カテゴリ:考え( 41 )

簡単

簡単なことを簡単にこなして、簡単に終えることはおもしろくない。

簡単に出来ないことを、簡単にこなして簡単な顔をすることがおもしろい。

簡単に出来ないことも簡単だと思えば簡単に出来たりする。

ものは考えようだ(笑)




では。


雷が鳴り始めたので、御参りに行って来ます(笑)

by fujipapa-sas | 2017-08-07 15:47 | 考え | Comments(0)
怒りに任せれば、どんな人でも相手を憎み怨んで戦う状況になる。

我を忘れて、後先も考えずに怒りに包まれ好戦的になって戦う。

それが人間の本能であって本性でもある。

どんな人にも触れてはいけない部分があって、それを刺激されれば闘いになる。



その本能を消してみないか?

怒る前に考えてみれば解るはずだ。

瞬間的に怒った後でも、直ぐに冷静に未来を視るのだ。

その怒りを突き通して意味があるのか考えよう。

それよりも、怒りを鎮めて己の心のゆとりを育てることを考えよう。

そのためには、相手の心を読むことが大切だ。

相手自身が言っているのか?

言わされているのか?

言わなくてはならない状況で言っているのか?



人間には知能がある。

知能は本能さえも越えられるのだ。

戦うことは誰でも出来る。

だからこそ、冷静に考えて未来を視よう。

そうすれば、すべてが幸せな人生になる。



すべてを受け入れよう。




では。





by fujipapa-sas | 2017-08-07 12:48 | 考え | Comments(0)

どこまで

どこまで行ける?

どこまで高められる?

自分を信じて、すべての出来事を細分化して自分の糧に出来る?

自分の心に騙されずに前へ進める?

自分の考えで相手を作らずに、ちゃんとした答えを導ける?

人生には様々な罠が仕掛けてあるけれど、すべて見抜ける?

あなたは、どこまで相手を許せる?

自分を許すことは出来る?

あなたは、あなたの心のために、魂のために、どこまで行ける?

あなたは、私の本当の姿を、どこまで見抜けている?



考えて、考え抜いて、悩んで苦しんで藻掻(もが)いて先へ進め!

どこまでも、どこまでも先に進め!

昨日よりも今日、今日よりも明日、少しでもいいから前へ進め!

自分の見聞で相手を見ないで、少しでもいいから考えて自分を疑って進め!

自分の心を、自分の経験を最優先にしては先へは進めない。

どこまでも、どこまでも進めるように、考えて悩んで進め!

必ず答えは出るから…。




あなたは、どこまで行ける?




では。







by fujipapa-sas | 2017-07-09 00:48 | 考え | Comments(0)

片方

肉体的に両方に耳があっても、ちゃんと聞こえているわけじゃない。

人様は肉体的な耳でしか聞こえていないのだ。

だから、他人様の噂話に乗せられて、善人さえも疑う。

先に聞いた話を信じる人が多いこと(笑)

みんな、肉体的な耳しか持ってないからだ。

耳だけじゃない。

眼も鼻も口も舌も、肉体的に感じているから見破れないんだ。

耳は3つある。

右耳と左耳に、心の耳があるんだ。

なのに、みんな気づいていない。

すべての五感は、肉体的以外にもあるのだ。



悪口やデマを信じるのは当たり前なんだ。

だから、今回も許すしかない(笑)

かけた情けが裏切られ、こんな形でかえるとは(笑)

でも、仕方がない。

いまの他人様は、片方しか耳がないのだからね。

心にある五感を研ぎすまそう。

でなければ、真実は、いつまでたっても見えない。




では。






by fujipapa-sas | 2017-06-25 23:31 | 考え | Comments(0)

