<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

話せなくなっても

誰でも、誰とも話したくない時もあるよ。

長い時間、他人様と話をするのが辛くなっても無理しなくていいよ。

話さなきゃと思えば思うほど話せなくなるし、心臓の鼓動が激しくなる。

人生は長いのだから、そういう時もあるし、必要だと思うよ。

その気持ちさえ、人生には必要なのだから自分を責めることはないよ。



まずは話すことを止めればいい。

止めたことで誤解が生じて、他人様が離れたとしても仕方が無いと考えよう。

そのぐらいのことで離れるような他人様は、今後の人生のピンチの時にも助けてくれないよ。

だから、離れてしまっても恨まずに感謝をして忘れよう。



その話せないという身体の反応は、神様がくれたチャンスなんだ。

それをキッカケに、あなたに必要かどうかの人選をしてくれているんだ。

あなたのことを、こころから信頼してくれている人ならば、それぐらいで離れないでしょ?

あなたが逆だったら離れたりしないでしょ?

その答えを神様が教えてくれたんだから、自分を責めないで明るく黙っていればいい。

話したくない、逢いたくない、見たくもないなら、そうしていればいい。

あなたの事を、ほんとうに心配してくれている他人様は必ず待っているからね。

だから、ゆっくりでいいから深呼吸をするように休めばいいよ。

春が来るように、いつか話せるようになるさ♪



自分を責めないで、自分を好きになろう。

そうすれば、いつか話せるようになるさ。




では。





by fujipapa-sas | 2016-12-28 23:58 | 考え | Comments(0)

許し方

私は、誰でも許します。

嫌なことをされても、なにをされても許してしまいます。

なぜなら、その許し方を知っているからです。

私が編み出した方法ですので、すべての方に理解していただけるか解りませんが(笑)


まず、その嫌な方の性格を分析します。

すると、たいがいの方々の幼少期の姿が見えて来ます。

そういう方々は、大抵の方が幼少期に両親から愛情が希薄な方が多いです。

幼少期に愛情が注がれていませんから、それはそれはヘソが曲がっています(笑)

するとどうでしょう。

その方の性格に、その方と同じような人生ならば自分も同じになると思えて来ます。

そうなれば簡単です。

もう、許せるようになっているのです(笑)



相手を怨んでも憎んでも仕方がありません。

その方を受け入れれば、全てが丸く収まります。

相手の方は、いまの状況で産まれて来た訳ではないのです。

その方、その方なりの人生があるのです。

私が同じような人生ならば、きっと同じような人生になったことでしょう。

そう考えれば、すべてのことが視えて来て許せるはずです。



私は、こうして許して来ました(笑)

だから、もしも私が刺し殺されたりしても、相手の方の人生を視て許すことでしょう。

そこ、だけを視てもダメなんです。

その、奥を視てあげなければなりません。

そう、なるには意味があるからです。


すべての出来事には意味があります。

それさえ理解出来れば、すべてを許すことが出来るのです。



では。






by fujipapa-sas | 2016-12-28 15:03 | 考え | Comments(0)

最悪の家相だった。

先日のこと。

娘が珍しく話しかけて来た(笑)

「友達の霊感が強くなって、日々の暮らしがメチャクチャらしから助けてあげて。」

以前、私が助けてあげた友達のことだった。

なので詳しく話を聞いた後、ちょっと呼吸を整えて視てあげると「家相」と浮かんだので向かうことにした。

車で向かい、私は初めて友達の家を見た…。

一戸建てのアパートだったのだが、最悪の家相なのが外見からも解った。



二階建ての外観だが、北東の位置が欠けていて欠けている東側に玄関。

トイレは玄関入って直ぐにあるので、北西の位置にある。

台所は西南で、特にレンジが西南にある。


これ、やっちゃいけない家相のベストスリーだ(笑)

まず、北東が欠けていることで全体の運気が下がるし、霊魂を呼びやすくする。

西南のガスレンジも最悪で、狼煙をあげて霊魂を呼ぶようなものだ。

西北のトイレは、その家主の運気を下げまくり、へたすれば命も失くしかねない。



そのせいだろう、その友達の家には声がしたり知らないオバケが立っていたり歩いたり物音は常にだそうだ(笑)

お父さんの職業もよくわからないし、今年が西南と東北が方位が悪いのに、西南に家を建ててもうすぐ引っ越し。

節分を過ぎれば方位が変わるけれど、方位の悪い今年に建てているから前途多難かも知れない。

参考までに、西に玄関や窓があるとお金が出て行く家相になります。

なぜか解らないけれどお金が貯まらないという方は、西に玄関や窓があるか確認してください。



私の実家は家相が悪くて新築後7年で、新築並みのリホームをしました。

が、それでもダメで、そこを売りに出して別の場所に新築しました。

家相は、本当に怖くて大変なんです。

一生に一度の高い買い物ですから、気にする方は慎重にしましょう!

