御礼参り。

昨日の夜中に親友から亡くなった時間を教えてもらった。

17日の12:50分だということだったので、その時間に合わせて用意して出かけました。

すると、ちょうど到着して車を出た時間が同じ時間(笑)

小高い山の、すべての神様仏様に御礼をして参りました。

亡くなる直前まで生きられたことの御礼です。

そして49日を過ぎたら、安らかに極楽に行けるようにお願いをして参りました。

灼熱の中でしたが、なんとか御参りをすることが出来ました。

何度となく脚を止めて休みましたが、その度に気持ちのいいそよ風が吹いて癒されました。


神社に祝詞をあげ、御礼とお願いを済ませた後に不思議なことがありました。

大きな祠の裏にある小さな祠、そこの前にある岩にアゲハ蝶が止まりました。

小さな祠に御参りした後、祠に話しかけている時でした。

止まった方向は西北、神仏の位置と言われる方向です。

陽に照らされ熱くなっている何もない岩の上なのに、しばらく羽根を休めていました。

「あぁ来てくださったのだな」と思っていると、もう1頭(匹)のアゲハ蝶が現れた。

岩から飛び立って戯れていたのを見ていながら、「いなくなっちゃうんだなぁ」と考えていると、

どういうわけか、1頭の蝶が同じ場所に戻って来た!

グルグルと回って飛んでいたので、どっちがどっちかは解らなかったけれど(笑)

まるで「まだいるよ。」と言わんばかりで思わず笑ってしまった(笑)



あの世に行かれても、気を使ってくださってありがたい。

一度は御参りに行きたいと言ってくださっていたからだろう、何度か横にいらしていた(笑)

「けっこう大変でしょう?」というと、横の木々がサワサワと風に吹かれていた(笑)

熱くて死ぬかと思ったけれど、温もりを感じた時間でした。



ありがたいことです。



では。





# by fujipapa-sas | 2018-07-19 21:33 | My DNA | Comments(0)

同じ日

誕生日は、私の弟と同じで、

命日は大好きな祖母と同じだなんて、まったく(笑)

もう、涙が止まらないですよ(笑)

きっと全国からファンが集まるでしょうね。

ほんとうにお疲れさまでした。

ありがとうございました。

あっ!私、まだ宣伝部長のままでいいですか?(笑)

来月、最後の宣伝をさせていただきますね。



では。




# by fujipapa-sas | 2018-07-19 00:33 | My DNA | Comments(0)

覚悟は出来ていた。

あえて伏せ字で。

あっ◯ちゃんへ

お疲れさまでした。
3日前ぐらいから胸騒ぎがしていましたが、まさか…。

ほんとうに、いろいろとお世話になりました。

年越しの飲み会には来ないはずだったのに、来たと思ったら私とだけサシで話してばかりで(笑)
あのとき、神様が時間と場所をセッティングしてくださっていたのを、私は確信していました。
久しぶりに内緒の話をしましたね(笑)
男同士の濃い話(笑)
あの時間がなければ、お互いに誤解したまま終わっていました(笑)
神様は凄いです。

今回の千日行では、最初から奥様と長生きをとお願いしていました。
でも、今年の2月に御参りが中断したとき、嫌な予感がしていました。
前回の御参りの時から数えれば、1500回以上は御参りしていたけれど、勘が当たってしまいました。
何年も前からタバコを止めるようにお願いしていたのに…。
肺がんで逝きますよって、あれほど注意したじゃないですか!
まだまだ話すことがあったのに!

告別式、行かせていただきます。
寂しくなりますよ。
ほんとうに寂しい。

でも、あの世に行って、真実が視えるようになったでしょ?(笑)
私の話していたことが嘘じゃないことも、私の性格も理解してくれるでしょ?
大丈夫、これからも祈り続けますからね♡

たくさんのファンのために、ありがとうございました。
いつまでも忘れません。

ありがとうございました♡

今日は、ここまで(笑)

# by fujipapa-sas | 2018-07-18 21:34 | My DNA | Comments(0)

七代祟る意味。

今日は祖母の命日でした。

あれから13年も経つのかと、感慨深い夜を過ごしています。
13年前の今ごろの時間、葬儀屋さんのホールで後輩と2人でオバケに囲まれていました(笑)

まぁ、そのようなことを考えていましたら、タイトルの意味が急に出て来ました。
命日の祖母は母方ですので、祟りとかは無いのですが、父方は祟られている家系なのです。

昔、行者の先生に、私が祟りの七代目だと言われたことがあります。
これを初めて読んだ方には行者の先生の説明が必要かも知れませんが、
霊能力や知識がもの凄くて、そんじょそこらの方とは違います(笑)
説明すると長くなるので、凄い先生とだけ伝えておきますね(笑)

私が七代目ということは、祟りの結び(終着駅)みたいなものです(笑)
確実に、ろくな死に方をしない最後の当主(笑)
私が5歳の時に、行者の先生は、それを見抜いておられました。
なので、お供養をしてくださる時には、もの凄く心を込めて命がけでお供養してくださいました。