別にいいのさ

自分自身に、なにがあっても別にいいのさ。

利用されようと騙されようと、私を必要としてくれるのならば、それでいいのさ。

損をしてもいいんだ。

それで苦労したとしても、それが私の人生であって、それを恨んだりすることはないよ。

人生の出来事は自然の流れのように流れている。

空の雲に川の水、風に木の葉に花びら。

別にいいのさ。

次にいいことがあれば、それでいいし、楽しみに待っていればいいだけのこと。

嫌なことの後には、必ずいいことがある。

もしも来ないのならば、それは自分自身を見つめていないからだ。



頭がよくても、勉強が出来ても、心が豊かでなければ意味がない。

頭を使っておとなしくしていても、案外、周りは気づいているよ。

別にいいのさ。

あなたの人生だからね(笑)




私は、生きているだけで幸せだから、それだけでいいんだ。

誰に何を言われても気にしない。

だって、あなたの人生は私と別の人生だからね。

だから、気にしないことですよ(笑)




では。







by fujipapa-sas | 2017-06-13 23:18 | 考え | Comments(0)

祟り

誰もが祟りを持っている。

ただ、家系によって重さが変わるのだろう。

祟りは恐ろしいものではあるのだけれども、簡単に鎮めることも出来る。

自分が祟りと向き合って、感謝出来るかどうかで決まる。

祟りの強い家系は、どうしても感謝することに気づけないようにプログラムされている。

自分自身で罪を重ねてしまい、その家系を絶やすことをしてしまう。

闇を好み、闇を作る。

よせばいいのに気づけない。

光りを纏う者に近づいても、闇が好物だから離れてしまう。

祟りのプログラムは完璧だから、よほどの規格外でなければ抜け出せない。



祟りは誰もが持っていて、そのことに気づいていないから思うように生きられない。

気づき、感謝をして、すべてを悟れば、人生が光り出す。

祟りにも愛を注ぎ感謝をしましょう。

元は同じだ。

話せば解るし、心を開けば共鳴してくれる。

すべてに愛を、そして感謝を。




祟りは怖い。

だからこその感謝だ。




では。







by fujipapa-sas | 2017-05-18 00:36 | 考え | Comments(0)

根気

見せかけだけのやる気なんて、なにも変えることなど出来ない。

それどころか、中途半端な気持ちで挑むから、闇に喰われて光りを避けるようになる。

チャンスは、そんな直ぐには訪れない。

ただ静かに待たなければならないこともある。

自分の人生を変えられるチカラを持つ者は、他人の人生さえも変えられる。

根気を持って、その者に付いていれば、いつか必ず変わることが出来る。

けれど闇の深い者は、その者に闇を消されてしまうから離れてしまう。

慈悲の光りは笑顔を生む。



自分の人生を光りに包まれる世界にしたいのならば、光りを纏う者を信じよ。

なにがあっても根気を持って信じることだ。

人生を変えることは難しい。

少しぐらい気に入らないことがあっても、そのことを見るのではなく全体を見よ。

根気を持って信じられない者に、光りは届かない。

何ごとも根気が無ければ続かないのだ。

直ぐに諦めるから人生が定らない。

定らないから人生がブレる。




私は、私の人生を諦めなかったから死ななくて済んだ。

根気は、どんな闇にも勝てるのだ。

神様仏様のチカラよりも、最終的には自分を信じる心だ。

そういう心を持っている者が、あなたの人生を変えることが出来る。

あっ!でも、私は修行中なので、あなたさま自身でお願いします(笑)

もう、時間がないものですから(笑)

いつまで五体満足でいられるのかなぁ〜(笑)




さて、根気強く頑張ろう!



