でどころ

出どころが違うのだ。

だもの、同じようで同じじゃない訳だ。



# by fujipapa-sas | 2017-10-30 23:09 | 千日行 | Comments(0)

つくづく思う

未来は、一緒にいる人で変わる。

つくづく、そう思う。

誰といるか、誰と組むか、誰と過ごすかで未来は変わる。

自分の人生のはずなのに、自分以外の他人様で人生が決まって行ったりする。

だから、一緒にいる人は選んだ方がいい。



そのまま過ごして、なにも変わることなく死んで行くのか?

素晴らしい影響を与えてくれる人といて、目覚めて死ぬのか?

一緒にいる人で、こうも人生が変わるのか…。

これだから、この世はおもしろい(笑)



そして、すべての人々が、実は素晴らしい影響を与えてくれる人でもあるという矛盾(笑)

あなたが、生きたいと思う人生に合った人を選べばいい。

でも、心の奥を見ることを忘れないでね。

醜い心の持ち主は、自分を綺麗に見せることに長けているからね。

いまのあなたの側にいる人が、いまのあなただ。

それでいいのならいいけれど、嫌なら考え方を変えましょう。

あなたの人生が悪くなる前にね…。




では。





# by fujipapa-sas | 2017-08-22 22:47 | 未来 | Comments(0)

いまの心が…

『いまの心が、あの世の姿。』

昨日、頭に浮かんだ言葉。

説明しなくても理解していただけますでしょうか?



よく心霊スポットとかに出るオバケは見た目が怖いですよね(笑)

それはね、怨念とか恨みを持っているから怖い見た目になるのです(笑)

生前にいろいろな恨みを持ったり、他人様に恨まれるようなことをしたからなんです。

死に際に「感謝」出来ずに死ぬと、そうなることが多いのです。

いまを、どんなに綺麗に見繕(みつくろ)っても、心が醜くては、あの世の姿は醜い姿になるだけです。



解りますか?

いまの心が、あの世の姿になるのです。

だからこそ、自分の心を磨いていなければいけないのです。

何ごとにも感謝して、仏様のように光り輝く心にしなければいけないのです。

心を仏様のようにすると、全ての出来事の意味が理解出来て感謝で満ちあふれます。

コツコツと、そういうことを積み重ねることで、あなたのあの世の姿が決まります。



ひとの人生なんて、あっという間に過ぎ去ります。

だから、あの世で仏様のような姿になることは難しいのです。

でも、そのことを理解して、いまから感謝をすれば、いずれは光り輝き仏様になれます。

ひとの寿命は解りません。

明日には、いいえ、1秒後には死んでいるかも知れません。

ならば、せめて、いまを感謝して光り輝いて死にませんか?

そうすれば、あなたも立派な光り輝く仏様。

ひとは、死に際が大切なのです。

あの世に行って、お化け屋敷のオバケみたいな姿は嫌でしょう?(笑)




光り輝き、綺麗な花園に囲まれた極楽浄土に行きましょう!

そのためにも、いまに感謝!

仏像や教祖様に尽くしても無駄。

己の心に、あの世の姿がある。

全ての事象に感謝しましょう♪

あの世でモテモテになること確実です!(爆)




では。




# by fujipapa-sas | 2017-08-22 22:22 | 悟り | Comments(0)

強い者と

道を究めたいのならば、強い者といよ。

仕事にしても勉強にしてもスポーツにしても、強い者に教えをこうのが一番の近道。

弱い者は強さを知らないのだから、あなたの求める先には行けない。

一緒にいる者を見極めろ。

周りにいる者が、いまの自分と同じような感覚の者だ。

いまより上に行きたいのならば、強い者を求めよ。

強き者にしか知り得ない世界がある。

知識が豊富で、数々の道を知っている者を選べ。

心が強く、優しさを兼ね備え、他人様のために命を削る者を選べ。

考え方が柔軟で、何を言われても笑い飛ばすような強い者を選べ。



いつまでも同じようなレベルでいいのならば、いまのままでいいだろう。

でも、いまよりも高い位置に行きたいのならば、いまの自分の考えを変えろ。

強い者から吸収して自分のものにしろ。

学習塾と同じだ。

強い道場と同じだ。

強い者を選べ。






では。








# by fujipapa-sas | 2017-08-21 16:34 | 感覚 | Comments(0)

眷属

今日(13日)の御参りは、ものすごかった(笑)

登る前に、私の心が乱れるような怒りの出来事があった。

そのことを、下の神社で直すように言われたので、心を落ち着けながら登って行った。

すると、2日前に失くした大切な塗香が上の神社の扉の前で見つりました。

いつも御参りの時に持ち歩いていたので必死に探していたのですが、親切な方が置いてくださったようです。

高野山の塗香なので、マニアな方ならば持って行ってしまうかも知れないような物なのに見つかった♪

たぶん、これが怒りを落ち着けた御褒美なんだなと感謝して御参りを続け、下の神社に戻ると…

下の神社の水道で、とても珍しい蝶が水道の周りを回って飛んでいた。

「水が欲しいのか?」というと離れて行かずに目の前を回り続ける。

「いま、水を出すから待っててね。」と水を出してあげるとグルグルと回る回る(笑)