ですが、子供心に疑問がありました。
なぜ、1代で祟りを終わらせないのだろうかという疑問です。
だって、その方が祟りを発生させたのですから、その方で終わりにすればいいじゃないかと(笑)
なにも真綿で首を絞めるように、じわじわと年月をかけて殺して行かなくともと感じていました。
だけれども、先ほど気づいたのです。

祟るものは、その家系の子孫が、先祖に関わる霊魂(祟りの元)を敬うのか見ているのです。
要は、七回ほどのチャンスを与えてくださっているのだなと思いました。
それが頭に浮かんだ瞬間、シンクロしたからでしょう、涙が溢れて来ました。

祟るものは、憎しみだけでなく、慈悲の心で見守っているのです。
そう考えれば、すぐに根絶やしにしない意味が理解出来ます。

この解釈は、おかしいかも知れませんが、いまの私の答えなのです。
祟っている方々にも感謝なのだな〜。

これを悟る為に、私は何度も救われて来たのかも知れません。
ありがたいことです。



では。





# by fujipapa-sas | 2018-07-18 00:14 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

神(しん)の奥義

『語らずして悟らせよ。』


これぞ、真の奥義であり、神仏の御心である。

この意味を知る者はいても、実行する者は少なし。

生きている限り知りえるものを示し、己を残そうとする人には理解しがたし。

我、歩むべき道を諭され、我の自我に悩みけり。

一生涯が修行なれど、その道は険し。



では。





# by fujipapa-sas | 2018-07-16 14:11 | 悟り | Comments(4)

ランキングのカラクリ

数年前から気づいていたけれど、あえて試したりしていなかった(笑)

ここのランキング、自分で自分の記事をクリックするとカウントされるんだよね。

だから、ランキングを上げたいと思ったら、自分の記事をクリックしまくればいいわけ(笑)

昨日、あえて、時間を決めてクリックをたくさんしてみたら、その時間だけアクセスが多かった。

ここのランキングは、そういうことが出来るということ(笑)

一生懸命になって、他人様のために書いている真面目な人達よりも、

自分を目立たせたい輩がカラクリを利用して上に行き、さも凄いですとのさばっている(笑)

だもの、文章を読んでいても「なんでこの人が?」て思うわけだ(笑)

私も、異様、異常、自己中心的でナルナルな文章を書いているから言えないけれど、

神仏を利用して、金儲け的な記事は書かないし、書きたいとも思わない。

ランキングなんて関係ないし、解らない人には読んでいただきたくない(笑)



ランキングが上位の方で、このカラクリを使っている人がいたら、気をつけてくださいね(笑)

その上位のランキングを信じて来る人達は、マイナスも強いですよ(笑)

インチキをしていたら、マジで死ぬことになりますよ。

たとえ死ななくても、どうなるかは知っていますよね♪



あー、なんかスッとした(爆)

そんなカラクリで上位ならば仕方が無いし、なんか安心しました(笑)

いろいろと大人の都合もあるでしょうから、この辺で止めましょう(笑)



他人様の運命を開運させたいと、真面目に書いている方々様へ

今後も、自分を信じて真面目に書き込みして行きましょう♡

ここのランキングに意味はありません。

そのことを知っていればイライラも減りますし、マイナスの影響も受けません。

神仏の道は険しいですけれども、正しい答えに導いてくださいます。

正しい者は正しい道に進めばいいのです。

一時の栄光よりも、一生の悟りです。

小さなことをコツコツと頑張りましょうね♡



と、仮想の文章を書いてみた(爆)

このスピリチュアルのカテゴリーに、そういうことをしている人はいないと信じて…。(笑)



では。



# by fujipapa-sas | 2018-07-14 14:35 | 感覚 | Comments(0)

助太刀無用

『助太刀無用』

私には、助太刀無用みたいです(笑)

助けを求めたとしても、助けられる人はいないみたいです(笑)

理解しえるレベルではないからです。

私よりも凄い霊感やパワーを持っている方々はたくさんいらっしゃいます。

でも、私の修行と世界観が特殊な修行だったから助けられないそうです。

最近、他の方々との違いを感じています。

私は、独りで歩むタイプ。

助けを求めるのならば、独りで散りたい(笑)

だから、助太刀は無用なのです(笑)




さて、頑張ろう!


では。






# by fujipapa-sas | 2018-07-13 23:53 | 千日行 | Comments(0)

地獄の先に楽園がある。

この世で地獄を見たことはあるかい?

所謂(いわゆる)どん底ってやつさ(笑)

いまがそれだというのならば、もう少し頑張ってごらん。

その先に、この世の楽園が待っている。

昔、死にたい死にたいと毎日考えていた私がいうのだから間違いない!(笑)

私の人生を、同じように他の人が過ごしたならば、何回自殺しているだろう(笑)

まぁ、もしもあなたの人生を私が過ごしたならば、すぐに自殺しているかも知れないけれど、

でも、そうなっても意味を考えて、死ぬという簡単な選択よりも生きるという難しい選択をするでしょう。

せっかく生まれて来たのに自ら死ぬという選択は、よく考えてみれば馬鹿らしいからだ(笑)



この世は地獄さ(笑)

この世が地獄なんだ。

だから、自分の手で、自分の人生を楽園にしなきゃいけないんだ。

なのに、それを他人様のせいにして自暴自棄になっていてはもったいない!

