疑っていても切りがない。



いろいろな情報が流れています。


全てが真実ではありません。


でも、その中にヒントが必ずあります。


人をバカにした様な情報にも、ヒントはあります。


それぞれの情報は信じることはありません。


でも、そのメールを流してくれた方は、あなたを心配して流してくれたのです。


情報を最初に発信した者は、他人を小馬鹿にするために送ったのでしょう。


けれど、その後の方は、心配して送ってくれたのだと思います。


そこに、ヒントがあります。


受けた方が、どう思うのか?試されているのです。


「デマとはいえ心配してくれたのだ。」…と思うのか。


「あいつ、騙されてるよ…。」…と思うのか…。


どちらが人間らしいと思いますか?


どちらが、思いやりを持っていると思いますか?


疑っていても切りがないのです。


こんな時だからこそ、お互いを信じて助け合わなければならないのです。


デマでもいいじゃないですか!


相手の方は、あなたを心配してくれている。


とても素晴らしいことじゃないですか…。


疑わずに、相手の善意を受け入れてあげましょう!


ただ、その情報が正しいのかは冷静に判断して下さい。


最初の悪魔の囁きに乗せられないように、冷静に…(笑)





いつも私は、こう言っています。

『ピンチの時に本性が現れる。』

最初にデマを流した人、きっと後悔することになりますよ。

天使も悪魔も、いつも私たちの側で見守っているのですから…(笑)
by fujipapa-sas | 2011-03-16 00:24 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心