では。






by fujipapa-sas | 2017-05-13 00:03 | 考え | Comments(0)

話せなくなっても

誰でも、誰とも話したくない時もあるよ。

長い時間、他人様と話をするのが辛くなっても無理しなくていいよ。

話さなきゃと思えば思うほど話せなくなるし、心臓の鼓動が激しくなる。

人生は長いのだから、そういう時もあるし、必要だと思うよ。

その気持ちさえ、人生には必要なのだから自分を責めることはないよ。



まずは話すことを止めればいい。

止めたことで誤解が生じて、他人様が離れたとしても仕方が無いと考えよう。

そのぐらいのことで離れるような他人様は、今後の人生のピンチの時にも助けてくれないよ。

だから、離れてしまっても恨まずに感謝をして忘れよう。



その話せないという身体の反応は、神様がくれたチャンスなんだ。

それをキッカケに、あなたに必要かどうかの人選をしてくれているんだ。

あなたのことを、こころから信頼してくれている人ならば、それぐらいで離れないでしょ?

あなたが逆だったら離れたりしないでしょ?

その答えを神様が教えてくれたんだから、自分を責めないで明るく黙っていればいい。

話したくない、逢いたくない、見たくもないなら、そうしていればいい。

あなたの事を、ほんとうに心配してくれている他人様は必ず待っているからね。

だから、ゆっくりでいいから深呼吸をするように休めばいいよ。

春が来るように、いつか話せるようになるさ♪



自分を責めないで、自分を好きになろう。

そうすれば、いつか話せるようになるさ。




では。





by fujipapa-sas | 2016-12-28 23:58 | 考え | Comments(0)

許し方

私は、誰でも許します。

嫌なことをされても、なにをされても許してしまいます。

なぜなら、その許し方を知っているからです。

私が編み出した方法ですので、すべての方に理解していただけるか解りませんが(笑)


まず、その嫌な方の性格を分析します。

すると、たいがいの方々の幼少期の姿が見えて来ます。

そういう方々は、大抵の方が幼少期に両親から愛情が希薄な方が多いです。

幼少期に愛情が注がれていませんから、それはそれはヘソが曲がっています(笑)

するとどうでしょう。

その方の性格に、その方と同じような人生ならば自分も同じになると思えて来ます。

そうなれば簡単です。

もう、許せるようになっているのです(笑)



相手を怨んでも憎んでも仕方がありません。

その方を受け入れれば、全てが丸く収まります。

相手の方は、いまの状況で産まれて来た訳ではないのです。

その方、その方なりの人生があるのです。

私が同じような人生ならば、きっと同じような人生になったことでしょう。

そう考えれば、すべてのことが視えて来て許せるはずです。



私は、こうして許して来ました(笑)

だから、もしも私が刺し殺されたりしても、相手の方の人生を視て許すことでしょう。

そこ、だけを視てもダメなんです。

その、奥を視てあげなければなりません。

そう、なるには意味があるからです。


すべての出来事には意味があります。

それさえ理解出来れば、すべてを許すことが出来るのです。



では。






by fujipapa-sas | 2016-12-28 15:03 | 考え | Comments(0)

つまづけ

時には、つまづけ、転んで倒れて起き上がれなくてもいい。

起きたくなったら起きればいい。

無理をして心が壊れたら大変だ。

誰も手を差し伸べてくれなくても気にしなくていい。

へたに手を出されても、自分のペースじゃなかったらウザいだけだ。

自分のペースでいい。

倒れていても明日は来るし、それで起き上がれなかったら明後日でもいい。

君自身で起き上がらなければ意味が無いんだから、そのタイミングは君が決めればいい。



つまづくことはいいことだ。

恥ずかしいことじゃない。

走り続けてつまづいたのだから、ものすごくラッキーだ。

そのままゴールしていたら、きっと大切なことに気づかなかっただろう。

つまづきは、いろいろなことを教えてくれる。

だから、すぐに立ち上がらないでゆっくりと考えよう!

寝転んで天を仰ごう!

流れる雲を見るように、自分の人生を見てみよう。

そうすれば、きっと起き上がった時に、素晴らしい道が目の前に出来ているよ。

だから、怖がらないでつまづいてみよう(笑)



ゆっくりでいいんだ。

いつでも起き上がれるからね。




では。






by fujipapa-sas | 2016-12-08 00:39 | 考え | Comments(0)

たわいもないオヤジの戯言。


by 一心