身体は正直(笑)

この3ヶ月、いろいろあったけれど、なんとか頑張って来たつもりでした(笑)

でも、自分でも最近のブログの記事を書いていて弱気だなとは感じていました(笑)

まぁ、普通ならば鬱にでもなっています(笑)

SOSを出したくても、負けず嫌いの私なので我慢して頑張って来ました!(笑)

でも、身体は正直なんですね。

今日、私のここ最近の症状の原因が解りました。

頭部右側中央から後頭部にかけての、帯状疱疹。

実は、2週間前から発症していたようです(爆)

痛みがひどく、眠れない毎日(笑)

でも、医者には行けません。

これを機会に、自分の身体を試そうと思っているからです。

そう、自分を追い込みます!(笑)




さて、どうなることやら(笑)



つか、軽い鬱にでもなっているのかな?(笑)

それも面白い(笑)



では、頑張ります!








# by fujipapa-sas | 2017-07-19 22:54 | 健康 | Comments(0)

わたしだって

こんな私だって、褒めて欲しいときもある(笑)

最近、YouTubeで木村文乃さんのクラシルの映像を見て癒されています。

こんな若くて可愛い子に「頑張ってください!」なんて言われたら、疲れなんて吹っ飛ぶのになんて、

スケベ中年のような妄想をしながらニヤニヤしています(爆)



予想以上に大変な毎日の御参り。

ただコツコツと、黙々と独りで御参りするのも年齢のせいか疲れて来ました(笑)

だからと言って、面と向かって応援されるのも恥ずかしいものです(笑)

けれど、これほどハードな御参りだから私だって褒めてもらいたくなる時もある(笑)



昨日は祖母の13回忌でした。

お寺のご本尊の不動明王様の眼が、金色に光り輝き私を見つめていました。

眼が金色に塗ってあるのですが、前回は気づかなかったのに昨日は生きているようでした。

今日の御参りでは、いつも以上に闇が深くなっていて足下が見えなくて困りました。

段々と浮世離れが進む毎日です。

誰かに褒められて、この世の思いを続けていたい。

一昨日には、知合いの霊能者のおばちゃんと久しぶりに会って話をしました。

大物芸能人や政治家などを見ている凄い方です。

そんな、おばちゃんの痛めている膝でさえも、手を当てて治してしまう私です。

浮世離れが始まった。

まだ離れたくないのになぁ〜(爆)



文乃ちゃんのような子に褒めてもらって、浮き世に戻りたい私です(笑)

明日も独り孤独に御参りです。

浮き世の皆様のために、もっと、もっとパワーアップせねば(笑)

あっ!心臓が痛み始めた(笑)

まったく、なんなんだか(爆)




では。







# by fujipapa-sas | 2017-07-18 23:05 | こころ | Comments(2)

くそったれ!

何枚あるんだ?

あと何枚あるんだ?

突き破っても突き破っても現れる大きな壁!

こんな時に限って、身体の痛みが増えてリンパも腫れ上がる!

くそったれ!

負けるもんか!

ここが限界点ならば限界を超えてやる!

限界の先の臨界点まで突き進んでやる!

くそったれ!

死が見えても続けてやるよ。

どうせ、いつかは死ぬんだ!

最後まで諦めずに頂を目指してやる!

おまえらの思い通りにはいかねぇぞ!

遠くからニヤニヤと笑いやがって(笑)

おもしれぇ、こうなりゃ受けて立つ!

すべての壁を壊してやるよ。



くそったれ!

あーめんどくせぇ(笑)

すべての苦難を受け止めて昇華してやる!(笑)

おまえらは薪だ!石炭だ!ガソリンだ!(笑)

この炎で炭にしてやる!

覚悟しろ!

死を覚悟した私は、誰よりも怖いぜ(笑)



くそったれ!

こんなことになるとは思わなかった(笑)

だから人生はおもしろい(爆)



さて、残りの人生を謳歌して幕を閉じられるようにしよう。

頑張れ!俺!(爆)



期間限定?(笑)