他人様は、考えるチャンスをくれているのだ。

失敗もそうだ。

自らが決めたことで失敗をしたのならば、次につなげればいい。

同じ失敗は2度としないでしょ?(笑)

いろいろな地獄を見ても、地獄巡りの観光だと思えばいい(笑)

あの世で体験するはずの地獄を先取りしていると思えばいい(笑)

自分専用の地獄なのだから、どこかに出口はあるよ♪



私は、地獄だった毎日の中で、明日が来るのが怖くて仕方が無かった。

でも、そうこうしていても明日は必ず来ることに気づいた。

そうしたらね、怖がって立ち止まっていても、一歩踏み出しても同じ明日が来ると考えるようになった。

明日は来るのだ(笑)

そう思ったら、自分の気持ち次第だなと感じて、他人様のことなどどうでもよくなった(笑)

生きているのは自分だ。

自分が人生をつくっている。

嫌なら逃げればいいだけだ(笑)

それでも明日は来るのだ。



人生は長いようで短い。

トンネルを長くするのも短くするのも、設計者の自分次第なのだよ♪

広大な人生という土地に、一輪の花でもいいから咲かせてみせようぜ!

蓮の花のように、大きな花なら一輪でも楽園だ!(笑)

人生を枯れた砂漠にしてはダメだよ。

花は、種を蒔かなければ咲かないのだ。

地獄は種なんだ。

考えるという水を心にさして、芽を出させよう!

あなたの花は、どれぐらい素敵な花が咲くかな?

今を乗り越えて、たくさんの素敵な花が咲く楽園にしましょうね♡

一輪咲けば、こっちのもんだ!(笑)




では。




# by fujipapa-sas | 2018-07-12 15:20 | 悟り | Comments(0)

抜け殻

なにもかもが嫌になって…

食欲もなくなって、食べることも嫌になって…

笑うことも嫌になって…

人と会うことも嫌になって…

誰もかれもが嫌いになって…

まるで魂が抜け殻のようになったら…



それが脱皮した証拠さ!

心が脱皮したのだ!

脱皮したては、カニやエビと同じでいちばん弱いとき。

これから少しずつ硬くなってゆくよ。

だから、見つからないように、陰に隠れていよう!

変な輩に喰われたら終わりだ(笑)

生きることに疲れて脱皮した人間を、平気で喰らう魔物みたいな人間もいるんだ。

手を差し伸べられても、じーと隠れているのだよ(笑)

時間が経てば必ず硬くなる。

そして大きくなるんだ。



心も脱皮する。

それさえ解っていれば、もう大丈夫だ(笑)

さぁ、隠れていましょう!




では。






# by fujipapa-sas | 2018-07-11 00:29 | こころ | Comments(0)

強くなるには

小さい頃から強がりな私(笑)

負けず嫌いだから、強いふりをして誤摩化していた。

だから、今年の2月の入院までは、自分が強いと信じきっていたのだ(笑)

でもね、弱かった(笑)

腎臓が腎不全の手前までいっていて、いつ死んでもおかしくないと言われた時までは平気だったけれど、

左眼が見え難くなり、右眼までも見え難くなった時には、さすがに不安になったし怖かった(笑)

千日行で、真っ暗な山の中をライトも点けずに歩いていたのに、見えなくなると思ったら不安だらけになった。

そこで初めて、自分が弱いことに気づいた(笑)

だから、徹底的に自分は弱かっただけなのだと、過去を振り返って認めた。



そこからだった。

頭に浮かぶ言葉が的確になった。

惑わされることが無くなったのだ。

弱くなったことで、いろいろな欲が薄くなった。

自分で意地になって物事が出来なくなったことで、助けられることのありがたみを感じたのだ。

眼が見えないような状態になると、隠していた弱みでさえ見られてしまうから開き直るしかない(笑)

だって、弱いんだもの(笑)



おかげさまで、やっと強くなれました(笑)

まだまだ不安なことはありますから、前途多難ですけれども、弱いのだから仕方がない(笑)

弱いなりにコツコツと前進すれば、きっと人生は開ける!

強がって無理に前進しても、それは本当の強さではない。

強い者、強くなりたい者は弱さを知らないと強くなれない。

弱さを知ることで、智慧と慈悲の心が生まれる。

私は、まだまだだけれども、最後まで心を磨く人生でありたい。

心を強くしたいならば、弱い心を体験しないとダメなんだなぁ。



強い者が弱い者をバカにするようならば、その者は弱い者だよ(笑)

この私が言うのだから間違いはない!(笑)

弱くてもいいんだ。

いずれ強くなるよ♪




では。





# by fujipapa-sas | 2018-07-11 00:02 | こころ | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心