その羽根は黒がベースで鱗粉が神秘的なブルー。

それはそれは綺麗な蝶でした。

離れてあげると、すぐに地面の水を吸っていました♪

これも、2番目の御褒美。




私の側にいる眷属は、いろいろな分野の方々がおられるようで、
その方々の御褒美が700日を過ぎて増加しました。

私の周りを飛ぶ、蝶のように、護りと御褒美が増えました。

段々と、というか凄い勢いで変化が始まった。

離れて並んでいた眷属が、スクラムを組んだ感じになりました(笑)

でも、油断は禁物!(笑)

日々の感謝を忘れずに御参りをします。




今日は藤沢で、大好きな仲間たちと飲み会でした。

みんなからパワーをもらったので、明日からも元気に頑張るぞ!

ありがとう、みんな!



では、寝ます(笑)








# by fujipapa-sas | 2017-08-14 02:41 | 千日行 | Comments(0)

今日の御参りは日が沈んでからだった。

下の鳥居をくぐると風が少し冷たくて、辺りの暗さも少し違う感じがした。

風に秋の匂いを感じ、暗闇に冬のような静寂を感じた。



山は、私に何かを与えてくれたようで、山とのシンクロ率が明らかに上昇していた。

柏手の音に、蝉の鳴き声、木の葉の音に静けさ、花火の振動に瞼の光り…。

私の感覚が研ぎすまされていく…。

すごく不思議な感覚の御参りで、気持ちが軽くなっていることに気づく。

いろいろと起きるつまらない出来事は、もう、私を微笑ませてくれるだけだ。

すべての時間が風のように流れている。

未来に起こる出来事には、過去に神様が仕掛けをしてくれていて私を助けてくださる。

その助けが発動するかは、私自身の心がけ次第だと理解出来るようになった。

私が自分を見つめ反省しなければ、その発動という種は発芽しない。

自分のした行為を受け入れることで助けが起きる。

神様は、誰にでもなんにでも答えという種を蒔いてくださっている。

それを発芽させるのは、一人ひとりの心がけ次第なんだな。




人生はおもしろい。

四季のように様変わりしながら、心を育ててくれる。

人は、自然と一体になって生きている。

感覚と感度を高めることで、人生は、これほどまでに素晴らしくなるのだ。



秋が来た。

今年の冬は、いろいろな意味で寒いから、みんなで心を温めないとね。

自分をしっかり持って歩いてゆこう。

それが現代に生かされている者の使命なのだからね。



もう、秋か…。

さて、頑張ろう(笑)




では。






# by fujipapa-sas | 2017-08-10 23:35 | 自然 | Comments(0)

e0142809_15222391.jpg


花はいいねぇ〜
自分で撮影しましたので、ご自由にどうぞ♡

道ばたに咲いていた名前の知らない花です。

では。





# by fujipapa-sas | 2017-08-07 20:56 | 自然 | Comments(0)

眼力

本当に強い男は眼の奥が違う。

どんなに強そうな格好をしていても、入れ墨や武器を持っていても眼を見れば解る。

本当に強い男は、笑顔で普通に暮らしている。

どんな出来事が起きても落ち着いていて、笑顔で和ませる。

眼は隠せない。

強い男を求めるのならば、眼の奥を見るといい。



私?

私は、いつもハートマーク♡です(笑)




では。






# by fujipapa-sas | 2017-08-07 20:53 | 感覚 | Comments(0)

簡単

簡単なことを簡単にこなして、簡単に終えることはおもしろくない。

簡単に出来ないことを、簡単にこなして簡単な顔をすることがおもしろい。

簡単に出来ないことも簡単だと思えば簡単に出来たりする。

ものは考えようだ(笑)




では。


雷が鳴り始めたので、御参りに行って来ます(笑)

# by fujipapa-sas | 2017-08-07 15:47 | 考え | Comments(0)
怒りに任せれば、どんな人でも相手を憎み怨んで戦う状況になる。

我を忘れて、後先も考えずに怒りに包まれ好戦的になって戦う。

それが人間の本能であって本性でもある。

どんな人にも触れてはいけない部分があって、それを刺激されれば闘いになる。



その本能を消してみないか?

怒る前に考えてみれば解るはずだ。

瞬間的に怒った後でも、直ぐに冷静に未来を視るのだ。

その怒りを突き通して意味があるのか考えよう。

それよりも、怒りを鎮めて己の心のゆとりを育てることを考えよう。

そのためには、相手の心を読むことが大切だ。

相手自身が言っているのか?

言わされているのか?

言わなくてはならない状況で言っているのか?



人間には知能がある。

知能は本能さえも越えられるのだ。

戦うことは誰でも出来る。

だからこそ、冷静に考えて未来を視よう。

そうすれば、すべてが幸せな人生になる。



すべてを受け入れよう。




では。





# by fujipapa-sas | 2017-08-07 12:48 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心