では。






# by fujipapa-sas | 2017-07-14 23:28 | 千日行 | Comments(0)

善と悪

善は善であり、悪は悪である。

だが、善という悪もあり、悪という善もある。

善も悪も、すべてはひとつ。

善を善と捉えるか、悪と捉えるかは、各々(おのおの)の考え方次第である。

悪が時には善になったり、善が悪になったりするのも、すべてがひとつであるがゆえ。

ゆえに、すべての善と悪に感謝をしていれば、本当の意味と答えが理解出来るようになる。



難しく考えることはしなくてもいい。

善と悪とを、分け隔てなく比べて見ればいいだけだ。

人の行いなんて、その人の基準で善か悪かが決まって来る。

己が善だと思っていることをすればいい。

最終的な判断は、死を持って答えとなる。

己を信じ、己の道を進めばいい。

善か悪かは、あの世で決まる。




すべては、『愛』の中に…。





では。






# by fujipapa-sas | 2017-07-10 21:22 | 悟り | Comments(0)
私は最近怒らない(笑)

些細なことで怒ることもあるけれども、その意味を考えたら怒れない。

怒りは『罠』だからね(笑)

嫉妬にしても、憎しみにしても、元は怒りだ。

怒りが生まれた時に、少しでも考え方を変えて見て欲しい。

怒りを生んだ出来事に流されてはダメだ。

そこには大切な意味があるのだからね♪



では。






# by fujipapa-sas | 2017-07-09 01:59 | 悟り | Comments(0)

どこまで

どこまで行ける?

どこまで高められる?

自分を信じて、すべての出来事を細分化して自分の糧に出来る?

自分の心に騙されずに前へ進める?

自分の考えで相手を作らずに、ちゃんとした答えを導ける?

人生には様々な罠が仕掛けてあるけれど、すべて見抜ける?

あなたは、どこまで相手を許せる?

自分を許すことは出来る?

あなたは、あなたの心のために、魂のために、どこまで行ける?

あなたは、私の本当の姿を、どこまで見抜けている?



考えて、考え抜いて、悩んで苦しんで藻掻(もが)いて先へ進め!

どこまでも、どこまでも先に進め!

昨日よりも今日、今日よりも明日、少しでもいいから前へ進め!

自分の見聞で相手を見ないで、少しでもいいから考えて自分を疑って進め!

自分の心を、自分の経験を最優先にしては先へは進めない。

どこまでも、どこまでも進めるように、考えて悩んで進め!

必ず答えは出るから…。




あなたは、どこまで行ける?




では。







# by fujipapa-sas | 2017-07-09 00:48 | 考え | Comments(0)

とんび

夕暮れ時の御参りで、鳶(とんび)と出逢った。

あれだけ薄暗い中を、鳥目のはずの鳶が、挨拶をするように目の前に現れてくれた。

最初は梟(ふくろう)かと思ったけれど、鷹のような顔立ちで鳶だとわかった。

少し小さい鳶だったから、きっと子供の鳶なのだろう。

でも、3メートルぐらいまで近づいても逃げなかった。



一昨日の御参りの時、いつものお坊さまに会った。

私と会いたかったそうで、やっと会えたと喜んでいただけた(笑)

先々月から水行を始めたと告げると、その違いが出ていると教えていただいた。

穏やかになっていると言われました(笑)

霊感も何も無いお坊さまですが、そういうことは解るんだとおっしゃっていました(笑)

私の若い頃を知っている方なので、あの頃は鋭利な刃物のようだったと笑われました(笑)

水行を始めると、余計なものが削ぎ落されて行くのだろうと、私と同じ考えを伝えてくださりました。

本業のお坊さまでも、毎日の水行はあまりしないそうです。

だもの、削ぎ落されて行く訳です(笑)



鳶は、私に何を伝えに来たのでしょう?

とても穏やかな眼で私を見つめていた鳶。

視線が合うこと10秒以上。

なんだか不思議な感じでした。



2ヶ月前の私と、今の私はかなり違います。

余計なものが削ぎ落されたことも自分で解ります。

毎日、水を被っているだけなのに(笑)

穏やかになるにしたがって、自然が私を見守っていてくださるのが解る。

ありがたいことです。



では。





# by fujipapa-sas | 2017-07-03 23:04 | 自然 | Comments(0)

南無大師遍照金剛我也

今日、明るく考えようとしても気持ちが落ち込み、ファンを辞めようとまで思った。

山の中腹から、お稲荷さまのいらっしゃる方向を見て「助けてください。」とお願いをしました。


『光りが差す。』


と言われたので、それを受け入れることにしました。

そしてそこから少し歩くと、木々の隙間から明るい光りが差した。

月が出ていたのだ。

このところ、曇りが多くて月が出ていることに気づかなかったから、とても嬉しく感じた。

お礼を言いながら山を下り、天満宮様にもお礼の御参りをすると、その先で浮かび上がった。

私を取り巻く最近の流れが、神の領域の本当の意味を教えてくださった。

600日を過ぎた頃から「南無大師遍照金剛我也」という言葉が浮かことが多くなったのだが、

それは、すべての人々に言えることであり、誰もが持っているものだとは感じていた。

ただ、そこまで行ける人々がいないことに今夜気づいた。



神の領域の先に、なんとか辿り着くことが、こんなにも早く出来ました。

書いている自分でも、おかしなことを書いていることは理解しています(笑)

