、様々なトラブルを起こす。

執着心は、永年築いて来た信頼関係さえも簡単に壊す。

己の欲に、どうしても手に入れたいと思う心が執着心を産む。

それは、厄介なことに、本人は気づかない。

そして、これが書きたかったこと…。




『執着心を持つ者の共通点は、自分が正しいと思っていること。』




そう、執着心を持つ者は、間違っていても自分が正しいと思っているのだ。

誰が何を言っても、目が覚めない限り気づかない。

そして、相手も執着心を持っていたとしたら、お互いが恨み合う。

まさに、負の思い通り…。




負にコントロールされることなかれ…。

欲に捕われ、自分を見失うことなかれ…。

毎日、平和に暮らせることだけに感謝をしていればいい。

貧乏でも、質素でも、同じような毎日でも、なんでもいい…。

毎日生きられていることに感謝しよう!

自分が正しいか正しくないかなんて、この世では答えは出ない。

だから、執着心を捨てよう!

そうすれば、明日は今日以上に楽しくなるからさ(笑)

さぁ、重荷を下ろそう!

執着心という重荷を…。








いま、本家の伯母さんが死にかけています。

なのに、親の兄妹が、本家の土地や財産で揉めています(笑)

みんな、自分が正しいと思っています。

欲深い一族なので、見せかけだけの絆は、きっと切れてしまうでしょう。

でも、それでいいと私は思っています。

過去の栄光なんて、クソクラエです(笑)

私が子供の頃、どれだけ他人から嫌な想いをさせられたことか…。

金なんて、ほどほどでいい。

食うに困らなければいいのだ。

だから、いまが一番幸せなのです…。

跡継ぎなのに、跡継ぎでない私…。

苦労はしたけど、親戚中で一番幸せかも(笑)

ありがとうございます、ありがとうございます♪

では、また…(笑)
by fujipapa-sas | 2011-04-15 01:08 | 悟り | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心