ちなみに、私の実家は完璧に近いと行者の先生のお墨付きです。

なので、西側の壁には窓一つありません。

でも、散財が多いのは先祖代々の宿命なのでしょうね(笑)



では。





by fujipapa-sas | 2016-12-28 14:42 | まとめ | Comments(0)

身を隠せ

己を高めたいのなら、コツコツと精進する姿を見せることなく身を隠せ。

姿形を「修行しています。」と見せながら歩くことは無駄になる。

真理には近づいても真理には辿り着けない。

真理は、毎日の生活の中にある。

身を隠しながら己を高めろ。

姿形でわかるようにしていたら、そりゃ〜誰でも解る。

真理は己だけのもの。

他人様に解るようにしているうちはダメだ。



なぜ助けがいる?

なぜ崇められなければいけない?

そんなこといらないだろう?

自分自身を高めるだけなのに、なぜ助けなどがいるのだ?

コツコツと、独りで歩いて真理を探せばいいだろ?

写真を撮ったり、飲食を共にして宴を楽しんだり。

表に出すから寄って来る。

身を隠しながら出来ないものか?



お遍路から戻った後輩の話を聞いて感じたまでです。

私なら、身を隠して誰の助けも借りずに結願します。

クマに襲われようと、警察に通報されようと、命を懸けて行くでしょう。

お遍路さんて、いつから観光巡りになったんだ?

弘法大師さまと一緒ならば、なにもいらないはずだ。

これ以上は書きませんが、お遍路も地に落ちたものです。



by fujipapa-sas | 2016-12-11 23:57 | 神霊(しんれい) | Comments(0)

つまづけ

時には、つまづけ、転んで倒れて起き上がれなくてもいい。

起きたくなったら起きればいい。

無理をして心が壊れたら大変だ。

誰も手を差し伸べてくれなくても気にしなくていい。

へたに手を出されても、自分のペースじゃなかったらウザいだけだ。

自分のペースでいい。

倒れていても明日は来るし、それで起き上がれなかったら明後日でもいい。

君自身で起き上がらなければ意味が無いんだから、そのタイミングは君が決めればいい。



つまづくことはいいことだ。

恥ずかしいことじゃない。

走り続けてつまづいたのだから、ものすごくラッキーだ。

そのままゴールしていたら、きっと大切なことに気づかなかっただろう。

つまづきは、いろいろなことを教えてくれる。

だから、すぐに立ち上がらないでゆっくりと考えよう!

寝転んで天を仰ごう!

流れる雲を見るように、自分の人生を見てみよう。

そうすれば、きっと起き上がった時に、素晴らしい道が目の前に出来ているよ。

だから、怖がらないでつまづいてみよう(笑)



ゆっくりでいいんだ。

いつでも起き上がれるからね。




では。






by fujipapa-sas | 2016-12-08 00:39 | 考え | Comments(0)

仕事を休みたくなったら

月曜日になると仕事を休みたくなる(笑)

そういうときの私の回避方法を紹介します(笑)


まず、眼が覚めた時に休みたいと感じたら、とりあえず休んでもいいからリビングに行こうと考える。

リビングに行ったら、まぁ顔でも洗おうと行動に移す。

休むけれど、普通に朝食を食べようと朝食を作る。

食べたら、休みとはいえ歯を磨こうと洗面所に行き、普段と同じように着替えて歯を磨く。

とりあえず着替えてしまったから、出発の準備をして遅刻してもいいから家を出ようと考えて家を出る。

職場に向かう途中で、早退してもいいから仕事をしようと考える。

職場について仕事をしたら、11時頃に、早退したら有休がもったいないから一日仕事をしようと考え直す。

すると、すぐに一日が終わり、なんとか大丈夫!(笑)


いつも、こんな感じで毎日をやり過ごします(笑)

ようは、自分をだましながらやり過ごせばなんとかなるものです。

嫌な人のことも、嫌なことも自分をだましながらやり過ごせばなんとかなるものです(笑)

やり過ごした後に、その意味を考えると、その意味が見つけやすくなる。

何ごとも、その時を冷静に見れば後になって意味が解るのです。



さぁ、明日もだましながらやりすごそう(笑)

では、御参りに行って出かけて来ます♪







by fujipapa-sas | 2016-12-04 13:33 | 考え | Comments(2)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心