でも、こんな私に期待をしてくださっている人に伝えるために書いていますので許してください。

やっと、神様の気持ちが理解出来ました。

だから、今夜の御参りは熱烈歓迎だったのですね(笑)

眼が見えるうちに、ここに書けてよかった(笑)

先日の人間ドックで、お医者さまに脅かされました(笑)

もう、いつ、眼が見えなくなってもおかしくない状態だそうです(笑)

けれど、私は規格外の肉体の持ち主なので、まだ平気だと思っています(爆)




誰もが「南無大師遍照金剛」なのです。

これが、神の領域の先の世界です。

神様は、誰であろうと分け隔てなく愛してくれています。

でも、人間は自分だけを愛して欲しいので、自分だけの神様を作ります。

自分の欲を満たしてくれるのが、叶えてくれるのが神様だと信じて過ごしています。

神様は何もしてくれませんし、沈黙して見守ってくださっています。

それを理解しないと、いつまで経っても神の領域にでさえも辿り着けません。

辿り着けないのが人間なのかも知れませんが、それでは生まれて来た意味がない。




私の命は、案外短いかも知れません。

だって、こんなにも早く答えに辿り着いたのですから(笑)

今日で661日目。

1000日まで生きていたいなぁ〜(笑)




では、意味の解らない文章でゴメンなさいね(笑)



南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)我也(われなり)



私を苦しめてくださった、すべての事象に感謝いたします。


もう、思い残すことはありません。


ありがとうございました♡




あっ!ブログは閉鎖しませんから安心してくださいね(笑)

では。






# by fujipapa-sas | 2017-06-28 22:50 | 悟り | Comments(0)

片方

肉体的に両方に耳があっても、ちゃんと聞こえているわけじゃない。

人様は肉体的な耳でしか聞こえていないのだ。

だから、他人様の噂話に乗せられて、善人さえも疑う。

先に聞いた話を信じる人が多いこと(笑)

みんな、肉体的な耳しか持ってないからだ。

耳だけじゃない。

眼も鼻も口も舌も、肉体的に感じているから見破れないんだ。

耳は3つある。

右耳と左耳に、心の耳があるんだ。

なのに、みんな気づいていない。

すべての五感は、肉体的以外にもあるのだ。



悪口やデマを信じるのは当たり前なんだ。

だから、今回も許すしかない(笑)

かけた情けが裏切られ、こんな形でかえるとは(笑)

でも、仕方がない。

いまの他人様は、片方しか耳がないのだからね。

心にある五感を研ぎすまそう。

でなければ、真実は、いつまでたっても見えない。




では。






# by fujipapa-sas | 2017-06-25 23:31 | 考え | Comments(0)

お狐さま。

先日、ふらりと立ち寄ったお稲荷さまの神社。

呼ばれていたのだろう、すんなりと鳥居を潜って参拝出来ました。

参道の商店街を曲がって正面に立った時に、奥から太鼓の音が聞こえ、

大雄山の太鼓と同じように鳴り響き、私を歓迎してくださった。

本殿の前で柏手を打つと、それは見事に綺麗な音色で広がり同調しているのが解りました。

こういうときはウエルカムの証拠。

どういう訳か、その境内にいた時間は10分弱(笑)

なのに、お稲荷さまが私の後ろに附いてくださった。

その証拠に、それ以来眼を閉じてお稲荷さまのことを考えると、

白くて毛のフサフサした大きな狐さまが眼に浮かぶ。

こういうことは初めてなので、そのお稲荷さまに訪ねると、こんな答えが…



『今まで数々の小さな祠にも挨拶をしていたことを見ていたからだ。』



という、嬉しい答え。

でも、たいしたことではないのになと答えると…



『誰もが出来る事ではない。』



まぁ、そんな感じで言われたので「ありがとうございます。」とつたない返事をしました(笑)

と、この話はここまでにしておきます(笑)

本当はもっと感動することを言われたのですが、恥ずかしいのでここまでです(笑)



さて、そのお稲荷さまは有名なお稲荷さまですが、内緒にしておきます(笑)

お狐さまは怖いと思っていたのですが、とても優しくてビックリです。

月参りをすることを約束しましたので、なにがあっても御参りに行かなくては(笑)

ありがたいことです。




では。





# by fujipapa-sas | 2017-06-19 23:17 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心